Monolith : Amebix (1987) 

UKのメタル/クラストパンクバンド、Amebixの2ndアルバムを紹介。
UKのHeavy Metal Recordsよりリリースされ、以降相次いで再発された。近年では2016年にDissonance Productionsから。

Amebix2.jpg 

 メタル畑で生きてきた人間にとって、このAmebixというバンドはクラストの重鎮として名前こそ聞いたことあれど決して近い存在だとは思っていなかった。しかしこの数年、様々なウォー・ベスチャル・ブラックメタルバンドなどとのコンタクトを経て80年代のエクストリームなメタルとハードコアの影響が合い混じって現在にUGメタルシーンがあることを実感し、その中でこのバンドの名前も度々目にしたことで恐る恐る手を伸ばしたのがこのアルバムである。

 いわゆる自分の中でクラスト/ハードコアとして直感的に思いつくような一種の「明るさ」はこのアルバムを通して感じさせることはなく、UKの天気とも思わせるような薄暗さが支配している。演奏テクニックや曲展開なども秀でていて、粗暴さとは対極的であることから、「小難しくないVoivod」のようでもあるが、その薄暗さやミドルテンポの導入がそこに拍車をかけてこのアルバムだからこそ聞ける音楽性、そして世界観を構築している。それがブラックメタルにも通じるような作風になっており、結果的にかなり裾の広い支持を受けそうだと感じる。

 同時にこのアルバムは既に完成形であり何か手を加えたり、足し算や引き算も必要のない物であるように感じさせる。バンドとしても後にこのアルバムの存在はバンドの活動のターニングポイントだったと述べられているようだ。80年代を振り返るには既にかなりの年月が回り、単なるルーツとしての探索ではなく、ジャンルの垣根を超えて愛されるべき作品と言える。

Encyclopaedia Metallum - Amebix
タグ: Amebix  UK  1986-1990 
Harc Core  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://staymetal.blog8.fc2.com/tb.php/1063-5c4764a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top