Prologue : Risingfall (2016) 

日本は東京のへヴィメタルバンド、Risingfallのデモ音源を紹介。
CD-Rの自主製作でリリースされ、2017年にはBandcampでも公開された。

risingfall_demo.jpg 

 SNSなどでこのバンド名を見かけたのはそこそこ前のことだったような気もするが、この音源が公式にはデビュー音源なはず。Dues新宿で行われたウォー・ベスチャル・ブラックメタル・ガイドブック発刊記念イベントにこのバンドのVo.が遊びにいらしたときに御厚意でいただきました(多謝)。あの後もいろいろ公私共々忙しく、ようやくこの場で感想を記すに至り大変遅くなりました。とはいえ、それとこれとは別とばかりに率直な気持ちを述べよう。

 3曲入りのデモはどれも顔付きが異なる仕上がりで今後の方向性を占ううえでデモらしいデモだと言えよう。#01 "Livin' On The Edge"はシケシケのNWOBHMの雰囲気を帯びつつも展開するのはドイツのScannerの1stアルバム辺りを思い出させるB級パワーメタルでなかなかカッコよし。ヴォーカルのハイトーンはまだまだ安定しないところもあるが、それより安易なスタイルに逃げない潔さも好感。#02 "Kill By Wheels”は3曲中、最もスラッシュメタルの要素を感じさせる刻みが入りつつ、ダミ声のスタイルで攻め立てる。バンドの表現力の多彩さ(特に作曲)を感じさせる一方で、このスタイルだとあまりこのバンドの強みにあたる陰陽のコントラストがついておらずボヤけた印象を持った。#03 "Epilogue"は一転クサメロ全開の日本語歌詞がグッとくる昔ながらのジャパメタという感じのスタイル。昔の「鹿鳴館メタル 」みたいな感じ。

 「俺たちのスタイルはこれだ!こんなこともできるぜ!」というまさにデモとしての矜持を全うした音源であり、これからの活躍に期待が持てるものであった…と書いていたら、こんなライブ情報が飛び込んできた。

risingfall_live.jpg 

 凄いメンツ…なんてこったい。彼らはまさに今階段を一歩一歩着実に上っている…!いつかビックネームになってくれたらこのデモ音源を手に「俺はこの時から確信していた」と自慢しちゃおう。

Encyclopaedia Metallum - Risingfall
タグ: Risingfall  Scanner  Japan  2016 
HR/HM  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Necrobestiality Tales (Eternal Damnation) : Necrofucker (2012) 

ペルーのカルト・デスメタルバンド、Necrofuckerの1stアルバムを紹介。
ペルーのPentagram Recordsよりlim.300でリリースされた。

Necrofucker_1.jpg 

 1987年結成で、あのAnal Vomitの前身バンドだと言われている。1989年にデモ"Demencia Precoz"をリリースしたものの1992年からAnal Vomitの活動に切り替えたようだ。初期Anal Vomitはまだゴア趣味のあるUGデスメタル要素が強かったのだが、それはこのバンドの延長線スタイルだったようだ。その後、00年代にAnal Vomitの名前がGoat Semenとのスプリットを通じて台頭していった中、前身バンドのパーマネントメンバーであったWalter Profanador氏によって新たにメンバーが集められ、2009年に「再結成」されて作成に至ったのが本作である。

 ジャケットは部族の首狩りによる儀式が描かれており、酋長らしき人物の羽で飾られた衣装からもアンデス文明のナスカ社会を示したものであろう…といきなり真面目な書き出しから一転、飛び出すサウンドは南米ベスチャルもビックリのズタボロ崩壊カルトデスメタルである。このバンドの場合、ペルー産だからかいわゆるノイズグラインド的な凶悪さではなく、単純にまず演奏がヒドい。リズムが全く取れておらず、即興バンドなのではないかな?とか思ってしまうほど自由な気風に裏打ちされた崩壊さである。

 恐らくこのアルバムに手が伸びた人はAnal Vomit関連だから、という人が多いのではないかと思うが、それだとかなりガッカリする内容で、それよりももっと崩壊デスメタル好きという二ッチもニッチなマニアというかフェチにお勧めしたい内容である。というか個人的にはお勧めという感じではなく、こんな音源もありますよという程度だが…。しかし色々聞こうとしたらたまにこういう作品にも遭遇して、何やらホッコリするみたいなところはある。

 これ300枚しか出回ってないはずなのに当時、それなりの枚数が日本に入ってきていたような気がしていて末恐ろしい限りである。

Encyclopaedia Metallum - Necrofucker
タグ: Necrofucker  Anal_Vomit  Peru  2012 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Legions of the North : Fjorsvartnir (2012) 

デンマークのメロディックブラックメタルバンド、Fjorsvartnirの1stアルバムを紹介。
セルビアのGrom Recordsよりリリースされ、2014年には日本のHidden Marly Production(ZDRの国外バンドリリース部門)より再発された。

Fjorsvartnir_1st.jpg 

 知る人ぞ知るデンマークのPurification Kommando(2012年に解散済)のドラマーだったAzathil氏が2010年に一人で立ち上げたブラックメタルプロジェクト。Purification Kommandoは無慈悲冷酷系ウォーブラック、そしてもう一つ氏が参加しているBlodarvはUG系ペイガンブラックだった。それに対してこのバンドは90年代の北欧ブラックメタルを再現せんとばかりに構築された楽曲群で、どことなくDissectionだったり、Satyriconだったり…、地下感の薄いサウンドが飛び出してくるではないか。

 しかしながら決してそのようなメジャーバンドの猿真似というわけでもなく、どちらかというとその手の有名なバンドに影響を受けて出てきたフォロワー群の集団を思い出させる。様々なバンドがエポックメイキングな北欧ブラックメタルというスタイルを目の当たりにして、その影響を受けながらアイデンティティとオリジナリティの狭間でもがいていた90年代のことだ。

 恐らくあの頃にこのバンドが活動していたとしたら「良質なフォロワー」に留まっていた可能性が高い。しかしこのバンドを語るならまさに現在という時間がフォーカスされる。この時代にこの作品をやることに意味があるのではないだろうか。「オールドスクールなエクストリームメタル」として盛り上がった80年代回帰の流れの次にきているのは90年代回帰であろう。新しいものを産み出すのではなく、難しくこねくり回さないスタイルとしての北欧ブラックメタルに回帰するバンドとしてはなかなか面白い存在である。

Encyclopaedia Metallum - Fjorsvartnir
タグ: Fjorsvartnir  Denmark  2012 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top