Interview with Ryo from Evil 


evil_logo.jpg

 今回は日本のブラック/スラッシュメタルバンド、EvilのリーダーであるRyo氏にインタビューさせていただいた。Evilはメンバー全員が平成生まれの若手ブラックスラッシュメタルバンドだが、若さを感じさせないツボを押さえたオールドスクールなサウンドで多くの人の心を捉えている。それではさっそくご覧いただこう。



―Evilについて自己紹介してください。

 2011年、都内でGt/Vo-Ryo、Gt-Masaharu、Ba-Kengo、Dr-Mizukiの四人で結成し、翌2012年に13曲入りの1st demoを無料配布。2013年に14曲入りの2nd demoを自主制作でリリース、昨年はLurking FearとのSplitをObliteration Recordsからリリースしました。

 メンバーは中学の同級生で、もう十年目の付き合いになります。大学に入学した2011年春にMasaharuにスラッシュメタルバンドをやらないかと誘われて、結成しました。最初期はMetallicaの1st路線のスラッシュメタルをやろうかって話で、全部クリーントーンで歌っていたのですが、ある日スタジオでダミ声を出してから今のような路線に変わったと記憶してます。

 ちなみに一番最初に出来た曲は”断食”で、その次に”八つ裂き刑”、”火炙り”だったと思います。

evil_1stdemo.jpg evil_2nddemo_2.jpg evil_split.jpg


―ストレートなバンド名ですが、何か由来などはありますか。

 特に理由はありませんが、バンド名を決めるときに自分が「Evilはどうか?」と言ったところ、覚えやすくていいね、って感じで決まった覚えがあります。

 当時は同じ名前のバンドがいるってことは全く考えていなかったですね…。後々、あー調べたらたくさんいるじゃん…みたいな。本当に何も考えていなかったです。

evil2.jpg

―まず2012年の"1st Demo"について振り返っていただけますか。

 内容は、Evilの音源の中で一番熱い出来だと今でも思っています。前半のライブトラックは初めてライブハウスでライブした時のもので、後半のものはスタジオでドラムを録音し、その後ギターやボーカルを家で重ねました。今では後半の曲は”卒塔婆の剣”くらいしかやらないですね。

―内容の素晴らしさもさることながら、無料配布の潔さに驚きました。

 まずはバンド名を広めることが第一優先事項だと考えていたので、あのように大量の曲を入れて無料配布にしました。

 今って何か付加価値がないと手に取ってもらえないじゃないですか…。それに無名のバンドのデモをお金出して買おうなんて、自分なら思いません。だからあのような形にしました。

―続いて"2nd demo"の方ですが、なぜあれをデモで出したのでしょうか。ボリュームといい、作りといい、もはやフルレングスとして出してもよかったのでは?1000枚プレスもほとんど捌けてしまったようで凄い勢いですね。

 フルレングスで出すほどバンドとして完成していませんし、デモとして発表すれば、後で曲の変更も加えられると思ってデモとしてリリースしました。

 プレスにしたのは、高級感を出すため、ですかね。内容はチープですが…。ちょっとやりすぎた(音をチープにしすぎた)かな、と反省していて(笑)、出来ることならリマスタリングしたいですね。

 1st demoも2nd demoも「曲がある程度できたから作ろう」と衝動的に作ったものなので、音も曲もかなり初期衝動にあふれていると感じます…。ちなみに2nd demoはBathoryの1stの音を意識して作りました。Bathoryの1stのギターの音が最高に好きなんですよね。ラジオから出たような音で、聴いていてとても心地よいです。そのような音を目指しました。

―"2nd demo"のジャケットにはSodomのオマージュがあったり、Lurking Fearとのスプリットでは実際にカバーもプレイしていましたが、やはりSodomなどのオールドスクールスラッシュ/プレブラックメタルの影響が大きいのでしょうか。

evil_2nddemo.jpg
 そうですね、まあ、自分が初期Sodom大好きなのもありまして…あのジャケットを作りました。

 オールドスクールスラッシュ大好きです。初期衝動に塗れている音って、何度聴いても新鮮にかっこいいなって思えるんですよね。例えばSarcofagoとかは聴くたびに「あ、こここうやって弾いてたんだ!こういうめちゃくちゃな展開もあるのか…!!」と新鮮な感動を覚えます。そういった未完成なものに自分は強く惹かれるんですよ。

―強いて言えば"1st demo"の方は若干、ジャパコア的な雰囲気もあり、"2nd demo"の方はむしろSabbat(Jap)の影響も感じましたがいかがでしょう。バンドのバックグラウンドなどがあれば詳しく教えてください。

 ジャパコアの影響はほとんど受けていないですね。当時は狂ったように初期Sodomを聴いてましたし。(まぁ今も毎日のように聴いていますが…笑)

 あくまで自分たちのルーツは初期Sodom、初期Bathory、初期Sepultura、Sarcofago、Hellhammerです。日本語詞がジャパコアの影響感じさせるのでしょうか。

―ちなみに1st demoや2nd demoに対する海外からの反響はありましたでしょうか?

evil_1st_2nd.jpg
 1st demoはちらほら海外からの反響はありました。テープでリリースしたいってレーベルもありましたが、話はまとまっておらず、出すのかは不明です。出来ればレコードで出したいところですが…。

 2nd demoはほとんど日本での流通しかしていないので、あまり反響はありませんでしたね。しかし、日本に観光に来たタイ人が偶然タワーレコードで2nd demoを購入して気に入ってくれて、メールを頂きました。その繋がりで、1st demoと2nd demoのカップリングテープのリリースをすることにもなりましたね。
(編注:タイのレーベル、Witchhammer Prod.よりlim.50でリリースされた。既にレーベルソールドアウト済。)

 最近海外に50枚ほど流したので、反響があるといいのですが…!

―soundcloudにアップされた新曲の"死に晒せ"は完全にオッサンを殺害しにかかっている最高にオールドスクールな名曲ですね。

 ありがとうございます!あの曲、ちょっとBathoryのReaperっぽくないですか?
ギターを弾いてたらメインのリフが出来て、「あ、サビは死に晒せ!」にしよう、みたいな感じですぐ完成しました。個人的にもかなりよくできたと気に入っています。

視聴 → 死に晒せ by Eviljapan - SoundCloud

―日本語の歌詞であることのこだわりは?

 日本語で歌うバンドって意外と多いと思うのですが、自分たちみたいなBlack/Thrashを日本語で歌っているバンドって、今いないですよね。そこが個性的で面白いと思っています。いまのところ英語詞にする予定は無いです。

 サビで曲名を叫ぶってのはありがちですが、日本語でやったバンドっているんでしょうかね…?

―ハードコアなら沢山思いつきますが、メタルは日本語歌詞を使わないバンドがほとんどですね。

 そうですね、ハードコアならば結構聞きますね。自分たちに影響を受けて日本語歌詩のブラックスラッシュメタルバンドとか出てくれると嬉しいのですが…そういう存在になりたいです。

―歌詞といえば仏教の内容があったり、もしくはライブなどでも卒塔婆をモチーフにしたりしていますね。

 曲と曲名を作るのは主に自分(Ryo)で、歌詞はMasaharuにまかせているんですよね。自分が書いた曲もありますが。Masaharuが大学で仏教系の思想を学んでいたということもあって、仏教色が強くなりましたね。

 海外のブラックメタルはアンチクライストなら、じゃあ日本だったら仏教だろ!って気持ちもあります。そういう世界観も気に入っています。今までにはなかったんじゃないかなって思います。

―仏教観念を持ち込んだバンドといえばハードコアなら思いつきますが、このあたりのアプローチの仕方がジャパコアっぽさを想起させるのかもしれませんね。

 なるほど…そういったハードコアバンドは知らなかったです。意図せずにそういったジャパコア感が出たのですかね。

evil3.jpg


―楽曲の作成はどのようにして行っていますか?

 主に自分(Ryo)が曲のプロトタイプを打ち込んで、曲名と一緒にMasaharuに伝えます。そしてMasaharuが歌詞を書いて、自分が歌いやすいように変える部分は変えて、スタジオで合わせて細かい所を詰めていきます。

―そろそろフルアルバムへの待望の声も大きくなってきましたが、どのような作品になりそうですか?

 そうですかね?もう若干飽きられている感はありますが…。

 これまでで一番いい音にしたいですね。いい音っていうのは決して音質がいいだけの音ではなくて、Slayerの1stとか、Whiplashの1stとか、ああいった分かりやすい音にしたいです。今までの作品はどれも音が気に入っていないので、今回はこだわりたいです。

 頭の中ではだいたいもう構成は固まっています。新曲も”死に晒せ”含めて4曲くらい入れようと考えています。

 Evilの作品のなかで最も邪悪で、世界中に衝撃が走るようなアルバムにしたいです。

―世界中に衝撃とは素晴らしい意気込みですね。世界となると単に国内流通のCDリリースだけでなくて、デジタルリリースか、もしくはアナログリリースも考えてらっしゃいますか?

 個人的にアナログリリースはとてもしたいのですが、なかなかレーベルが見つからないので、まずはCDでリリースします。そのあとアナログ再発…となるといいのですが!

―さて話は変わって先日のImpurity Japan Tourへの参加はいかがでしたか。

 関西初遠征でしたが、18切符で移動して、2泊で4000円の地獄の入口のようなホテルに泊まったりして、非常に楽しめました。

 Impurityも皆さんいい人たちで、一緒に食事した時はChakalのメンバーとは全員友達だとか、どんどん凄い話が出てきましたね…。Impurityのライブはもう最高でした。コグメロサウンドをこんなに近くで体験できるなんて、本当に幸せでした。興奮しすぎてあんまり覚えてません!笑

―はじめての大阪でのライブはいかがでしたか?

 まず東京と違って、大阪の人たちはライブが終わったらすぐ帰るな~、と思いました(笑)。ライブの方は、どうだったでしょうか、、、もう満身創痍で、全然お客さんの反応とか見ている余裕なかったです。


evil1.jpg
―今回は自分の身の周りでもEvil目当てという人が多かったですよ。幕が開いて卒塔婆が並んでいた時の衝撃もすごかったですね。

 あの日は幕があって助かりました。普段はないライブハウスがほとんどなので、卒塔婆を一生懸命立てるメンバーの姿も見られてしまうという…笑

 あの日はオブリテのナルトシさんが立てるのを手伝ってくれたのもあって、いつもよりいいステージになりました。ナルトシさんには本当に感謝してます。

―またぜひ関西に来てくださいね。

 しばらくは忙しいですが、必ずまたいきたいです!

―話は変わって、定番の質問ですがAll-Time-Best 10アルバムを教えてください。

 今までこういった質問はされたこと無いので結構難しいですね…とりあえずぱっと思いつくのはこんな感じです。これらのアルバムは死ぬほど聴き込みました。まだまだ聴きこみが足りないですが…。

Sodom – Obsessed By Cruelty
Sarcofago – I.N.R.I.
Whiplash – Power And Pain
Slayer – Show No Mercy
Hellhammer – Demon Entrails
Bathory – Bathory
Black Sabbath – Paranoid
Metallica – Kill em All
Sepultura – Morbid Visions
Destruction – Sentence of Death

―さすが、すべてオールドスクールですね。逆に、最近注目している/好んでいるバンドなどはありますか?

 そうですね、最近聴いてよかったアルバムは

Ravencult - Morbid Blood
 ギリシャのブラックスラッシュメタルバンド。とにかく完成度が高く、このアルバムはしばらくの間一日中毎日聴いていたくらいハマりました。
ドタバタのブラックスラッシュかと思いきや、展開が非常に巧妙で、どの曲も外れがないです。とにかくドラムが最高です。ジャケットもChris Moyenが描いてて、これも最高です。是非ともアナログで購入していただきたい一枚ですね。

Diabolic Night - Sepultural Magic
 ドイツの一人ブラックスラッシュメタルバンドの1st EPです。これは若干ポンコツ感ありますが、声がとにかく好きです。曲の展開はどれもサビでブラストからスラッシュビートになる といったような、似たようなものばかりですが、ギターリフがかっこいいので全く問題ないです。デストラクションとソドムを彷彿とさせます。

 最近ハマったのはこの二枚くらいですね。声が良くないと好きになれないので、なかなかドハマりするバンドが見つかりません。

―今後の活動について教えてください。

 とりあえずしばらくは1stアルバム制作に力を注ぎたいと思っています。その後はどうなるかは分かりませんが、海外でライブを行いたいですね。まぁまずはアルバム制作ですね。期待にこたえられるよう頑張ります。

―ありがとうございました。1stアルバム、期待しております!



 以上、EvilのRyo氏のインタビューである。Impurityの関西公演を見に行った時の縁が巡り巡ってこのようなインタビューを行うことができた。お忙しい中の対応、真に感謝いたします。おかげで面白い話をお伺いすることができたのではなかろうか。

 インタビューを通して、私の感想だが、「そういえば自分が好きなバンドの音源も、そのバンドが『若手』のときの音源が多いなあ」ということに気付かされた。後々、レジェンドになっていたバンドももちろん『若手』という時代があって、その衝動を体現できているバンドに魅力を感じたものだ。

 その意味でEvilはそれをしっかり体現しているバンドであると思うし、今後、その『若手』という枠を取っ払ったときにどういった姿になっていくのかが非常に楽しみである。さらに言えば自分のような頭の中がオールドスクールなオッサンをいい意味で裏切っていって欲しいと思う。
タグ: Interview  Evil 
Interview  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top