Inhumanization : Goatpenis (2004) 

[Goat Worship 特集]

ブラジルのウォーブラックメタルバンド、Goatpenisの1stアルバムを紹介。
スペインのDie Todesrune Recordsよりリリースされた。

goatpenis1.jpg

元々1988年に結成したSuppurated Fetusというデスメタルバンドが前身。
1991年にGoatpenisというインパクトのある名前に変えて現在に至る。
また1997年に一度活動停止して、2003年に復活しての1stアルバムである。
そのため結成からフルアルバムのリリースに13年もかかっている。

以前紹介した初期音源コンピと比べるとグラインド色は幾分減退し、
いくらかソリッドなサウンドプロダクションに変更している。
また映画のSEなどをふんだんに盛り込み軍事オタク的なアプローチを多用。

勢い重視のスタイルでサディスティックブラックなんて海外では言われることもあるらしい。
なるほどそう言われてみると非常にしっくりくる。

Encyclopaedia Metallum - GoatPenis
タグ: GoatPenis  Brazil  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

We Are Heretics : Goatwar (2005) 

[Goat Worship 特集]

カナダのブラックメタルバンド、Goatwarの1stアルバムを紹介。
(一部で2ndと紹介されているが"666"はデモだというメンバーの発言がある)
カナダのSardonic Wrath Recordsよりリリースされた。

goatwar.jpg

これは某ユ○オンでただならぬ瘴気を感じて購入したものの、
聞いてみたら予想を遥か斜め上にいっていた恐ろしいアルバムである。
何が恐ろしいって完全にポンコツ系悪魔崇拝ブラックであった。

音は限りなくスカスカ、メロディラインがないというより適当にかき鳴らしたギターサウンド、
ドラムはほとんどシンバルしか叩かないやる気のなさ、
ヴォーカルも完全病的で脱力感のあるスタイル!

これは絶対褒めてはいけない、人に薦めてはいけない音源なのだが、
何とも言えない禍々しさ、邪悪さは只者ではないのも事実。
一種の環境音楽のようなものなのかもしれない。

Encyclopaedia Metallum - Goatwar
タグ: Goatwar  Canada  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Last Sodomy Of Mary : Goatlord (2007) 

[Goat Worship 特集]

アメリカはラスベガスのブラックメタルバンド、Goatlordの未発表音源集を紹介。
アメリカのNuclear War Now!よりlim.1000(内200がDigi)でリリースされた。

goatlord_c.jpg

このバンドを知らなかった頃はBlasphemyのフォロワーなのかと思っていたが、
まさかの結成は1985年で1stアルバムはあのTurbo Musicから、と
相当筋金入りのバンドであることが分かったのはこのアルバムを手に入れてから。

この音源は2ndアルバムの前に制作していた音源のお蔵入りになったものとのことだが、
なぜこれをお蔵入りにしたのか全く分からないほど超かっこいい。
"Autopsyがブラックメタルを始めたような音"で自分としては一つの理想郷だった。

しかも#05からラジオ番組で取り上げられた時の音源が収録されていて、
これはさすがにカルトすぎる!!!
出だしの紹介の音声を聞き取って訳してみると・・・

「ではいくつかローカルな音源を紹介しよう。
 バンド名はGoat…Lord…正しくはGoatlordだ。
 ドラマーのJeff、ギタリストのJoe、ヴォーカル兼ベーシストのAceだ。」

そう、このバンドは3人編成なのだ。
やっぱり3人編成のバンドは基本素晴らしいのである。

Encyclopaedia Metallum - Goatlord
タグ: Goatlord  個人的名盤  USA  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Malignant Temple Of Goat (1992-1993) : Behemoth (2014) 

[Goat Worship 特集]

ブラジルのGoat Worshipper型ブラックメタルバンド、Behemothのコンピ盤を紹介。
ブラジルのHammer Of Damnation よりlim.1000(内200がDigi)でリリースされた。

behemoth_b_c.jpg

ポーランドの有名バンドではなくブラジルの方。
活動は1992~1994年と短命で2つのデモを残しただけのマイナーバンドの全音源コンピ。
1994年にArchangellusというバンド名に改名してコグメロから1枚アルバム出している。

どんなに腐れた内容かと思って半笑いで再生してみるとこれが素晴らしい。
このころ流行っていた北欧ブラックメタルとは大違いだし、
BlasphemyとかBeheritみたいなスタイルともちょっと違う。
もっと瘴気が溢れていてモッサリとしたドゥーミーなブラックだ。
はっきり言って塩漬けされたことでこの時代に発掘されてよかったのではないか。

ブラジルというとプレブラック的な位置づけのバンドは有名だが、
コープスペイント全盛な90年代前半のバンドは埋もれているものが多いらしく、
これからも何か強烈なのが出てくるのではなかろうか。

Encyclopaedia Metallum - Behemoth (Bra)
タグ: Behemoth  Brazil  個人的良盤  2014 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top