Sulphur Seraph (The Archon Principle) : Charon (2012) 

ドイツのブラッケンドデスメタルバンド、Charonの1stアルバムを紹介。
ドイツのSepulchral Voice Recordsよりリリースされた。

charon_cd_cover.jpg

結成は1997年で、R.cc.なる人物を中心に2枚のデモと1枚のEPをリリースするも、
知る人ぞ知るカルトアンダーグラウンドな活動をしていたらしく、
恐らくこのバンドをリアルタイムで知っていた人は日本では数少ないと思われる。

その後、ドイツのデスメタルバンドHatespawnからヴォーカルと加入し、
ようやく1stリリースして陽の目を浴びたのがこのアルバムなわけだが、
実際、海外のカルトマニアな方々からは発売前から相当話題に上がっていたそうな。

個人的な2012年ベスト音源の一枚にも確か挙げさせてもらったと思うが、
これが1stアルバムだなんて末恐ろしいほどの完成度。

印象としてはウォーブラックのような熱量と勢いを持ちながら、
オールドスクールなスラッシュメタルから神秘的ブラックメタルまでの素養を組み込み、
結果としてデスメタルからブラックメタルまでのジャンルを包括した内容に。
何回聞いてもしびれる!

Encyclopaedia Metallum - Charon
タグ: Charon  Germany  Hatespawn  個人的名盤  2012 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Hellbassbeaters : Bassinvaders (2008) 

ドイツのベーシストの集いによるプロジェクト、Bassinvadersの企画音源を紹介。
イタリアのFrontiers Recordsよりリリースされた。


ヘルベースビーターズヘルベースビーターズ
(2008/01/23)
マーカス・グロスコフズ・ベースインヴェイダーズ

商品詳細を見る


HelloweenのMarkus Grosskopfを中心にバーで盛り上がったネタを形にした企画。
つまりベーシストだけでカバーアルバム作っちゃおうze!というやつ。
歌えるベーシストが必要だとしてRageのPeavy、SodomのTom、DestructionのSchirmerを引っ張ってきたのも面白い。

上記4人をメインにいろいろベーシストもゲストに呼んで…とやっていたら、
総勢20人のゲストを迎えてしまい結果的に完成に時間がかかったというエピソードも笑える。
さらに言えば内容も本当に愚直にギターレスのベースのみでベンベンとやっていて、
"Eagle Fly Free"のカバーもかなり笑える。

こういうジョークの塊みたいなバンドだが結構真面目に作りこまれていて、
やはりジョークもまじめにやると素晴らしいなあという。
もちろん笑いながら聞くアルバムだということ前提で。

Encyclopaedia Metallum - Bassinvaders
タグ: Bassinvaders  Helloween  Sodom  Rage  Destruction  Germany  2006-2010 
Power/Speed  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Heavenly Vulva (Christ's Last Rites) : Archgoat (2011) 

フィンランドのブラックメタルレジェンド、ArchgoatのEP盤を紹介。
フランスのDebemur Morti Productionsよりリリースされた。

archgoatep.jpg

まだ3rdアルバムがAmazonさんから届かない…。

閑話休題、これは2ndアルバム後に出したミニアルバムで、
作品的にもほぼ同様の路線の音を出している。

強いて言えば2ndと比べると若干音の重さを和らげていて、
楽曲の外形にコントラストつけているので初心者にも聞きやすい内容だといえる。
Satanic WarmasterのWerwolf氏が一部参加しているからかもしれない。

デスメタル的な楽曲ディテールにより近づいた印象もあり、
今までで一番整合性ある音かもしれない。
とはいえ凶悪、邪悪、神秘的であることに何の揺らぎもない。

Encyclopaedia Metallum - Archgoat
タグ: Archgoat    Finland  2011 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ナキニッシモアライズ : OLEDICKFOGGY (2006) 

日本は静岡のハードコア/ラスティック/サイコビリーバンド、OLEDICKFOGGYのミニアルバムを紹介。
ギャランティックよりリリースされ、後に再発もされている。

oledickfoggy_mcd.jpg

このバンドは近年、自分が日本のハードコアに興味が出たときに、
いろいろ人から教えてもらったりしていたなかのバンドの一つなのだが、
自分は天邪鬼で他人から勧められると…っていう人間であり、
その"障壁"を完全にブチ抜いてきた強烈な音を出すバンドであった。

このブログ読者だと縁がない人も多そうなジャンルであるが、
自分もこのバンド以外のラスティック/サイコビリーは全く知らない。
しかし根底にあるハードコアとポリティカルかつ根源的な歌詞が突き刺さった。

特に#06"歯車にまどわされて"、#7"月になんて・・・"の2曲は、
ジャンルとかカテゴライズとかそういったものをすべて貫通する破壊力がある。
素晴らしいの一言。
タグ: Oledickfoggy  Japan  個人的名盤  2006-2010 
Harc Core  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Hades Rise : Aura Noir (2008) 

ノルウェーのブラック/スラッシュメタルバンド、Aura Noirの4thアルバムを紹介。
イギリスのPeaceville Recordsからリリースされた。


Hades RiseHades Rise
(2008/09/02)
Aura Noir

商品詳細を見る


このアルバムではBlasphemer氏がゲスト扱いで正式メンバーから外れている。
この時期は彼がMayhemからも離脱だった時で、
Ava Inferiのヴォーカルと結婚してポルトガルに移住したからだと思われる。

アルバムの内容としては後期Aura Noirらしいミドルテンポ主体のブラックスラッシュ。
70~80年代のへヴィメタルの要素もわずかに感じられ、
ベテランらしい幅広い引出しから作られている作品に仕上がっているが、
1stアルバムの頃の作品が好きな人には「アレ?」となること請け合い。

8曲目以降は急にストレートでザクザクなスラッシュメタルを披露したり、
衰えではないことをリスナーに高らかに宣言しているような感じ。
でも自分も8曲目からのスタイルの方が好きかな・・・

Encyclopaedia Metallum - Aura Noir
タグ: Aura_Noir  Norway  Mayhem  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Black Thrash Attack : Aura Noir (1996) 

ノルウェーのブラック/スラッシュメタルバンド、Aura Noirの1stアルバムを紹介。
ドイツのMalicious Recordsよりリリースされ、後にイギリスのPeaceville Recordsからボートラ付きで再発された。


Black Thrash AttackBlack Thrash Attack
(2011/10/31)
Aura Noir

商品詳細を見る


ブラックスラッシュというジャンルの金字塔にしてこのバンドの最高傑作。
この1stアルバムのインパクトが大きすぎてその後の作品がフィーチャーされない程。
このアルバムからMayhemのBlasphemer氏が参加して現在の編成になった。

1つ前の記事で紹介した1年前のEP盤に比べて、
特にギターのサウンドプロダクション、テクニックともに非常にシャープになり、
その結果、カミソリのようなリフを駆使するブラックスラッシュになった。
話によるとDestructionやKreatorの初期音源をヒントにしたという。

このジャンルに重要な"勢い"から編集まで奇跡的な完成度だが、
個人的にはDestrutionよりSodomなので
そうなるとNifelheimの方が好きみたいなポジショニング。

Encyclopaedia Metallum - Aura Noir
タグ: Aura_Noir    Norway  Sodom  Destruction  Kreator  1996-2000 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Dreams Like Deserts : Aura Noir (1995) 

ノルウェーのブラック/スラッシュメタルバンド、Aura NoirのEP盤を紹介。
ノルウェーのHot Recordsよりリリースされ、後にイギリスのPeaceville Recordsからボートラ付きで再発された。


Dreams Like Deserts (Re-issue)Dreams Like Deserts (Re-issue)
(2012/11/19)
Aura Noir

商品詳細を見る


最初期のUlver、Satyriconに属したAggressor氏が一人で始めたバンド。
その後、Apollyon氏も加わりジャケ写の二人構成で本音源も作られてる。
変な構成で6曲中、半分ずつドラムを叩いているのが面白い。

このアルバムの翌年にリリースされたこのジャンルの金字塔である1stアルバムに対して、
この作品はまだかなりモコモコしているというか怪しげなブラック要素が強く、
Sodomの初期作品の影響を強く感じる。
そういえば4曲目のタイトルが"Angel Ripper"である。

再発盤は7曲目以降にレア音源や未発表作を収録されていてお得。
DarkthroneのFenriz氏が参加している音源もある。
ここらへんの当時のヒトとヒトのつながりも面白い。

Encyclopaedia Metallum - Aura Noir
タグ: Aura_Noir  Norway  Sodom  Darkthrone  1991-1995 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Heavy Damage : Game Over (2009) 

イタリアのスラッシュメタルバンド、Game Overのデモを紹介。
自主リリース(CD-R)された。

gameover.jpg

たまに使わせてもらっているRock Avenueさんで推されまくってて
若手スラッシャー詳しくないので興味本位で購入したもの。
ゆえにバックグラウンドなどは全く知らない。

6曲入りのデモで20分未満程度で駆け抜けるドノーマルなスラッシュ。
ここまでストレートな80年代を見てくれ含めてやっているだけで、
スラッシャーには大うけするだろう。

ただし個人的にはあまり持ち上げる程度の物でも無いように感じた。
まあちょっと設定価格が高いためということもあったが・・・。

Encyclopaedia Metallum - Game Over
タグ: Game_Over  Italy  2006-2010 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Immortalized Hatred : Nuclearhammer (2006) 

カナダのウォーブラックメタル、Nuclearhammerのデモ音源を紹介。
カナダのPoison Mist Propagandaよりlim.60でテープリリースされた。

nuclearhammerdemo1.jpg

プロモ用のリハーサル音源らしく現物ではほとんど出回っていない。
(Discogsでも出品されていない)
しかし何とレーベルページからDL可能である。
ちなみに他のカルトな音源もほとんどがDLできる(が私はまだしていない)。

(ちなみにNuclearhammerがFacebookで普通にリッピング音源を配っている時期もあった。
 今は彼らの最新作品を配っているようだがCD手に入りやすいので現物購入にしよう)

この頃合いの彼らは既に1stアルバム以降の激烈ウォーブラック路線も垣間見せつつ、
どちらかというともう少しプリミティブなVONっぽさとか、
もしくはカバーもしているInquisitionっぽさが混入している。

まあ必聴盤というよりかはルーツを辿るNuclearhammerファンアイテムか。
このバンドに興味が出たときならまず1stアルバムを手に入れることをお勧めする。

Encyclopaedia Metallum - Nuclearhammer
タグ: Nuclearhammer  Canada  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Hyper Trace : Scanner (1988) 

ドイツのパワーメタル、Scannerの1stアルバムを紹介。
ドイツのNoise Recordsよりリリースされ、2013年にDivebomb Recordsよりリマスター盤がリリースされた。
本稿は後者のリマスター盤を取り上げているがオリジナルとの差異は不明。


Hyper TraceHyper Trace
(1998/09/29)
Scanner

商品詳細を見る


まだ自分が6歳くらいだったと思うが兄の部屋にあった印象的なジャケットシリーズである。
なんとなく頭にこびりついていたものが大阪のロックスタックにあって購入。
その昔、聞いたわけでもなくて思い入れによるジャケ買いという珍しい動機。

ドイツのパワーメタルというとAcceptHelloweenなどいろんな有名バンドがいて
知名度という点でこのバンドはマイナー寄りのB級だと思われるが、
#01の"Warp 7"で脳みそを揺さぶられる猛烈パワーメタルが展開。

若干、アルバム全体通すとコンセプトが定まってない気がして
(近未来的な設定にしてるっぽいが、そうでもない)
なるほどB級らしい側面も見せるが、
そういうところも含めて楽しめる人なら強烈におすすめなアルバム。

ちなみに今年の1/23に新譜を出したそうで驚き。

Encyclopaedia Metallum - Scanner
タグ: Scanner  Helloween  Germany  1986-1990 
Power/Speed  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Terrorist Warfare : Seges Findere (2011) 

ブラジルのNSBM/ブラッケンデスメタルバンド、Seges Findereのコンピ盤を紹介。
ドイツのDarker Than Black Recordsよりリリースされた。

seges_findere_c.jpg

主に2008年~09年のデモ音源や未リリース音源のコンピ。
ラスト3曲は2003年のデモが収録されている(位置づけ的にはボートラ?)
それらのデモは基本的にテープリリースだったり、
しかも限定88枚(!)リリースだったりで基本手に入れづらいのでありがたい。

内容としては以前紹介した1stアルバム以前の作品であり、
1stに比べてサウンドプロダクションの軽いブラッケンデスという印象だが、
いわゆるNSBM路線のメロディ感もほんのり乗せている。

同年にアメリカのIron Clad Recordsよりリリースされたコンピと合わせれば、
2011年リリースまでのだいたいのデモ/スプリット/EPはカバーできる。

Encyclopaedia Metallum - Seges Findere
タグ: Seges_Findere  Brazil  2011 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Light-Devouring Darkness : Archgoat (2009) 

フィンランドのブラックメタルレジェンド、Archgoatの2ndアルバムを紹介。
Blasphemous Underground ProductionsMoribund Recordsによる共同リリース。
現在の所属レーベルであるDebemur Morti ProductionsからもLP再発された。


Light-Devouring DarknessLight-Devouring Darkness
(2009/04/21)
Archgoat

商品詳細を見る


3rdアルバムのリリースまであと1週間と少しになりましたが準備はお済ですか!?

というわけで説明不要のレジェンドの2ndアルバムで、
1stに比べるとリーチャルで重い作風になっているが、
すべてArchgoatの範疇、1989年以来なにも変わっていない。

アルバムのコンセプトは「ロウで黒き光による滅亡の予言」で、
グラインドの強いミニマリズムさが"白き光"を浸食していくような印象を持たせる。
そして全く編集なしのサウンドプロダクションで神秘性を醸し出していて、
本当にすごいバンドは小細工なしに空気が作り出せるのだと圧倒される。

これぞトゥルーなブラックメタルであろう。

Encyclopaedia Metallum - Archgoat
タグ: Archgoat  個人的傑作  Finland  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Bak Og Forbi : Hinsidig (2009) 

ノルウェーのデプレッシブブラックメタルバンド、Hinsidigのデビューデモを紹介。
中国のPest Productionsよりlim.1000でリリースされた。

Hinsidig.jpg

いかにもPest Pro.がリリースしそうなDSBM!というだけで記事を終えてしまいそうだが、
よくよく考えてみるとノルウェーの有名なDSBMってあったっけかな、と。
元々Burzumの影響が強いジャンルなのに。
あまり詳しくないからかもしれないけどForgotten Woodsくらいしか思いつかない。

とメンバーを調べてみると中心人物は複数バンドを渡り歩いたWinterheart氏。
なるほどノルウェーのバンドというクレジットだけど彼はドイツ人だ。
その気持で聞いてみるとドイツ系メランコリックブラックメタルっぽい。
みんな大好きColdworldにも近いように思えてくる。

というわけでそこらへんのメランコリック系DSBMが好きな人には
なかなかお勧めなのではなかろうか。
ちなみに今の活動状態はUnknownらしい。

Encyclopaedia Metallum - Hinsidig
タグ: Hinsidig  Norway  2006-2010 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

罪無人 : 雷矢 (1997) 

日本のOi!スキンズ/ハードコアパンクバンド、雷矢の1stアルバムを紹介。
日本のハードコア/ノイズ系レーベル、HG Factよりリリースされた。

raiya1.jpg

全く日本のスキンズシーンに造詣がなく、
NSBMからのOi!Punkへの興味からの、という連鎖でたどりついたアルバム。

流れ的に右翼的な表現をしているかと勝手に思っていたのだが、
歌詞を聞いていても左右云々以前の主張をしていて、
「労働者階級の反発という初期衝動の結果のスキンズ」を体現している。

ゆえに歌詞、そしてメロディラインともに非常に感情に突き刺さるというか、
本当の意味でとてもエモーショナルな音楽だった。
「エモい」みたいな軟弱な意味ではなく。
タグ: 雷矢  Japan  1996-2000 
Harc Core  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Shelter (Deluxe Edition) : Alcest (2014) 

フランスのシューゲイザー(元ブラックメタル)バンド、Alcestの4thアルバムを紹介。
ドイツのProphecyよりリリースされた。


Shelter (Digisleeve Edition)Shelter (Digisleeve Edition)
(2014/02/18)
Alcest

商品詳細を見る


今回は事前で嫌な予感がしたのでitunesのDL購入で済ませてしまった。

個人的にはAlcestはその持ちうる要素をすべて出し切った1stがほんと名作で、
2ndはビミョー、3rdは持ち直した気がするけど曲単体が弱く、みたいな。
そろそろ4thに至っては完全にブラックメタルの要素を排除しそうだな、と。

ブラックメタルの要素を無くすこと、これ自体は彼らの存在の否定にはならないが、
自分の趣向から外れてくるのと、もう一つは美醜のコントラストが排除されるため、
あまり進んでいってほしくない方向性だと思っていた。

そして彼らはその「進んでいってほしくない方向」を示したのがこのアルバム。
ミュージシャンとしてさらに一皮むけるための第一歩を祝福しつつ、
お別れの作品になったかもしれない淋しさも募る。

ちなみにデラックスverのボートラが一番旧作ファンのツボにハマる気がするので、
今から手に入れるならDL購入が一番よいのではないかと思います。

Encyclopaedia Metallum - Alcest
タグ: Alcest    France  2014 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

A Rothadó Virágok Színüket Vesztik : Siculicidium (2012) 

ルーマニアのブラックメタルバンド、SiculicidiumのEP盤を紹介。
ルーマニアのSun & Moon Recordsよりリリースされた。

siculicidium_ep.jpg

ヒジョーに倒錯的なジャケ写が特徴的で実際自分はジャケ買い。
恐らくこの画像はマンドラゴラをイメージした精神トリップみたいな感じだと思うが、
なるほどヴォーカルの気怠い感じとメロいのにノイジーな楽曲が、
その世界観をよく再現しているように感じる。

そもそもルーマニア、共産主義からの脱却が1989年のことだが、
それ以降もことメタルシーンは日本ではいまだ知名度が高いバンドが少ない。
自分もDekadent Aesthetix、Negură Bungetくらいしか知らないが、
このバンドは今までで一番「ルーマニアっぽいかも」という独特の怪しさがある。

とりたてて名作というわけではないが、
怪しげで良い感じのジャケとそれに見合った楽曲(しかも結構メロい)で、
個人的には良い印象を強く持った音源であった。

Encyclopaedia Metallum - Siculicidium
タグ: Siculicidium  Romania  2012 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Omen Ex Simulacra : Aevangelist (2013) 

アメリカのブラッケンドデスメタルバンド、Aevangelistの2ndアルバムを紹介。
フランスのDebemur Morti Productionsよりリリースされた。

Aevangalist2.jpg

海外のアンダーグラウンドメタルメディアで「2013年のベスト~枚」によく選出されていた一枚。
個人的にはこのバンドはこのアルバムが初めてだが、
メンバーの一人はBenighted in Sodomもやっている若者。

彼らの公式サイトのアドレスは"http://www.newobliviongospelmusic.com/"で、
ジョークなのかどうかわからないがゴスペルだけあって宗教的荘厳さがよく出ている。
Incantation的な地獄系デスメタルに宗教的な奏でを混ぜて、
重厚で神秘的なエクストリームメタルに仕上げている。

曲の展開、緩急のつけ方なども凝っており、
アルバムの完成度が非常に高い一枚。

Encyclopaedia Metallum - Aevangelist
タグ: Aevangelist  Benighted_in_Sodom  USA  2013 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

D.E.V.O.L.U.T.I.O.N. : Destruction (2008) 

ドイツのスラッシュメタルレジェンド、Destructionの11thアルバムを紹介。
ドイツのAFM Recordsよりリリースされた。


デヴォリューションデヴォリューション
(2008/09/26)
デストラクション

商品詳細を見る


自分はDestructionはジャーマンスラッシュの中ではあまりひいきな方でないため、
名作3rdを最後にほとんどのリリースアルバムを聞いていないのだが、
久しぶりに手に入れたのがこのアルバム。

子供の時のトラウマになった3rdアルバムに対しての感想になるが、
あのころに感じた危険なカオリはあまり感じない作品で、
ミドルテンポでじっくり作られたスラッシュメタルの"普通"の良作という感触。

もちろんベテランならではの力作であろうが、
個人的にはあの危険な雰囲気が味わいたかったため、
あまり記憶に残らないアルバムであった。

しかしこのアルバムが発売してからもう7年たつのか。
"スラッシュリバイバル"も過去のものだがスラッシュメタルは永遠。

Encyclopaedia Metallum - Destruction
タグ:   Destruction  Germany  2006-2010 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Filosofem : Burzum (1996) 

ノルウェーの一人ブラックメタルバンド、Burzumの4thアルバムを紹介。
イギリスのMisanthropy Recordsよりリリースされた。


Filosofem + BookletFilosofem + Booklet
(2010/08/10)
Burzum

商品詳細を見る


このアルバムはBurzumの作品群の中でも1,2位を争う人気だと思うが、
実は私はそこまで思い入れの無いアルバムでもある。

自分は幸運なことに家族に80-90年代アングラシーンに詳しい人がいたので、
Burzumも90年代に聞くことができたのだが、
そのときにこのアルバムは借りていないためである。

3rdアルバムを聞いた時の衝撃たるや、今でも記憶に残っているのだが、
その原体験に00年代に入ってから聞いたこの4thアルバムは超えることができなかった。
そのためかデプレッシブブラックメタルに大きくハマらなかったのかもしれないなあと。

というわけで作品のことに触れてもいないわけだが、
やっぱりこの空虚さを表現しているサウンドプロダクションとシンセワークは、
奇跡的な組み合わせだなあと感心するのだった。

Encyclopaedia Metallum - Burzum
タグ: Burzum    Norway  1996-2000 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Bandcampまとめ 

自分がチェックしているBandcampのレーベルページを紹介します。

Pagan Records
 Country: Poland
 Bands: Furia、Demonic Slaughter、Blaze of Perdition、etc...
 ポーランドの1992年より運営されている古豪ブラックメタル系レーベルでポーランドローカルなバンドが多数所属している。昔はBehemothも所属していた。個人的に好きなバンドが多い。

Nuclear War Now Production
 Country: USA
 Bands: Blasphemophagher、Death Yell、Morbosidad、Nuclearhammer、Sabbat、etc...
 音源の値段は安いが送料がめっぽう高いことで有名な、泣く子も黙るNWN! コグメロ南米系デス/ブラックやらギリシャの渋めのブラック再発まで基本的にオールドスクール趣向。ウォーブラックも強い。古めのリリース作品はDL購入できないので注意。

Agonia Records
 Country: Poland
 Bands: Forgotten Tomb、Origin、Ragnarok(Nor)、etc...
 先に紹介したPagan Recordsと比べると国際色豊かな中堅ブラック/デスメタルレーベルでそこそこのネームバリューのバンドが所属しており、現在もかなりアクティブにリリースを続けている。

Hammer of Damnation
 Country: Brazil
 Bands: Evil、Hammergoat、Dethroned Christ、etc...
 EvilのWarlordさんがやっているレーベルで関連バンドが所属しているレーベル。過去はNS色がかなり強かったのだが、最近はブラック/デス寄りになっている。困ったことにDL購入出来るアルバムはほとんどないが昨年末に初めて?DL購入できるアルバムが追加されたので、今後は活発になるかもしれない。

Drakkar Production
 Country: France
 Bands: Vlad Tepes、Primigenium、Torgeist、Grand Belial's Key、etc...
 来日も果たしたCelestiaの社長ことNoktuのやっているレーベルで、昨年で設立20周年を迎えている。もともとLLNマニアのNoktuの意向に沿った音源が多いものの、LLN外のバンドもなかなかの粒ぞろい。というかGBKを聞け~聞くのだ~。ちなみにここはユーロ払いなのでちょい高く感じるかもしれない。

Heidens Hart Records
 Country: Netherlands
 Bands: Heimdalls Wacht、Zwartplaag、Kataxu、etc...
 正直、ここはHeimdalls Wachtの音源以外の現在の所属バンドは知らないが、メロブラ大好き人間を虜にしたZwartplaagも複数リリースされていたことでも有名。というかZawartplaagのアルバムは€3なのでずばり買いでしょう!でも国内でもまだCD買えるところあったと思いますけどね。

Dark Descent Records
 Country: USA
 Bands: Heresiarch、Weregoat、etc...
 2009年設立のブラック/デス系レーベルでDiocletianとかもここから旅立っていった。若手登竜門的な位置づけなのかもしれない。ということは新しく契約しているバンドもすごいはずだ!ちなみにDL購入できる音源は少ないが一応ある。

Osmose Production
 Country: France
 Bands: Black Witchery、Diocletian、Impaled Nazarene、Ondskapt、Totalselfhatred、etc...
 1991年来、様々なブラックメタルアルバムをリリースしてきた古豪中の古豪レーベル。ヘイトも含めて注目を集めた90年代と比べると勢いは落ちたが、老舗としての門構えはさすが、多数のバンドを抱えている。DL購入できる音源を見ても歴史を感じる。日本のCoholも今年にここから新譜を出す予定。

Hells Headbangers Records
 Country: USA
 Bands: Cultes des Ghoules、Deiphago、Goat Semen、Impiety、etc...
 世界中のブラック/デスメタルバンドをサポートしており、レーベルディストロで買い物した人も多いのではあるまいか。いまさら紹介するまでもないと思うので個人的メモをしたためておくが、Goat Semenのフルアルバムは2月24日だ!覚えておけ!

Those Opposed Records
 Country: France
 Bands: Sühnopfer、Darkenhöld、N.K.V.D.、etc...
 最近、一部で話題のSuhnopferだったり、あと日本のArkha Svaも契約して昨年リリースしたレーベル。個人的には昨年リリースしたDarkenhöldの新譜をまだ聞いていないのでDL音源でいいから買っちゃおうかなあと悩んでいるところ。


とりあえずこんなところかなと。Season of MistやらCandlelightやらメジャーレーベルは今回は除外しておきました。さて2014年リリース買い逃したもので、フィジカル手に入れるの億劫なのを買いに行くとしますか。
タグ: Bandcamp 
その他  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

2015年 購入音源リスト 

5月

Beast of Beherit (LP) : Beherit (2007)
Apocalypse Of Death (7") : Disclose (2002)
Celebrate The Dead (LP) : Beherit (2012)
Penis Metal (LP) : Hades Archer (2010)

4月

Live May 16th 1993 Atco, NJ USA (LP) : Incantation (2013)


3月

The Apocalyptic Triumphator : Archgoat (2015)
Immortal Black Chaos : Another Dimension (2015)
In Times : Enslaved (2015)
Nubes que anuncian tormenta(LP/国内盤) : Khmer (2015)
Into the Ritual Chamber : Impurity (1996)
Vomiting Blasphemies Over Japan MMXV : V/A (2015)


2月

Necro Imfamists Of Tumulus Return : Impurity (2006)
The Lamb´s Fury : Impurity (2010)
Gore Metal - A Necrospective : Exhumed (2015)
Ego Sum Sathana : Goat Semen (2015) Bandcamp DL


1月

Phoenix Rising : Deströyer 666 (2005)
Remains of a Ruined, Dead, Cursed Soul : Mutiilation (1999)
Towards The Blaze Of Perdition : Blaze of Perdition (2010)
Death Walks Amongst Mortals : Ignominious (2011)
Utolso Vagta Az Univerzumban : Siculicidium (2009)
新世界 : OLEDICKFOGGY (2014)
Worship Death : Eskhaton (2014)
Downfall : Demonic Slaughter (2013)
The Grand Tormentor : Witchrist (2012)
Vicious and Cruel Symphony : Funeral Elegy (2008)
Hostis Humani Generis : Bloodrain (2010)
Distorted Birth: The Demos : Goatlord (2003)
回帰への祈り : Fra Hedensk Tid (2013)
正義の行方 : 脊髄注射 (2014)
Demo 2014 : Fatal Desolation (2014)
The Early Inferno Tapes Naked + Outtakes : Döraid (2014)
Fight Against Oneself + Singles & More : Döraid (2014)
Death Line City + Singles & More : Döraid (2014)
その他  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top