【2012年 上半期】 購入音源リスト 

Project Ordensburg / Wolfnacht
Last CD Before Doomsday / Worship
Dooom / Worship
Graveforests and their Shadows / Walknut
War Funeral March / Vlad Tepes
La Morte Lune / Vlad Tepes
The Sons of the Darkness / Thunderbolt
Inhuman Ritual Massmurder / Thunderbolt
Holocaustik Metal Sexxekution Whoreslaughters / VA
The Absolute Of Malignity / The Absolute Of Malignity
Slit Throats And Ritual Nights / Cult Of Daath
I / Dodkvlt
Messengers Of The Darkest Dawn / Enshadowed
World Wide War / Slaughtered Priest
Empire De Glaces / Frozen Shadows
Misanthropic Devotion / Hellvetic Frost
Obsessed By War / Unholy Archangel
Desolation / Valhom
Непоколебимая Вера / M8l8th
En Vivo En Lima Hell / Goat Semen
Transcendental Racial Idealism / Der Stürmer
Ultimatum / Bloodrain
Six Pack Witchcraft / Maax
The III Command Of The Absolute Chaos / Blasphemophagher
Hammer of Intransigence / Heresiarch
Domni Satnasi / Spear Of Longinus
Ultimate Aryan Warfront / 88
Inverno Eterno / Inverno Eterno
Codex Antitheus / Azaghal
Welt In Flammen / GoatPenis
Hellish Wrath / War Hammer Command
The Dark War Has Begun / Bestial Summoning
March Into Firelands / Flame
Past Midnight... / Witching Hour
Pestilenz / Winternight
The June Frost / Mournful Congregation
Tabellae Defixionum / Akerbeltz
Infinitas Barathrum / VA
:Legacy: / Hakuja
Satan's Shitfuckers / Bömber
Nether Tombs Of Abaddon / Proclamation ☆
Sudamerican Worship To Sathanas / Nihil Domination
Transmission Zero / GHOUL
Despair.... / Valkyrie ☆
Wrath of Satan / Penis Christ
The Delphic Doctrine / Tristwood
Fourth of September / Vredehammer
Belebeltzeta / Nakkiga
Christs Not Christians / Trunar
Pulsing Feral Spire / Satan's Almighty Penis
The Outsider / A Transylvanian Funeral
Forest Paranoid / Aanal Beehemoth
Ancients / Xibalba
Soulless god's Creation / Demonic Slaughter
Duch 300 Z Rany / Barbarous Pomerania
Hate Your God / Nunslaughter
Atomic Carnage In The Temple Of Nuclear Hell / Blasphemophagher
Leviathan/Iuvenes / VA
Nuclear Deaththrash / Assult
Oddech Wymarlych Swiatów / KAT
The Desecration / The Legion Of Doom
Devangelight / Cataplexy ☆
Oriental Hell Rhythmics / Surrender Of Divinity
from beyond THE DARK / Deadly Spawn
Death Nord Kult / Old Wainds
Black Thrash Attack / Aura Noir
Ut De Graute Olle Tied - Deel I / Heimdalls Wacht
Nunc est bibendum / Onkel Tom Angelripper
Satanas Tedeum / Rotting Christ
被害妄想〜人間の底辺に蠢く / Masturbation
人のために生きるか 自分のために生きるか / 屍
Grave Desecration / Mutilator
Grind Bastards #6 / VA ☆
Curse of Underground / Endless Dismal Moan
Weltmacht Over Niedergang / Totenburg
Czarci Majestat / Besatt
Strike Of The Northern Legions / VA ☆
Subterraneus / Sale Freux
Satanic Kultus - Unholy Desecration / Zygoatsis
Dead As Dreams / Weakling
Hades Rise / Aura Noir
The Light-Devouring Darkness / Archgoat

というわけで83枚購入したものの、
2012年リリースの作品は5枚しか買っていないので、
2012年上半期の集計でベスト10とか出せませんね・・・

何だかんだで結構買ってるなあ、下半期は消化を頑張ります。

なお2012年リリースの作品では

Nether Tombs Of Abaddon / Proclamation
とにかく最強、Blasphemyチルドレンの最先鋒!
裏切らないPloclamation節が完璧だー!

Strike Of The Northern Legions / VA
スプリット盤だけどNekrokrist SSもFaagrimも凄くかっこいい。
これは純粋に当たりだ!と思った好スプリットですね。

Devangelight / Cataplexy
まだちゃんと聞けてないの。

Grind Bastards #6 / VA
屍の久々のスタジオ音源が過去の再録物だったのは拍子抜けしたけど、
他のバンドも含めて素晴らしいGrindコンピですね。
#1~5も気になります。
その他  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

A Tribute To Black Desires : Empheris (2007) 

ポーランドのブラックメタルバンド、Empherisのコンピレーション盤を紹介。
ポーランドのNecropulsar Productionsからリリースされた。

Empherisc.jpg

引き続きEmpherisのアルバムを取り上げる。
実はこちらの方が先に買ったものでなぜ買ったかというと
SodomのAgent Orangeのカバーが収録されているからなのだ!

まず前身バンドだったErisの頃の楽曲が6曲収録されている。
こちらの方はまあ90年代の音源ということはあるけれども、
今さら内容としては特筆すべきこともなく、
これなら先ほどの1stの方が出来は良い。

とはいえ4曲カバーが収録されていて、
Sodom、Morbid Angel、Abyss、Valpurgiaからなので、
それらのバンドが興味があれば聞いてみてはいかがだろうか。
後者2バンドはポーランドのバンドです(たしか)。

Encyclopaedia Metallum - Empheris
タグ: Empheris  Poland    2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Ancient Necrostorms & The Rest Are Remains : Empheris (2008) 

ポーランドのブラックメタルバンド、Empherisの1stアルバムを紹介。EP盤も追加されている。
ポーランドのEyeからリリースされた。

empheris1.jpg

ポーランドのアンダーグラウンドメタルでは結構有名とか聞いて買ってみたが、
結構正統派なブラッケンスラッシュをプレイしていて聞きやすくかっこいい。
何に近いかと言われればNifelheimっぽいかもしれない。

しかしながら途中で大してうまくはないがクリーンボイスを挟んできたり、
意図的に味を出そうとしている感がある・・・が、それが特別アクセントにはなってない。
取り立てて格別な所もない気もするがところどころポーランドっぽいところも感じる。
言ってしまえばちょっと地味な所もあるといったところか。

でもとりあえずこういうブラッケンスラッシュはやっぱりかっこいい。
オールドなスタイルを大事にしているバンドであることは間違いない。

Encyclopaedia Metallum - Empheris
タグ: Empheris  Nifelheim  Poland  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

8tracks ミックス紹介 1 

8tracksとはお気に入りの8曲をオンライン上でミックスして公開できるサービスです。
アップするにはアカウントの作成が必要ですが(無料)、
聞いてみるだけなら登録は不要です。

まるでカセットテープやMDにお気に入りの曲を詰め込んでいたときのような、
懐かしくも楽しい気持ちが味わえますし、
外国の方と音楽を通じてコミュニケーションすることもできます。

私は現在、以下の9つのミックスをアップしています。

1. Goat Worship!!
Goatという単語がバンドか曲名に入っているものでまとめています。
ヤギは悪魔の象徴とされており、そのような邪悪なサウンドのミックスになっています。
Goatがつくと非常にベスチャルなサウンドで仕上げていることが多いですね。

2. Early Black Covers
ブラックメタルのパイオニアの楽曲のカバー集です。
Sodom、Bathory、Sarcofagoの大きな影響が垣間見れます。
裏話ですが最初はSodomのみでカバー集を作ろうと思ったら、
残念なことにバンドや楽曲名が同じものは同一のミックスには入れられず、
数が足りなくなってしまって路線を変更したミックスです。

3. Japanese Black
タイトル通り、日本のブラックメタルを紹介しています。
外国には日本のブラックメタルマニアがたまにいるので、
そういう人向けに作ってみました。
あと国内にも凄いバンドいるぞ!っていう意味でも。

4. Bestial War!!
どうも日本では人気が薄いWar Blackをミックスしてみました。
どれもこれも最高にベスチャルでカッコいいことこの上ないので、
ぜひぜひ聞いてみてほしいのですが、
やっぱり再生数が伸びないのが悲しいところです。

5. Funny Covers
ちょっと面白味があったり意外だったりするカバーの楽曲をミックスしました。
最初の候補は20曲あって、そこから8曲選んでいます。
そのため続編のミックスも考えています。

6. Japanese Extreme
日本のブラックメタルミックスが少し反響があったので、
ではブラックメタル以外だって強烈な音を出している日本のバンドを紹介しました。
いやはや本当にかっこいいサウンドばかりです。
しかもライブで生で聞ける可能性も高いので素晴らしいことです。

7. Non-Extremer
メタル以外で良く聞いている楽曲のミックスを作ってみました。
これはスマートフォンで風呂場の中で聞きたいものでまとめたため、
まさしく自分のためのコンピレーションだったのですが、
結構聞いていただけているようです。

8. Black Thrash Attack!!
Aura Noirの名曲をタイトル名として拝借したミックスです。
Black/Thrashというジャンルは結構好みが分かれるようですが、
私は非常に好きですね。
そして収録曲の選出もなかなか良かったんじゃないかと自画自賛しています。

9. Finnish Black Metal Mix
本日アップした、タイトル通りのフィンランドのブラックメタルのミックスです。
2000年度前半のフィニッシュブラックの流れはあまり私は評価していないので、
最近の音源でまとめてみました。
フィンランドっても結構いろいろあるぞ、ということを言いたいミックスです。

以上、9ミックス、アカウントを所持していなくても聞けるので、
時間がある方は一度聞いてみてください。
もしかしたら新しい発見があるかもしれません。
タグ: 8tracks 
8tracks  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

XES Haereticum : Enthroned (2004) 

ベルギーのブラックメタルバンド、Enthronedの6thアルバムを紹介。
オーストリアのNapalm Recordsからリリースされた。

Xes HaereticumXes Haereticum
(2005/02/01)
Enthroned

商品詳細を見る


前作から引き続きHarris Johnsをプロデューサーに迎えての作品。
彼はSodomHelloweenなどを筆頭にドイツの有名なメタルバンドを数多くプロデュースしており、
この作品も非常にエクストリームなサウンドをタイトにまとめてきた感がある。

ファストブラックだけどキャッチーでメロウなサウンドも織り交ぜてきて、
緩急付いたその展開にはありきたりすぎるかもしれないが良いものは良い。

こういうサウンドプロダクションは90年代の王道ブラックとは一味違って、
00年代のブラックにおける一つの王道になりえたと思うのだが、
いまいちこのあたりもベテラン・中堅バンドがここ日本において話題になりにくいのは何故か。
「微妙に有名だから」だとしたらちょっと残念だとは思います。

Encyclopaedia Metallum - Enthroned
タグ: Enthroned  Belgium  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Latviešu Strēlnieki : Skyforger (2000) 

ラトヴィアのペイガンフォーク/ブラックメタルバンド、Skyforgerの2ndアルバムを紹介。
オランダのMascot Recordsからリリースされた。

Skyforger2.jpg

タイトルの英語名は「Latvian Riflemen」で、
第一次世界大戦でドイツの侵攻を受けて結成されたラトヴィアの軍隊のこと。
ラトヴィアの元となった国は当時、ロシア帝国の支配下にあったが、大戦後に独立した。
(その後1940年にソビエトに併合され、1991年に再度独立した)

そのようなバックグラウンドを受けてこの音源を聞くとなかなか味わい深い。
いわゆるペイガニズムというよりラトヴィアという国の成り立ちを考える上で
武器を持って決起し自由を勝ち取った事のプライドをひしひしと感じるのだ。

勇壮かつトラッドな曲進行にたまに入る笛も味わい深い。
ギターソロが急にクサメロ奏でたりも楽しい。
田舎メタル好きなら気に入るのではなかろうか。

Encyclopaedia Metallum - Skyforger
タグ: Skyforger  1996-2000  Latvia 
Viking/Folk  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Malice : Gehenna (1996) 

ノルウェーのブラックメタルバンド、Gehennaの2ndアルバムを紹介。
今は亡きイギリスのCacophonous Recordsからリリースされた。

Gehenna2.jpg

サブタイトルにThe 3rd Spellと名付けられたこの作品は
初期ノルウェイジャンブラックの雄、GehennaのEP、1stと続いての3部作になっているが、
驚きのメジャーブラック化を遂げている。

EP、1stが好きな人にはあのイモ臭さ、アンダーグラウンドさがどこへいってしまったのかと
やや失望することになったアルバムではあるが、
改めて聞いてみるとDimmu Borgerと同じアプローチであることが解る。

こういうアルバムはブラックメタルとしてどうか?ではなくて、
こういうアルバムとしてどうかと思って聞くと結構聞けるものである。
アンダーグラウンドじゃないから駄目、というのも器量の狭い話なのかもしれない。

Encyclopaedia Metallum - Gehenna
タグ: Gehenna  Norway  1996-2000 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Tormenting Legends II : V/A (2006) 

ドイツのブラックメタルレーベルの所属アーティストサンプラーコンピを紹介。
ドイツのBlut & EisenWorld Terror Committeからリリースされた。

Tormenting_LegendII.jpg

15バンドによる計15曲のサンプラーコンピで参加バンドが豪華。
ドイツのレーベルから出ているがドイツのバンド以外も当然参加しており、
楽曲の趣向の様々であり、聞いていて楽しいコンピレーションだ。

特にNasheim、Klage、Sarathあたりの楽曲は素晴らしい。
アグレッシブな魅力ではEternity、Lurorあたりもレベルが高い・

Sarathはその後、Terratur Possessionsに移籍してフルレングスを出したが、
このコンピの収録曲の方が素晴らしかったと思う。
Klageは是非音源が欲しいと思った逸材だ。
いずれにしてもサンプラーコンピとしては素晴らしいV/A盤だと思う。
タグ: Nasheim  Klage  Sarath  Eternity  Luror  Germany  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Like An Ever Flowing Stream : Dismember (1991) 

スウェーデンはストックホルムのデスメタルバンド、Dismemberの1stアルバムを紹介。
Nuclear Blast Americaからリリースされ、ボーナストラックが追加された再発盤も出ている。

Like An Ever Flowing StreamLike An Ever Flowing Stream
(1992/01/28)
Dismember

商品詳細を見る


Entombedよりフルレングスでのデビューが1年遅れたために、
当時こそ真似と言われたアルバムだったが、名誉も回復し、
Entombedと共にスウェディッシュデスの最高峰と崇められており、
そんな彼らのアルバムの中でも一番スウェディッシュデスらしいアルバムだ。

スラッシュメタルの疾走感を継承しつつ、彼らだとすぐに解るギターリフが何とも心地よい。
何を足すわけでも引くわけでもなくこれこそがスウェディッシュデス!

当時物議を醸したSkin Her Aliveの歌詞だが、
これで物議を醸したところを鑑みると、いかに当時彼らに勢いがあったか解る。

昨年解散したことが惜しまれる。

Encyclopaedia Metallum - Dismember
タグ: Dismember  Sweden  個人的良盤  1991-1995 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

As A Song In The Harvest Of Grief : Forest (1999) 

ロシアのブラックメタル/NSBMバンド、Forestの4thアルバムを紹介。
自主リリース後、何度かリイシューされており、
現在出回っているのはロシアのStellar Winter Recordsから2008年に再発されたもの。

forest4.jpg

BranikaldKaldrad氏の別バンド。
基本的にはBranikaldと同じアプローチのサウンドで、
BBH系のノイジーでサウンドプロダクションも明確に粗くした荒涼感の高いブラックである。

ではどうして別バンドでやっているのかというと、
こちらの方がややインストにオリジナリティを持たせている。
バンド名の通り、若干の自然崇拝的なアトモスフェリックなものがプラスされている。

そのためかBranikaldの音源と比べると
若干、音が澄んでいるのも特徴的ではなかろうか。
とりあえずBBH系のサウンドが好きな人なら是非だし、
その中では聞きやすいサウンドだと思われる。

アルバムの元題は『Песнью В Жатве Горя』。

Encyclopaedia Metallum - Forest
タグ: Forest  BBH  Branikald  1996-2000 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

In My Tears : Kanashimi (2010) 

日本のディプレッシブブラックメタルバンド、KanashimiのEP盤を紹介。
East Chaos Records(ZDR)からlmd.500でリリースされた。

kanashimi_ep.jpg

陰鬱なメロディが耳を惹くディプレッシブなサウンド。
ブラックメタルの要素はほとんどないという意味で、
近年話題になったシューゲイザーブラックにも近いものを感じるし、
一方でフューネラルドゥームのような要素も併せ持っている。

聞いていてしんどくなるほどの切なさがこみ上げてくるということで、
このアルバムの目的は十分果たせていると感じる。
好きな人にはたまらないのではなかろうか。

2ndフルはいつ出るのでしょうか。

Encyclopaedia Metallum - Kanashimi
タグ: Kanashimi  Japan  2006-2010 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Duch 300 Z Rany : Barbarous Pomerania (2009) 

ポーランドのペイガンブラックメタルバンド、Barbarous Pomeraniaの2ndアルバムを紹介。
ロシアのYar' Productionsからlmd.1000でリリースされた。

Barbarous_Pomerania2.jpg

Gontyna Kryのメンバーが在籍しているバンド。
同郷のGravelandフォロワーもフォロワーで、
当然かのように武装コスプレもやっちゃっている。

というわけで中期以降のGravelandに近い曲進行。
あまり展開の無い楽曲に寒々しいキーボードのメロディが絡む。
どことなく哀愁の感じる楽曲ばかりで勇壮なペイガニズムというより、
スラブ民族の栄枯盛衰をテーマにしているかのようだ。

まあこれはあまり面白いアルバムとは言い難いですね。
スラブ民族武装コスプレ好きの方におすすめ。

Encyclopaedia Metallum - Barbarous Pomerania
タグ: Barbarous_Pomerania  Graveland  Gontyna_Kry  Poland  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Wurmer Zu Weinen : Todesstoss (2008) 

ドイツのアヴァンギャルドブラックメタルバンド、Todesstossの2ndアルバムを紹介。
ドイツのEisenwald Tonschmiedeからリリースされた。限定版はlmd.300。

Wurmer Zu WeinenWurmer Zu Weinen
(2010/09/27)
Todesstoss

商品詳細を見る


ポストブラックに少しはまったときに、何を隠そうジャケ買いしたもので、
御覧の通り非常に屈折した世界観を前衛的に描いているジャケット。
そしてアルバムの内容自体もひじょーーーーに屈折しているディプレッシブなサウンド。

邪悪さは皆無で、ひたすら不吉な旋律をバックに、
キチガイ寸前のヴォーカルがわめく感じで楽曲は進行していく。
これも一つの前衛アートなんだろう。
というかこのバンドのリーダーは元々そっち系のアーティストらしい。

この説明書きで興味を覚えたら手にしたらいいと思うし、
眉を顰めた人は間違いなく買ってはならない。

Encyclopaedia Metallum - Todesstoss
タグ: Todesstoss  Germany  2006-2010 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top