Zavjet Dalekom Snu : Odar (2008) 

ボスニア・ヘルツェゴビナのブラックメタルバンド、Odarの1stアルバムを紹介。
オリジナルはテープでWalkから、紹介するCD盤はSonic Templeからリリースされた。

Odar.jpg

旧ユーゴ系のメタルバンドはまだまだ知識が薄いのだが、
ドイツのペイガンブラックのOdalと名前が似ていて損をしているバンド。
確かにOdalには及ばないにしてもこちらも悪くない。

地味さこそあれど、なかなかに扇情的なメロディも飛び出したり、
アグレッシブにはしりだすパートも魅力的で、
なかなかの佳作なように思われる。

この場合、やはりOdalの存在感がでかすぎたのが辛かったかな。
よく安く転がっているので余裕がある人は買ってみてはいかがだろうか。

Encyclopaedia Metallum - Odar
タグ: Odar  Odal  Bosnia_and_Herzegovina  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Butterfly Effect : Moonspell (1999) 

ポルトガルのゴシックメタルバンド、Moonspellの4thアルバムを紹介。

Butterfly EffectButterfly Effect
(1999/11/02)
Moonspell

商品詳細を見る



3rd
に引き続きインダストリアルの要素の強いゴシックメタルをプレイ。
前作より少し音がへヴィになったのが特徴で、より先進的なサウンドになった印象。
かなり真っ当で素晴らしい進化を遂げたと言える。

インダストリアル要素が強いと言っても安易なモダン化になっておらず、
怪しさ、不気味さ、そして何処となく感じるエロさなど、
ゴシックなサウンドというものをうまく合わせてきている。

Fernando Ribeiroのヴォーカルが説得力を持っており、
バンド全体の実力も高い。良盤だ。
この後の音源に手を出していないが、もうすぐ出る新譜は果たしてどうか楽しみ。

Encyclopaedia Metallum - Moonspell
タグ: Moonspell  Portugal  1996-2000 
Gothic/Doom  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Into The Cunt Of Chaos : Satan's Almighty Penis (2004) 

アメリカはアイオワのブラックメタルバンド、Satan's Almighty Penisの1stアルバムを紹介。
この音源は自主リリース。

Satans_Almighty_Penis1.jpg

「バンド名はジョークでなければ意味もない。
とにかく突飛でもない名前で記憶して音源を聞いてもらえば、
完璧に自分たちのサウンドを理解してくれると思っている」

これがバンドからの声明であり、アルバム名もそれに準じていると思う。
さて内容は非常に露骨にカオスでエクスペリメンタルなブラックメタルだ。
かなり耳を惹くメロディも持っていたりアグレッシブなパートは派手に。

プログレ的な展開の変わりようではなくてカオス感をよく表現できている。
楽曲によっては北欧BMに近いエッセンスも感じ聴きやすい。
個人的にはなかなか好きな一枚です。

Encyclopaedia Metallum - Satan's Almighty Penis
タグ: Satan's_Almighty_Penis  USA  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

World Wide War : Slaughtered Priest (2009) 

ギリシャのブラック/スラッシュメタルバンド、Slaughterd Priestの2ndアルバムを紹介
ポーランドのTime Before Time Records(closedらしい)からリリースされた。

Slaughtered_Priest2.jpg

SadUngodが参加しているブラック/スラッシュメタルバンド。
元々1stではもう少しBlack/Thrashの様相が強かった彼らだが、
この2ndではヴォーカルスタイル以外は完全にスラッシュメタルなアルバムである。

かなりoldな曲進行で、バンド名にもあるCanadaのSlaughterなどの影響を感じる。
他にMassacreといったデスメタルの先駆け的なスラッシュにも近い。
しかしUnholyな雰囲気を取り入れており、そういう意味ではSarcófagoとか。

いずれにしても根幹のスラッシュの成分はかなり強く、
演奏面が崩壊しているわけでもないため結構まっとうなスラッシュとして聞ける。

ちなみにUngodMetal Throne Productionsのオーナーで、
ここではイランやシリアなどの中東のブラックメタルをリリースしているのも蛇足として追記。

Encyclopaedia Metallum - Slaughterd Priest
タグ: Slaughterd_Priest  Greece  2006-2010 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Idu Na Wy! : Dub Buk (2002) 

ウクライナのペイガンブラックメタルバンド、Dub Bukの1stアルバムを紹介。

Dub_buk1.jpg

ウークライーニ↑ \スラーヴァー/
の掛け声で有名な#2などスラヴ民族の誇りと哀愁を高らかに歌った楽曲がずらり。
非常にエピックな展開ながら、どことなく哀愁も感じる素晴らしいペイガニズム。

非常にアグレッシブな演奏で、ドラミングも激しく、
それでいて最高にメロっているキーボードが華を添え、
ヴァイキングメタルとは少々異なるアプローチでエピックを表現。
ヴォーカルのスタイルも見事、楽曲とマッチしている。

ペイガンブラックの名盤であり、シンフォニックなブラックとしても名盤。
一家に一枚とはこのこと!
オリジナルをリリースしたEastsideは昨年もlmd.500でリイシュー盤をリリース。
まだ方々で売っているので持っていない人は早めに買いましょう。
Eastsideでも今のところ€9で売ってます。

Encyclopaedia Metallum - Dub Buk
タグ: Dub_Buk  Ukraine  個人的名盤  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Grudzien Za Grudniem : Furia (2009) 

ポーランドのブラックメタルバンド、Furiaの2ndアルバムを紹介。
ポーランドのPagan Recordsからリリースされた。

furia2.jpg

ポーランドのブラックメタルシーンは結構多岐に渡っており、
面白いシーンになっていると思うが地味でミサントロピックで作品も結構ある。
しかし、このバンドはそのようなイメージとは少々異なり、
非常にメロディに優れておりジャーマンブラックにも近いサウンドを持っている。

さらにこのアルバムはプログレッシブやポストロックの要素も多く取り入れ、
実直でメロディックなパートと複雑な展開が巡り巡ってきて、
非常に説得力があって面白いサウンドになっている。

但し優れたメロディに聞き入っていてもその展開の変わりように、
ふと我にかえってしまうということもあり一長一短。
そのあたりは聴く人を選ぶだろう。

Encyclopaedia Metallum - Furia
タグ: Furia  Poland  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top

Satanic Black Devotion : Sargeist (2003) 

フィンランドのブラックメタルバンド、Sargeistの1stアルバムを紹介。
アメリカのMoribund Recordsよりリリースされた。

Satanic Black DevotionSatanic Black Devotion
(2003/07/22)
Sargeist

商品詳細を見る


バンドメンバーがBehexen、Drowning the Light、Horna関係で、
いわゆる00年代のフィンランドブラックの人脈そのものであり、
サウンドもそれに倣ってまさしくそういう感じ。

この頃のフィンランドブラックは凄く良いメロディを持っており、
ブラックメタルとしての邪悪さもよくよく伝わってくるし、
クオリティの高さは誰しも認めるものの、
人脈的にシャッフルユニット的なバンドが多いためか、
どのアルバムも耳触りはいいのに飽きやすい印象がある。

このアルバムも聞いてみると凄く良いのだがそんな感じ。
Satanic Warmasterも自分はあんましっくり来ないし、
好みの問題なのかもしれないけれどもね。

Encyclopaedia Metallum - Sargeist
タグ: Sargeist  Finland  Horna  Behexen  Drowning_the_Light  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Peace Sells ... But Who's Buying? : Megadeth (1986) 

アメリカのインテレクチュアル・スラッシュメタルバンド、Megadethの2ndアルバムを紹介。

Peace Sells But Who's BuyingPeace Sells But Who's Buying
(2004/07/27)
Megadeth

商品詳細を見る


平和売ってます!けど誰か買ってんの?という皮肉なメッセージを掲げて、
インテレクチュアルスラッシュらしい冷静で切れ味のあるスラッシュを展開。

1stより初期衝動感は減退したものの、この作品でメジャーデビューしただけに、
全体的なクオリティは向上したように思う。
ラトルヘッド登場のジャケットも見事。

Megadethのスラッシュアルバムはこの作品が最後かな。

Encyclopaedia Metallum - Megadeth
タグ: Megadeth  USA  1986-1990 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Servants Of Darkness : Nifelheim (2000) 

スウェーデンのブラックメタルバンド、Nifelheimの3rdアルバムを紹介。

Servants of DarknessServants of Darkness
(2009/11/30)
Nifelheim

商品詳細を見る


これは強力なアルバムっ、熱い熱い熱い!
徹頭徹尾、変わらずVenom、Bathory、Sodomをベースにしたブラッケンスラッシュだが、
彼らの素晴らしいところはトレースではなくしっかり肉付けしているところにある。

昨今のメタルパンクにも見られるような初期衝動をたっぷり感じる。
北欧ブラックとは一線をかき、芯のあるブレないそのスタイルのカッコよさに、
敬服せざるをえない強力な一枚である。

リリース元だったBlack Sun Recordsが潰れてしまい、
しばらく見ない一枚だったが近年再発が相次ぎ、
上記リンクは2009年にCandlelightで再発されたもの。
良いものはしっかりと残るものなのである。

Encyclopaedia Metallum - Nifelheim
タグ: Nifelheim  Sweden  個人的良盤  1996-2000 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Rockin' Underground : Hell Darkness (2010) 

イスラエルのブラックメタル/メタルパンクバンド、Hell Darknessの1stアルバムを紹介。
チェコのDoomentia Recordsからリリースされた。

Hell_Darkness1.jpg

ジャケットに描かれた男の姿を見ると非常にパンキッシュで、
サウンドを聴けばその通り非常にハードコアパンクの影響を強く感じるサウンドである。
さらに言えばMotorheadの子供たちが、
ジャンルを隔ててもう一度出会ったような・・・まさしくメタルパンクというやつだ。

Darkthrone15thアルバムに作風としては近い。
こういうロックンロールの初期衝動のようなサウンドに戻ってくるバンドたちと出会うことで、
自分たちがこの手のジャンルに本来求めていたものを思い出させてくれる。

まだまだ自分自身がメタルパンクに疎いため手探りだが
日本にかなり強力なバンドがたくさんいるようでそちらの出会いにもワクワクしている。

Encyclopaedia Metallum - Hell Darkness
タグ: Hell_Darkness  Israel  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Dances of Death : Mekong Delta (1990) 

ドイツのプログレッシブスラッシュメタルバンド、Mekong Deltaの4thアルバムを紹介。

Dances of DeathDances of Death
(2003/01/01)
Mekong Delta

商品詳細を見る


彼らの作品の中でも最も実験的なものだと思われる内容。
1曲目のDances Of Deathは19分超から成り立っており、
その構成は明らかにクラシックを意識した作り。
変拍子を織り交ぜながら様々なアイディアが詰め込まれている。

この音源を聴くとスラッシュメタルの可能性が無限大に広がってくるように感じるし、
同時にそのような広がりがスラッシュメタルらしさを失わせていくことも理解する。

この二律背反ごと一つの作品としてしまったような、
Mekong Deltaというジャンルを宣言しているこの作品は、
彼らの自己表現におけるクライマックスのようにすら感じる。

ちなみに私が持っているのはここまで。
来月、新譜が出るとのことで感服。

Encyclopaedia Metallum - Mekong Delta
タグ: Mekong_Delta  Germany  1986-1990 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Distances Of Cold : Ordo Templi Orientis (2010) 

ベラルーシのディプレッシブ/ポストブラックメタルバンド、Ordo Templi Orientisの3rdアルバムを紹介。

OTO3.jpg

ジャケットの物憂げな女性と、自然のぬくもりを同時に感じるジャケットは、
そう、あのAlcestの1stあたりを思い浮かべるものの、
ところがどっこい、このアルバムの内容は希望を感じるサウンドではなく、
いわゆるディプレッシブブラックメタルを基調にしたエクストリームサウンドだ。

他にノイズとかダークアンビエント、ポストロックにシューゲイザー、
色んなところからアイディアを持ち寄っているように感じるものの、
それらは全てパッチワーク的な集合体であり、
一つの作品としての一貫性に欠けているようにも思える。

そういう意味合いでのカオス感を味わうならお勧めの作品だが、
この手のジャンルにはもう少しストレートさを求めたい自分にはあまり合わなかった。

Encyclopaedia Metallum - Ordo Templi Orientis
タグ: Ordo_Templi_Orientis  Belarus  2006-2010 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Insantification : In Memorian (1996) 

ブラジルのサタニックデスメタルバンド、In Memorianの1stアルバムを紹介。

In_Memorian1.jpg

紹介する人によってはブラック/デスと紹介されることもあるようだが、
ボーカルのグロウルっぷりとか、オールドスクールデス的な曲進行が耳をひくし、
あくまでデスメタルとして評価するのが真っ当だと思われる。

というわけで南米らしい治安の悪いサウンドを売りにしているわけでもない、
非常にオールドスクールなデスメタルをプレイしている。
ただしこのバンドならではの特長はあまりない。
デスとしてはキーボードワークが耳新しいがそれならブラック聴けばいい感も。

なおロゴはChristophe Szpajdelによるもの。
氏はBehexen、Wolves in the Throne Roomなど数々のロゴを作成している。

Encyclopaedia Metallum - In Memorian
タグ: In_Memorian  Brazil  1996-2000 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

I : Svartrit (2010) 

スウェーデンのブラックメタルバンド、Svartritの1stアルバムを紹介。
Mystery of Death ProductionsからLmd.500でリリースされた。
昨年にはBubonic Produtionからテープ音源でもLmd.100でリリースされている。

svartrit1.jpg

これでもか!これでもか!とばりにメロディの嵐が襲いかかるアルバム。
非常にアグレッシブでありながらプリミティブなブラックメタルらしさを失っておらず、
それでいて煽情的なメロイックさを豊富に孕んでいるリフが素晴らしい。

いわゆるメロディックブラックメタルに属すると思うが、
同郷のDissectionとは方向性が異なるように感じる。
サウンドプロダクションも良好でリズム隊の音が良く聞こえてくる。

聴く状況によっては胸焼けをおこしそうになるほどのメロディ満載なので、
人によってはやり過ぎと感じるかもしれないが、
この手の界隈において、ここ最近では抜けている存在感を示した快作。

Encyclopaedia Metallum - Svartrit
タグ: Svartrit  Sweden  個人的良盤  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

Tym co rodzimej tradycji wciąż wierni : Światogor (2005) 

ポーランドのペイガンブラックメタルバンド、Światogorの2ndアルバムを紹介。
自主製作で500枚限定のリリース。

swiatogor2.jpg

閉店セール中のディストロで€2.1で購入したもので詳細は不明。
TemnozorNokturnal Mortumファンにオススメとのことだったが、
確かにキーボードを基調にして民族調のメロディを存分に取り入れたペイガンブラック。

ただしそれらに比べると幾分地味な展開で押し通しており、
そのような印象はギターの存在感の無さがかなり助長しているように思われる。
ヴォーカルもちょっとコーラスっぽすぎて後ろにいすぎなんだな。

しかし、たまにハッとするような素晴らしい旋律が飛び出すので侮れないアルバム。

Encyclopaedia Metallum - Światogor
タグ: Światogor  Poland  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Hemiplegia : Jurassic Jade (2006) 

日本は東京のスラッシュメタルバンド、Jurassic JadeのMCDを紹介。

HEMIPLEGIAHEMIPLEGIA
(2006/11/23)
JURASSIC JADE

商品詳細を見る


1985年に結成し、今の今まで日本のスラッシュメタルシーンに君臨してきた。
先日、2012年TTFでの素晴らしいパフォーマンスも記憶に新しい。

何と言っても女性ヴォーカルのHIZUMIの存在は非常に大きく、
切れのあるリフに不思議な世界観を加えることで唯一無比の楽曲に仕上がっている。
ここまで怪しげに艶やかなスラッシュメタルが今まであったであろうか?

このミニアルバムは臨場感にあふれていて、
もちろんスタジオアルバムなのだがライブに通ずる熱さを感じる。
ミニアルバムながら物足りなさを感じない素晴らしい作品。

DSC_0145.jpg
2012/TTFでのHIZUMI姐さん


Encyclopaedia Metallum - Jurassic Jade
タグ: Jurassic_Jade  Japan  2006-2010 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Nokturn : Profundis (2006) 

ポーランドのブラックメタルバンド、Profundisのデモ音源を紹介。
今回紹介するのは2006年にDiachell MusikからリイシューされたCD盤。(ボートラ追加)

Profundis.jpg

正体不明のまま、何となく惹かれてユ○オンで500円で拾ったもの。
この音源しかリリースしていないらしく、詳細は不明なのだが、
どうやらBlasphemy Ritesのメンバーなどが絡んでいるようだ。

このUnknownさがどう振れるか不安がほとんどだったが、
思ったより随分とまともでサウンドプロダクションも良好な上質のブラックメタル。

演奏もタイトだし、時にドラマティックに、時にアグレッシブに引き締まった楽曲。
期待値の低さも功を奏して結構楽しめるアルバムだった。
というか、メンバーがかなり"こなれて"いる集まりなのではなかろうか。

このデモ以降は音源が出ていないので残念。

Encyclopaedia Metallum - Profundis
タグ: Profundis  Poland  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Funeral Album : Sentenced (2005) 

フィンランドのノーザンメランコリックメタルバンド、Sentencedの8thアルバムを紹介。

The Funeral AlbumThe Funeral Album
(2005/05/17)
Sentenced

商品詳細を見る


7thアルバムでノーザンメランコリックメタルを極めた彼らの"遺作"。
あの路線にて内容を上回ることができないと判断したためか、
同じようなベクトルを感じつつも妙にアップテンポで明るい楽曲が目立つ。

7thの延長線を期待してしまうと少々拍子抜けしてしまうが、
明確なメンバーの意図を感じてしまうのだからこのバンドの"勝ち"である。

まあアルバム単体としては前作の方がずっと良い内容だと思う。
しかしこれは引き際を悟った内容であることを考えると
そのコンセプトを十分満たしているサウンドである。

Encyclopaedia Metallum - Sentenced
タグ: Sentenced  Finland  2001-2005 
Gothic/Doom  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

In Darkness I Reign : Cainan Dawn (2007) 

フランスのブラックメタルバンド、Caïnan DawnのデモCDを紹介。
Eisiger Mond Productionsリリース。

CxDx_demo.jpg

Malhkebreの元メンバーが関わっているフレンチブラック。
メンバーは二人で、ドラムはマシンを利用していると思われる。

昨年リリースされた1stアルバムではNehëmahの元メンバーが参加しており、
このデモアルバムでは参加していないもののNehëmahのサウンドを想起させる内容。

違いとしてはマシンドラムを利用している分、無機質さがかなり強い。
ブラックメタルとしては上質だけれども、オリジナリティは薄く無難な音という感じ。
まだ1stアルバムは聞いていないが多分Nehëmahっぽいのでは。

Encyclopaedia Metallum - Caïnan Dawn
タグ: Cainan_Dawn  France  Nehëmah  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

1 Litre Of Blood : Ungern (2006) 

ウクライナのNSBM/アンチコマーシャリズムブラックメタルバンド、Ungernの1stアルバムを紹介。

ungern.jpg

Stuza Productionからlm.500でリリースされたテープ音源で、
今回紹介するのは2007年にBattlelord Productionsからlm.1000で再発されたCD音源。

メンバーはDub BukI.Z.V.E.R.G.
こちらではDer Trommler名義だが、Dub Buk関連ということで大きな期待で購入したものの、
想定していた内容とは大きく異なり派手にずっこけた作品。

曲進行は調理次第でそこそこカッコよくもなりそうだが、
何とも地味なサウンドプロダクションでヘイトフルなサウンドだ。
これがアンチコマーシャリズムなんだろうけど何とも勿体ない。
まあ本人たちからしたら思想を表現する場であり称賛される音楽を作るつもりもないのかな。

Encyclopaedia Metallum - Ungern
タグ: Ungern  Dub_Buk  Ukraine  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Dark Ride : Helloween (2000) 

ジャーマンメタルバンド、Helloweenの9thアルバムを紹介。

ダーク・ライドダーク・ライド
(2000/10/21)
ハロウィン

商品詳細を見る


8th"Better Than Raw"で新旧スタイルの融合を成功させた彼らだが、
この作品でまたもや北米進出を狙うやいなやお家芸の内紛が勃発。

しかし腐りかけはうまいとはよく言ったもので、
ダークでへヴィな作風と、内側でのドロドロ感が程良くマッチしたのか、
意外や意外、結構聞きごたえのある一枚となった。

買った当初は期待していた作風でなかったためあまり聞かなかったが、
後から見なおしたアルバムである。

Encyclopaedia Metallum - Helloween
タグ: Helloween  Germany  1996-2000 
Power/Speed  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Teutsch-Helvetischer Kampfbund : V/A (2005) 

ドイツの今は亡きNSBMレーベル、F.P.T.からリリースされたスプリット盤を紹介。
オリジナルはカセットリリースだったが、こちらはNS PropagandaリリースのCD再発盤。

split_E_H.jpg

スイスのEisenwinterと、ドイツのHolocaustusのスプリット盤。

前者は青春ブラックパンクと言われるような、こう清々しくもノイジーで、
それでいて哀愁も漂っている、まさしく青春パンクというようなサウンド。
NSBMという強烈な思想も相まって何とも言えない独特な世界観を構築しており、
恐らく好き嫌いは分かれるかとは思うが面白い音であることは間違いない。

問題は後者で悪名名高きHolocaustusの名に背かない作風。
劣悪なオンボロブラックでジャギジャギのぐしゃぐしゃ。
とにかく楽曲が面白くなく、残念なNSBM。

海外のディストロなど結構安値で転がっていることが多いスプリット盤なので、
興味がある人は拾いあげても良いかもしれない。

Encyclopaedia Metallum - Eisenwinter
Encyclopaedia Metallum - Holocaustus
タグ: Eisenwinter  Holocaustus  Switzerland  Germany  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

s/t : Consciousness Removal Project (2008) 

フィンランドのポスト/プログレッシブ/スラッジメタルのConsciousness Removal Projectの1stアルバムを紹介。

CRP.jpg

Antti Loponenのワンマンバンド。
ヴォーカルも楽器の一部のような浮遊感のあるサウンド。
アンビエントとスラッジメタルがまぐわったような印象を持つ。

ISISなどが好きな人にはおすすめ。

何しろフリー音源なので!
Bandcampのフリー音源は捜したらきりがないが、
これはなかなかのクオリティなので安心してダウンロードしましょう。

Encyclopaedia Metallum - Consciousness Removal Project
タグ: Consciousness_Removal_Project  Finland  2006-2010 
Progressive  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Asgard Mysteries : Lascowiec (2008) 

アメリカのブラックメタルバンド、Lascowiecの初期音源を含むコンピ盤を紹介。

Lascowiec.jpg

どっからどう聴いてもBranikaldだ!と思うようなロシアンブラック臭。
いわゆるBlazeBirth Hallサウンドであるが、アメリカ産であることに驚き。
非常に寒々しく空間的で荒涼としたサウンドが存分に味わえる。

BBH好きなら文句なしで楽しめる内容。
というか1曲1曲の尺が短いBranikaldという感覚。

彼らの最新の音源はテープしかリリースしていないためグヌヌヌヌ...。

Encyclopaedia Metallum - Lascowiec
タグ: Lascowiec  Branikald  USA  2006-2010   
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Temple Of Damnation : Bestial Holocaust (2009) 

ボリビアのスラッシュメタルバンド、Bestial Holocaustの2ndアルバムを紹介。

Temple_of_Damnation.jpg

女性ヴォーカル、Sonia Sepulcral率いる邪悪なスラッシュメタルが本作も炸裂。
女性Vo.だからといって色物ではなく、聴いてみればわかる邪悪さ。
しかも女性ならではのヴォーカルにもなっていてとにかくかっこいい

もちろん楽曲だけでなく、サウンドがとにかくかっこいい。
ブラックスラッシュに限りなく近い、でもサタニックなスラッシュメタル。
曲進行が昔ながらのスラッシュリスペクトな内容なので、
とりあえう感覚的な話だがとにかくこれはスラッシュメタル!

来日を祈って今日も祈祷する。

Encyclopaedia Metallum - Bestial Holocaust
タグ: Bestial_Holocaust  Bolivia  個人的良盤  2006-2010 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Great World Of Satan : Legion Of Sadism (2006) 

ドイツのブラックメタルバンド、Legion Of Sadismの4thアルバムを紹介。

legion-of-sadism.jpg

Christhunt Productions

1992年から活動していたかなり古参なブラックメタルバンドであるが、
このアルバムを聞いてみてわかる通りの微妙なバンドである。

曲が非常に単調で面白味のない展開。
それでいてジャーマンブラックらしい実直さもあまり感じない。
このアルバムを最後に解散してしまったのも頷ける。

Encyclopaedia Metallum - Legion Of Sadism
タグ: Legion_Of_Sadism  Germany  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Diabolical Fullmoon Mysticism : Immortal (1992) 

ノルウェーのブラックメタルレジェンド、Immortalの1stアルバムを紹介。

Diabolical Fullmoon MysticismDiabolical Fullmoon Mysticism
(2006/03/21)
Immortal

商品詳細を見る


ブリザードブラックメタルとも称された彼らの1stである。
この作品ではそのような寒々しい雰囲気は感じない。
ジャケットで火を吹いているせいもあるかもしれないが(ガソリンおいしくないです)、
何よりそこまで疾走しない楽曲がそう思わせているのだろう。

しかし初期の北欧プリミティブブラックとしてのロウなサウンドと、
そして散りばめられたセンスあるアコースティックな響きが絶妙にマッチし、
素晴らしい邪悪さを醸し出している。

完成度こそ2ndが勝るものの、こちらも初期ブラックメタルの良盤。
こちらも是非聴くべき!

Encyclopaedia Metallum - Immortal
タグ: Immortal  Norway  1991-1995 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top