自我と煩悩 : 屍 (2000) 

日本のダークなファストコアバンド、屍のMCDを紹介。

shikabane.jpg

1stアルバムではもう少しファストコアらしいファストコアだったらしいが(未聴)、
このアルバムでは板倉氏(vo.)の持つネガティブな世界観が爆発して作風が変わっている。

歌詞を読むだけでもその内に向いた怒りに圧倒される。
そしてそれを肉付けしたような強烈な演奏、そしてヴォーカル。
あまりにも「説得力」があり、もう聴くべき!としか言えない。

下手なブラックメタルよりよっぽどそれらしいというか、
少なくともブラックメタルを愛聴している人なら是非聞くべき作品。
個人的には次の2ndの方が好きだが、こちらも必聴盤。

2011年12月、大阪の"抹殺"で生で見たけどめちゃくちゃ良かった。
その日のどのバンドの感想も無くなってしまうほど素晴らしかった。
そしてこのMCD(と3rd)はバンドメンバーの人から買わせてもらった。
そういう意味でもこのMCDは非常に記憶に残る一枚。

Myspace - 屍
タグ:   Japan  1996-2000  個人的良盤 
Grind Core/Gore  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Volkermord : Ad Arma (2009) 

ドイツのブラックメタルバンド、Ad ArmaのEP盤(MCD)を紹介。

ad_arma.jpg

Dunkelheit Produktionen release

Gehennaの2nd収録曲を思わせるバンド名だが、
内容としてはコールドなプリミティブブラックであり、
音作りなどAryan BloodなどのNSBMにも通ずるように感じる。

しかし思想的なバックグラウンドにNSBMらしさを感じるかというとちょっと解らない。
WWIIの祖国ドイツの軍隊について歌っているようではある。
音作り的にはスターリングラードでの過酷な環境での敗戦を想起させる。

まだフルレングスのリリースはないが、今後の活動にも注目したい。

Encyclopaedia Metallum - Ad Arma
タグ: Ad_Arma  Dunkelheit_Produktionen  German  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Vengeance War Till Death : Bestial Warlust (1994) 

オーストラリアのウォーブラックレジェンド、Bestial Warlustの1stアルバムを紹介。

Vengeance War 'till DeathVengeance War 'till Death
(2006/04/04)
Bestial Warlust

商品詳細を見る


ウォーブラックゴッド、Blasphemyの影響を大きく受け、
オセアニアから出てきたとんでもないウォーブラックバンドが彼ら。

いわゆるブラック/デスメタルと呼ばれるスタイルで、
凡庸なバンドも多い中で暴虐性と突進力、そして邪悪なサウンドは、
まさにウォーブラックレジェンドと呼ぶに足る強烈なアルバム。

この手のジャンルに興味があるなら必携。

Encyclopaedia Metallum - Bestial Warlust
タグ: Bestial_Warlust  Blasphemy  Australia  個人的良盤  1991-1995 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Monolith : In Mourning (2010) 

スウェーデンのプログレッシブメロディックデスメタルバンド、In Mourningの2ndアルバムを紹介。

MonolithMonolith
(2010/02/02)
In Mourning

商品詳細を見る


同郷のOpethからの影響が大きいと言われるバンド。
確かに技巧的でプログレ思考なリズム陣などそう感じなくもないが、
そこまでプログレッシブな雰囲気を感じず、
むしろメランコリックなゴシックメタルというように感じた。

そのメランコリックさとか、見え隠れするモダンヘヴィネスへのアプローチなど、
何となくあざとさを感じてしまうためのとオリジナリティにかける気も。

Barren Earthが好きな人などは美味しく頂けるとは思うが、
こういうジャンルに精通している人は食傷気味になるかもしれない。

Encyclopaedia Metallum - In Mourning
タグ: In_Mourning  Sweden  Opeth  Barren_Earth  2006-2010 
Progressive  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Nuclear Vaticano : Morbid Goat Fornicator (2010) 

チリのブラックデス/ウォーブラックメタルバンド、Morbid Goat Fornicatorのコンピ盤を紹介。

268683.jpg

Infernal Orgy With The Virgin (Demo 2004)
Nuclear Vaticano (Demo 2008)
のコンピレーション盤。

VONBlasphemyのカバーも収録されていることから解る通り、
ミニマルなリフを基調にロウでノイジーなギターがジャギジャギと鳴るウォーブラック。
サウンドプロダクションも演奏も非常にポンコツでその手のリスナーには訴えるものがあるはず。

デモの寄せ集めであるせいもあり、全14曲中、イントロが4曲も入っているという愛敬も。
北欧ブラックを愛するブラックメタルリスナーにはゴミ盤の可能性もあるので要注意。

Encyclopaedia Metallum - Morbid Goat Fornicator
タグ: Morbid_Goat_Fornicator  Chili  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

In Hoc Signo Vinces : Angst (2005) 

スウェーデンのブラックメタルバンド、Angstの1stアルバムを紹介。

In Hoc Signo VincesIn Hoc Signo Vinces
()
Angst

商品詳細を見る


スウェーデンのブラックメタルの先輩である、
Mardukのブラストブラックや、Dark FuneralNaglfarなどの曲展開など、
類似性が多くみられるスウェーデンらしいブラックメタルを展開。

しかしながらオリジナリティを全く感じず、
アイデンテイティにかけるために曲の印象が残らない。
サウンドプロダクションもなかなか良好であるが一方で暴虐性、神秘性に欠ける。

決して悪い作品ではないのだが、ブラックメタルとしての存在感はあまりない。

Encyclopaedia Metallum - Angst
タグ: Angst  Sweden  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top