The Last Supper : Belphegor (1995) 

オーストリアのブラックメタルバンド、Belphegorの1stアルバムを紹介。

Last Supper/BlutsabbathLast Supper/Blutsabbath
(2005/08/09)
Belphegor

商品詳細を見る


本来のジャケットは非常に悪趣味なので当時発禁された曰くつき。
今ではオリジナルのジャケットでも再発されていたはず。
いずれにしても最後の晩餐に何してんの!という内容。

デスメタルの初期衝動にも近い所謂デスブラックメタルを展開。
一歩間違えたらデスメタルとも思えるのだが、
満ち満ちた背徳感があくまでブラックであることを示している。

彼らの最近の作品も手堅くまとまった良盤なのだが、
この初期衝動の塊のようなサウンドがやはり彼らの魅力。
そして何より敬愛するSodomのOutbreak of Evilのカバーが!
こちらも非常に攻撃的で是非聞いてほしい内容。

Encyclopaedia Metallum - Belphegor
タグ: Belphegor  Austria  1991-1995 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Strage Cannibale : Carnivorous Vagina (2008) 

イタリアのゴアグラインドバンド、Carnivorous Vaginaの3thアルバムを紹介。

cv.jpg

イタリアといえば・・・
モンド・ゴア映画だ!世界残酷物語だ!食人族だ!
という人にお勧めのマシーンゴアグラインド。

ゴア映画のサンプリングとプログラミングされた演奏、
エフェクターばっちりのゴボゴボガテラルヴォイス。
悪趣味の塊でありそれを理解できなければ聞かない方が良い一枚。

にしてもイタリアってなんでこういうのを増産できる国なんだろうか。
こういう解りやすい悪趣味を演じてきっているっていうアルバムって好きだ。

Encyclopaedia Metallum - Carnivorous Vagina
タグ: Carnivorous_Vagina  Italy  2006-2010 
Grind Core/Gore  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Saligia : Dark Fury (2010) 

ポーランドのNSBMバンド、Dark Furyの6thアルバムを紹介。

df.jpg

1997年より現在でも活動中のNSBMの中では比較的、息の長いバンド。
その割に界隈ではあまりいい評判を聞かないことでも有名(?)。

OhtarThor's HammerK.(Raborym)を中心としているが、
前記バンドと同じようにプリミティブでかつメロウなブラックメタルと思いきや、
こちらはかなりモノクロームで悪く言えば淡々としたブラックをプレイ。

決してセンスの悪い楽曲だとも思えないが、
展開の少なさ、これぞHateful Black Metalなのだろうか、
退屈に映る人にはあまり良い評価は貰えないように見える。

でも同じ悪評のHolocaustusよりは随分まともで全然聞けると思います。

Encyclopaedia Metallum - Dark Fury
タグ: Dark_Fury  Poland  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Infantile Espieglery : Nuit Noire (2006) 

フランスのブラックメタル/ブラストパンクバンド、Nuit Noireの2ndアルバムを紹介。

Nuit_Noire2.jpg

3rdアルバムに懲りずにほいほいと2ndにも手を出してしまったのだ///
確かにあの記事をかいた後もたまにあの3rdは聞いていた。

確実に自分の望む方向性のものではなく聞いていても文句を言いたくなるがついつい…。
この感覚がこのバンドの良さなのかもしれない。
お金を出してまでその感覚を得る必要があるかは未だに疑問だが…。

この2ndは相変わらずのポンコツやる気なしヴォーカルパンクなのだが、
若干3rdより頭が沸いていない内容である気がする。
向こうの方がメルヘンポンコツだったのに、こっちはもう少しプリブラを感じるというか。

まあでもやっぱり残念盤であることに変わりはない。
でもたまに聞いちゃうんだよね・・・恐ろしや。

Encyclopaedia Metallum - Nuit Noire
タグ: Nuit_Noire    France  2006-2010 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top