Towards the Chapter of Chaos : Warhammer (2003) 

ドイツのHellhammer大好きバンド、Warhammerのコンピ盤を紹介。

Towards the Chapter of ChaosTowards the Chapter of Chaos
(2008/09/30)
Warhammer

商品詳細を見る
(この音源まであるとはAmazon恐るべしだな)

ドイツのHellhammer大好きっ子たちが、
カバーすれすれなクローン曲の数々を大好きすぎて演奏している。

とにかくHellhammer大好きで、
あのブラックともパンクともドゥームともスラッシュとも形容しがたいHammerサウンドを展開。
ヴォーカルもTomに似過ぎてて、違いは「ウッ」って言わないくらいか。

じゃあhellhammer聴いてれば良いじゃんという人にはお勧めできないが、
ここまでオリジナルに近いクローンバンドはなかなかないんじゃないか?
しかも決してパクリじゃないのが好感度大ですよ。
デモ曲や未発表曲のコンピレーション盤だが意外や音がクリアなのもポイント高い。

Encyclopaedia Metallum - Warhammer
タグ: Warhammer  Hellhammer  Germany  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Horrified : Repulsion (1989) 

アメリカのグラインドコアの始祖、Repulsionの1stアルバムを紹介。

HorrifiedHorrified
(2003/02/04)
Repulsion

商品詳細を見る


Napalm Death、Terrorizer、Carcassなどに多大なる影響を与えた伝説のアルバム。
このアルバム一枚しかフルレングスでリリースされていないことが拍車をかけている。
更に内容がゴアなものだったことからゴアグラインドの始祖とも言える。

リリースは1989年だが、1986年にはレコーディングされていたようで、
既にブラストビートを取り入れているなど時代の先取りっぷりが尋常でない。

あくまでデスメタルではなくてグラインドコアであり、
昔ながらのハードコア/パンク/クラストの要素が強く感じる。

最近の流通されているものはデモ音源との2枚組らしい。
羨ましい!

Encyclopaedia Metallum - Repulsion
タグ: Repulsion  USA  1986-1990 
Grind Core/Gore  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Liberation : 1349 (2003) 

ノルウェーのブラックメタルバンド、1349の1stアルバムを紹介。

LiberationLiberation
(2003/04/22)
1349

商品詳細を見る


Satyriconのドラム名手Frostが所属していることで有名。
その通り、全面的にFrostの超絶ドラミングで幕を開けるこのアルバムは、
全体的にテンションの高さを維持したファストブラックメタルとなっている。

90年代のプリミティブなブラックメタルの影響を強く受けつつも、
更に激しく、アグレッシブに、かなり正統なアプローチで暴虐性を高めている。
そのためデスメタルなどを好む人にも通じるアグレッションではなかろうか。

サウンドプロダクションはちょっとドラムの音作りが軽いところが残念。
でもノイジーなサウンドは単純に燃える。

Encyclopaedia Metallum - 1349
タグ: 1349  Norway  Satyricon  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Septembre Et Ses Dernieres Pensees : Les Discrets (2010) 

フランスのシューゲイザーブラックバンド、Les Discretsの1stアルバムを紹介。

Septembre Et Ses Dernieres PenseesSeptembre Et Ses Dernieres Pensees
(2010/05/04)
Les Discrets

商品詳細を見る


Alcestとのスプリットが出ていたので、界隈の人には有名なバンド。
メンバーもAmesoeursの人が含まれており、
あそこらへんのメンバーシャッフルの一バンドという位置づけ。

Amesoeursのポストロックからアーバン要素を抜いて、
Alcestの郷愁を加えたような作風。

両バンドと同様に、もうこれはブラックメタルの要素は皆無な気がする。
両バンドに近い作風を求めているなら間違いなくOKな一枚。
でも逆にそれらと同レベルで満足できたかというと、ちょっと違うんだよな。
次に期待!

Encyclopaedia Metallum に登録されていないのはもうメタルじゃないからか!?
タグ: Les_Discrets  Alcest  Amesoeurs  2006-2010 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Colony : In Flames (1996) 

スウェーデンのメロディックデスメタルバンド、In Flamesの4thアルバムを紹介。

Colony ReloadedColony Reloaded
(2010/11/22)
In Flames

商品詳細を見る


以前に1stを紹介したが、そのときとはメンバーが入れ替わっており、
Jesper Strömbladしか残っていない。
(当時はプロジェクト的なメンバー編成だったため)

1stではかなりトラッドでフォーク要素の強い北欧デスという感じだったが、
そのエッセンスはかなり消えて、正統HMなサウンドに近づいている。
他のメロデスバンドも一気にそちらに傾いていった感じだ。

後のReroute To Remainのようなモダンさも現れ始めた。
何はともあれ当時、こういうサウンドに勢いがあったのは認めるべき。
一般的に耳触りがよかったのは間違いない。

Encyclopaedia Metallum - In Flames
タグ: In_Flames  Sweden  1996-2000 
Merodic Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Shadowthrone : Satyricon (1994) 

前回に引き続きノルウェーのブラックメタルバンド、Satyriconの2ndアルバムを紹介。

ShadowthroneShadowthrone
(2006/02/07)
Satyricon

商品詳細を見る


1stとも3rdともちょっと違う毛色のアルバム。
一番、フィンランドのトラッド寄りのダークな作風に仕上がっている。
美しいような、それでいて雲がかって黒い感じ。

シンセサイザーも積極的に押し出していてメロっている。
メディバルさとかヴァイキングとかトラッドとかそういう要素が垣間見れ、
この後のブラックメタルの広がりを予言するような仕上がり。

まさかここから3rdの方面に行くとは当時の人は思わなかったんじゃないだろうか。

Encyclopaedia Metallum - Satyricon
タグ: Satyricon  Norway  1991-1995 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Dark Medieval Times : Satyricon (1993) 

ノルウェーのブラックメタルバンド、Satyriconの1stアルバムを紹介。

Dark Medieval TimesDark Medieval Times
(2006/02/07)
Satyricon

商品詳細を見る


3rdのメジャーブラックメタルとは何か?という提示とは別のサウンドで、
ジャリジャリとしたノイジーなギターを中心に寒々としたブラックメタル。

この時点ですでにFrostのドラムはかなりのものだが、
サウンドプロダクションの問題かポコポコいいすぎてて、
まあこれもまた初期プリミティブブラックの良さか、と自己解決。

3rdはもちろんお勧めだが、初期ブラックの良作としてこちらもお勧め。

Encyclopaedia Metallum - Satyricon
タグ: Satyricon  Norway  1991-1995 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Show No Mercy : Slayer (1983) 

アメリカのスラッシュメタルの帝王、Slayerの1stアルバムを紹介。

Show No MercyShow No Mercy
(1994/01/14)
Slayer

商品詳細を見る


順番としては2nd-3rd-4th-1stの順にSlayerをたどったのでちょっとびっくり。
かなりNWOBHMの影響を強く受けたサウンドでおそらくVenomらの影響もあるだろう。

今となってはSlayerもこんなノーマルなサウンドだったの?と反応しそうだが、
1983年という当時にしてはとんでもなく速くて過激な音像だったんだろう。
歌詞を見てもサタニック、アンチキリストを主題にしている。

今のエクストリームミュージックに絶大な影響を与えた一枚だと思われる。
ちなみにTom Arayaの一部ハイトーンヴォーカルはなかなかびっくりする。

Encyclopaedia Metallum - Slayer
タグ: Slayer  Pioneer  USA  1981-1985 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Deicide : Deicide (1990) 

アメリカのサタニック・デスメタルバンド、Deicideの1stアルバムを紹介。

DeicideDeicide
(1998/06/23)
Deicide

商品詳細を見る


同年にCannibal Corpseも1stをリリースしているが、
あちらがスラッシュメタルの範疇にあったのに対して、
Deicideはこの1stで既にデスメタルらしいデスメタルに仕上がっている。

蹂躙薙倒というスタイルではなく、結構リズミカルに進む楽曲は気持ちいい。
今となっては過激なサウンドとは言えないくらい、ジャンルの様相が変わってしまったため、
オールドスクール好きでないと評価できないかもしれないが、やっぱり良いものだ。

この後、2nd、3rdと良い感じのデスメタルをプレーし続ける彼らの最初の砲撃。

Encyclopaedia Metallum - Deicide
タグ: Deicide  USA  1986-1990 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Ballade Cuntre lo Anemi Francor : Peste Noire (2009) 

フランスのアヴァンギャルドブラックメタルバンド、Peste Noireの3rdアルバムを紹介。

ballade-cuntre-lo-anemi.jpg

2ndではゲスト参加していたNeigeも今回は不在だが、
相変わらずのアヴァンギャルドで黴臭いブラックメタルをプレイしている。
結局このバンドはFemineが中心のバンドだということ。
彼はAlcest時代はAegnor名義だった。

そしてNeigeと入れ替わりでAudrey Sylvainが正式加入。
ここらへんの「人事」はAmesoursとも絡んで複雑だけど単なるシャッフルに見える。

それはともあれ1stから見ると2nd、3rdとどんどんブラックメタルらしさは無くなっていっている。
しかし根本的にはPeste Noireそのものであり、1st、2nd好きなら必須。
にしても黴臭い。ワルシャワ労働歌ともマッチしている。

Encyclopaedia Metallum - Peste Noire
タグ: Peste_Noire  Alcest  Amesours  France  2006-2010 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top