Skyforger : Amorphis (2009) 

フィンランドのプログレッシブ/メランコリックメタルバンド、Amorphisの9thアルバムを紹介。

SkyforgerSkyforger
(2009/06/16)
Amorphis

商品詳細を見る


フィンランドの民族叙事詩「カレワラ」を元にした作品で、
なるほど「カレワラ」をひも解くと単なるエピックファンタジーではなく、
フィンランドの土着的信仰とそれをめぐる歌謡が根底にあるものであり、
このアルバムを聴きながらにして想像を働かせることができる。

そのようなエピックヴァイキング/フォークとは全く異なる民族音楽と70年代プログレが、
高い次元で融合して、しかも非常に聴きやすい好盤。
時折入るデスヴォイスが良い意味で楽曲をタイトにしている。

ちょっと冗長とも思える展開もある意味Amorphisらしさかな。
"Opeth + Sentenced"のようなアルバムでどちらも好物の自分には非常に良かった。

Encyclopaedia Metallum - Amorphis
タグ: Amorphis  Finland  Opeth  Sentenced  2006-2010 
Progressive  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Poems for the Aching, Swords for the Infuriated : Animus (2005) 

イスラエルの独りディプレッシブブラックメタルバンド、Animusの1stアルバムを紹介。

animus.jpg

イスラエルというと最近ではOrphaned Landの知名度が抜けていると思うが、
その土地柄、オリエントな旋律を多用してくるとか、宗教的荘厳さとかそういうイメージがある。

しかしこの一人バンド、それらとはまたちょっと異なる領域にいる。
さらに独りディプレッシブブラックということでBurzumの発展形かと思っていたが、
それともまた異なるベクトルを示していて実に興味深い。

どことなく人生を哲学的に悟り、そして諦めたようなサウンド。
イスラエルという宗教の塊のような土地で、その限界を見出しているかのようだ。
何度も聴こうとは思わないが、旋律も美しく面白いサウンドである。

Encyclopaedia Metallum - Animus
タグ: Animus  Israel  2001-2005 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Ugra-Karma : Impaled Nazarene (1993) 

フィンランドのブラックメタルバンド、Impaled Nazareneの名作2ndを紹介。

Urga KarmaUrga Karma
(2007/02/19)
Impaled Nazarene

商品詳細を見る


  Ugra-Karma.jpg
  オリジナルのジャケットはこちら。
  宗教団体からのクレームによって現在はジャケットが異なる。

「No Orders From Norway Accepted」とノルウェー嫌いで有名な彼ら。
その通り、フィンランドならではのブラックメタルを展開している。
(同郷:Beheritと言えば大体理解できる。)

ある意味、ノルウェイジャンブラックメタルが"普通"に感じてしまうのが、
フィンランドのブラックメタルである。
何というか"邪悪さ"のベクトルが全く異なるのだ。

・ノルウェー :都会のワル
・フィンランド:田舎の何しでかすか解らないヤンキー

とするとフィンランドのブラックメタルが小粒に見えてしまうが、そんなことはない。
かなりハードコア・パンクの影響を強く感じるからだろう。
逆にそれらもブラックメタルというジャンルの重要な要素であることが解る一枚。

とりあえずブラックメタルのマスターピースの一枚。必聴。

Encyclopaedia Metallum - Impaled Nazarene
タグ: Impaled_Nazarene  Finland  1991-1995  個人的名盤 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Pretenders To The Throne : Sodom (2009) 

ジャーマンスラッシュの雄、Sodomの初期リハ音源集(ブート盤)を紹介。

Pretenders_To_The_Throne.jpg

1984年のレアなリハ音源6曲と、1994年12月のドイツでのライブも収録したブート盤。
1984年というと、まだデビューEP"In the Sign of Evil"がリリースされた頃。
自分も聴いたことが無かったデモテープの曲も収録されている。

さすがに当時の状況と、そのリハのブートなのだから最強に音質が悪い。
何が起きているか分からないほどの音質の悪さでまさに凶悪音源。
マニア以外は全く手を出すべきでない。

ちなみにVenomのカヴァー"1000 Days In Sodom"だけ音質が唐突に良くて驚く。
音源としては以前紹介したA Tribute To Venomと全く同じもの。
タグ: Sodom  Germany  2006-2010 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Sodom : Sodom (2006) 

ジャーマンスラッシュの雄、Sodomの11thアルバムを紹介。

ソドムソドム
(2006/04/26)
ソドム

商品詳細を見る


私が一番好きなバンド、Sodomのセルフタイトル。
Sodom史上一番のギタリストAndy Bringsがプロデュースに加わっているのが面白い。
Sodomは今までのバンドメンバーも積極的に関わらせてくるのが良いよね。

内容としては"Code Red"のような轟音突貫スラッシュというより、
ミドルテンポを大事にするヘヴィなスラッシュメタルをプレーしている。
更にかなりメロディカルな旋律を用いてきているのがいつもとは雰囲気が異なる。

完全にベテランになったと思わせる内容。
手堅いというか安心した作風。
そしてそれもまた良い。やっぱりSodomは最高だ。

Encyclopaedia Metallum - Sodom
タグ: Sodom  Germany  2006-2010 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Race Of Cain : Forgotten Woods (2007) 

ノルウェーのブラックメタルバンド、Forgotten Woodsの3rdアルバムを紹介。

Race of CainRace of Cain
(2007/06/19)
Forgotten Woods

商品詳細を見る


ジャケットがえらく特徴的なアルバム。
視線次第では何ともなかったであろう構図だが、セピア色と相まって狂気を感じる。
サウンド自体もアヴァンギャルドな雰囲気のある作風。

活動は1991年からで、ノルウェイジャンブラックの重鎮のバンドでもあり、
アヴァンギャルドさとプリブラが交差しているような内容。
但し、スカスカのサウンドプロダクションは個人的にはちょっと不満あり。
やっぱりDarkthroneは凄いのだ、と思った。

さてはて、このアルバムの後にあのNeigeがヴォーカルとして加わっており、
はたしてどういったサウンドに変化するのか興味がある。
せっかくだからAlcestとは異なった形の新しいブラックメタルになってほしい。

Encyclopaedia Metallum - Forgotten Woods
タグ: Forgotten_Woods  Norway  Neige  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Co.-Ed killer : Goreopsy (2004) 

スロヴァキアのゴアグラインド/ブルータルデスメタルバンド、Goreopsyの1stアルバムを紹介。

Goreopsy.jpg

Gore音源を探しているときに名前買いしたもの。
ジャケ冊子に「No vocal effects used!」とリコメンドされている通り、
ヴォーカルが超気合が入ったガテラルなのにエフェクトなしなのが凄い。

三人編成で、ヴォーカル、ギターの二人に、残り一人はドラムプログラミング担当。
つまりマシンドラムの二人バンドという陣容だが、
マシンドラムにしてはやり過ぎ感がないというか、
あまり人外めいたドラムでないのが逆に好印象。

せっかくヴォーカルも演奏もゴアゴアで良い感じなので。
もう少しサウンドプロダクションが軽くなければ良かったという印象。
惜しい!

Encyclopaedia Metallum - Goreopsy
タグ: Goreopsy  Slovakia  2001-2005 
Grind Core/Gore  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Wo Einst Elfen Tanzten : Surturs Lohe (2001) 

ドイツのエピックペイガン/フォークメタルバンド、Surturs Loheの1stアルバムを紹介。

WEET.jpg

Burzumの3rdのジャケットのカラー版にしか見えない。
これはジャケ買いの罠としか言いようがないくらいあのアルバムと内容も質も異なる。
まさかエピックペイガンとは思わなかった…。

しかもそのジャンルと割り切って聴いてみても全く盛り上がらないのである。
楽曲がつまらないとしか言いようがない。
どの要素も水準以下で、どれも取って付けたようなだけ。

自分のようなジャケ買いの犠牲者は増えてほしくないものである。

Encyclopaedia Metallum - Surturs Lohe
タグ: Surturs_Lohe  Germany  2001-2005 
Viking/Folk  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Alien : Angst Skvadron (2010) 

ノルウェーのアヴァンギャルド/ポストブラックメタルバンド、Angst SkvadronのEP盤を紹介。

The_Alien_Angst_Skvadron.jpg

ノルウェーで地味ながらキャリアを重ねているTrondr Nefasのサイドプロジェクト(だと思う)。
メインバンドはプリミティブなブラックメタルをプレーするUrgehalの方だと思うが、
こちらの方はアヴァンギャルドな"エイリアン"的ブラックメタルをプレイしている。

電子音を多用しており、風変りなブラックメタルという印象。
さすがテーマが「エイリアン」だけある(笑)
またスロー、ミドルパートが楽曲のほとんどを占めており、
空間的でありながらドゥームメタル的な楽曲進行であったりもする。

とりあえずインスト1曲含む3曲入りのEPなので、まだバンドの実力としては未知数であり、
他のフルレングスアルバムも聴いてみたいものだ。

Encyclopaedia Metallum - Angst Skvadron
タグ: Angst_Skvadron  Norway  2006-2010 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top