Engram : Beherit (2009) 

フィンランドのブラックメタル?ダークアンビエントバンド、Beheritの5thアルバムを紹介。

EngramEngram
(2009/06/16)
Beherit

商品詳細を見る


ダークアンビエントに傾倒した後に、1999年にベストアルバムを出して以降、
Beheritが2008年に再結成し、ついにこのアルバムのリリースに至った。
しかも内容がプリミティブブラックへの回帰だったので、当時のファンも歓喜。

オリジナルメンバーは
Nuclear Holocausto(どうやらタイから戻ってきたらしい)
Sodomatic Slaughter

で、再結成に伴う追加メンバーは
Ancient Corpse Desekrator
Abyss

ネーミングセンス、たまらんね(笑)

単純に1stアルバムの、あのプリミティブロウブラックをプレイしているわけではなく、
むしろダークアンビエントに傾倒していたからこその作曲センスが全開で、
まさしくBeheritというバンドの集大成に仕上がっている。

不穏で非人間的な楽曲の数々…、まさしくブラックメタルそのものだ。
タグ: Beherit  Finland  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Everything Remains (As It Never Was) : Eluveitie (2010) 

スイスのフォークメタルバンド、Eluveitieの4thアルバムを紹介。

Everything Remains: As It Never WasEverything Remains: As It Never Was
(2010/03/09)
Eluveitie

商品詳細を見る


3rdはアコースティックアルバムという限りなく企画盤に近い形であり、
メンバーの公言通りに1st2ndのフォークメタル路線に戻っている。

2ndアルバムよりDark Tranquillity的なメロデス要素が増していると感じるが、
1st, 2ndのファンなら特別大きな変化がないため安心して聞ける内容だと思う。
但し逆にいえば変化があまりないため、「焼き増し」「マンネリ」と感じる楽曲も多い。

何だかんだでやっぱり彼らのサウンドは大好きだ。
でも次はもう少し変化球を望んでしまう。
タグ: Eluveitie  Swiss  2006-2010 
Viking/Folk  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Evocation I - The Arcane Dominion : Eluveitie (2009) 

スイスのフォークメタルバンド、Eluveitieの3rdアルバムを紹介。

Evocation I: The Arcane DominionEvocation I: The Arcane Dominion
(2009/05/19)
Eluveitie

商品詳細を見る


3rdアルバムにして全編アコースティックアレンジの企画盤となった。
元来、フォーク+メロデスのフォーク部分だけを聞きたいという声も多かったようなので、
その期待に応えたのと、それが許されるだけの商業ベースに到達していることを示した。

ヴォーカルはMeriAnnnaの女性陣がやっていて、
メタル要素のないフォーキッシュなアコースティックアルバムだが、
根底にあるロック志向が、単純な民謡曲ではないものに仕立て上げている。
ヴォーカルがちょっと弱い気もするが、その芋臭さが逆に良いと好意的に解釈しておく。

いずれにしても基本はファンアイテム以上でも以下でもない。
タグ: Eluveitie  Swiss  2006-2010 
Viking/Folk  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top