Prologue : Risingfall (2016) 

日本は東京のへヴィメタルバンド、Risingfallのデモ音源を紹介。
CD-Rの自主製作でリリースされ、2017年にはBandcampでも公開された。

risingfall_demo.jpg 

 SNSなどでこのバンド名を見かけたのはそこそこ前のことだったような気もするが、この音源が公式にはデビュー音源なはず。Dues新宿で行われたウォー・ベスチャル・ブラックメタル・ガイドブック発刊記念イベントにこのバンドのVo.が遊びにいらしたときに御厚意でいただきました(多謝)。あの後もいろいろ公私共々忙しく、ようやくこの場で感想を記すに至り大変遅くなりました。とはいえ、それとこれとは別とばかりに率直な気持ちを述べよう。

 3曲入りのデモはどれも顔付きが異なる仕上がりで今後の方向性を占ううえでデモらしいデモだと言えよう。#01 "Livin' On The Edge"はシケシケのNWOBHMの雰囲気を帯びつつも展開するのはドイツのScannerの1stアルバム辺りを思い出させるB級パワーメタルでなかなかカッコよし。ヴォーカルのハイトーンはまだまだ安定しないところもあるが、それより安易なスタイルに逃げない潔さも好感。#02 "Kill By Wheels”は3曲中、最もスラッシュメタルの要素を感じさせる刻みが入りつつ、ダミ声のスタイルで攻め立てる。バンドの表現力の多彩さ(特に作曲)を感じさせる一方で、このスタイルだとあまりこのバンドの強みにあたる陰陽のコントラストがついておらずボヤけた印象を持った。#03 "Epilogue"は一転クサメロ全開の日本語歌詞がグッとくる昔ながらのジャパメタという感じのスタイル。昔の「鹿鳴館メタル 」みたいな感じ。

 「俺たちのスタイルはこれだ!こんなこともできるぜ!」というまさにデモとしての矜持を全うした音源であり、これからの活躍に期待が持てるものであった…と書いていたら、こんなライブ情報が飛び込んできた。

risingfall_live.jpg 

 凄いメンツ…なんてこったい。彼らはまさに今階段を一歩一歩着実に上っている…!いつかビックネームになってくれたらこのデモ音源を手に「俺はこの時から確信していた」と自慢しちゃおう。

Encyclopaedia Metallum - Risingfall
タグ: Risingfall  Scanner  Japan  2016 
HR/HM  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

s/t : Borrowed Time (2013) 

アメリカはデトロイドの正統派へヴィメタルバンド、Borrowed Timeの1stアルバムを紹介。
ドイツのHigh Roller Recordsよりリリースされた。

Borrowed TimeBorrowed Time
(2013/11/05)
Borrowed Time

商品詳細を見る


以前、2010年に発売されたデモで完全ノックダウンされた経験から、
発売即購入したもののその時点ではあまり手ごたえを感じず。
多分、あのデモと比べてシケシケな哀愁をあまり感じない楽曲が多いせいかと。

1曲目からすぐにBorrowed Timeっぽさは伝わってくるのに、
どうもプラスチック造型のようなそんな気もしてきてしまうのだ。
いや、確かに正統派HMとして非常にかっこいいのだけれども…。

と、そこで#6 "Of Nymph and Nihil"ですよ!
これは完全にあのデモ準拠のしっけしけ哀愁メタルゥ!!!
しかし個人的にはこの一曲しか記憶に残らなかったとも言える。

人によってはパワーアップした!と受け取る人もいると思うが、
個人的には期待外れだったと言わざるを得ない一枚。

Encyclopaedia Metallum - Borrowed Time
タグ: Borrowed_Time    USA  2013 
HR/HM  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Arcane Metal Arts : Borrowed Time (2010) 

アメリカはデトロイドの正統派へヴィメタルバンド、Borrowed Timeのデモを紹介。
自主リリースの後、2011年にSarlacc Productionsより再発された。

borrowedtimedemo

いわゆる正統派へヴィメタルへの造詣はあまりない私であるため、
Record Boyさんの作品紹介を見てもらったら確実だと思うが、
そんな私でもこの作品は一発でノックダウンされた快作である。

たった4曲、1曲1曲のかっこよさは尋常ではない。
2010年製作とは思えない1曲目の、時代を超えた音調に衝撃を受けて、
アコギのインストを挟んで3曲目はManilla Roadのカバーがクソカッコよく、
4曲目もそのカバー曲に勝るとも劣らない叙情的なメロディが魅力の正統派HM。

2012年に同タイトルで出たコンピはEP盤も収録されているらしいのでそちらがオススメ。
ちなみに今年、1stがリリースされたので今届くのを待っているところです。
そういえばこの音源を聴いてManilla Roadを買い始めました。

Encyclopaedia Metallum - Borrowed Time
タグ: Manilla_Road  USA  2010 
HR/HM  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Burn - 30th Anniversary Edition : Deep Purple (2004) 

イギリスの誰もが知っている伝説的ハードロックバンド、Deep Purpleのデジタルリマスター盤を紹介。

Burn 30th anniversary editionBurn 30th anniversary edition
(2005/03/01)
Deep Purple

商品詳細を見る


今さら、バンドもこのアルバムも紹介する必要が無いと思うが、
自分が初めてBurnを聞いたのは幼児のときだったので、
25年弱ぶりに久しぶりに聞いてみるとずいぶん印象が変わるものだ。

もっとギターが前面に出ているかと思ったら、
シンセサイザーもかなり重要なパートになっているように聞こえたり、
印象が変わったのもデジタルリマスターのおかげなのだろうか?

にしても改めて聞くと、曲の構成なども含めて、
まさにこれがヘヴィメタルの元祖なんだなあ、と再確認した。
タグ: Deep_Purple  UK  2001-2005 
HR/HM  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Permanent : Joy Division (1995) 

イギリスのロック/ポストパンクバンド、Joy Divisionのベストアルバムを紹介。

Permanent - Best ofPermanent - Best of
(1995/08/15)
Joy Division

商品詳細を見る


最近のメタルファンには知らない人も多いかもしれないが、
1979-80年で2枚のスタジオアルバムをリリース後、
ヴォーカルのIan Curtisの自殺を受けて解散し、
今までに10枚以上のベストアルバムがリリースされた伝説のバンドである。

Ian Curtisの当時の内向的な心情が込められた、
Love Will Tear Us Apart
のメロディはバンドの名前を知らない人でも聞いたことがあるのではないだろうか。

後のポストロック、シューゲイザーなどの内向的ロック、
もしくはポストブラック、ディプレッシブメタルあたりにも強い影響を与えたバンドだろう。
メタルとは関係ないが、それでも取り上げたくなったので紹介した。
タグ: Joy_Division  UK  1991-1995 
HR/HM  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Wolf : Andrew W. K. (2003) 

アメリカのパーティーロックバンド、Andrew W.K.の2ndアルバムを紹介。

The WolfThe Wolf
(2003/09/09)
Andrew W.K.

商品詳細を見る


1stの鼻血ブーアルバムから一転、妙に真面目な顔をしたAndrew
確かに中身を覗いてみると、なるほど雰囲気が一転したミドルテンポのハードロックです。

初めて聞いた時は落胆に近い気持ちを覚えました。
通してアルバムを聴けなかったんじゃないかな。
あのハイテンションのパーティロックはどこへいった?と。

やっている音楽は相変わらず多彩なもので、
彼のソングライターとしての才能は疑いようがないです。
単なる猿真似ではないので、やはり天賦の才が備わっているのでしょう。

しかし、時期をおいて何回か聞いてみて、
それでもしっくりしないまま、もう6年も経過するので、
なぜこのアルバムが気に入らないのか考えてみました。

・ヴォーカルが曲調と合わない
これがデカイです。
Motorheadのようなテンションの高さを1stでは見せてくれたものの、
そのときはこのヴォーカルとも曲があっていたように感じます。
インテリジェンスに馬鹿ロッカーを演じていたのがピッタリでした。

しかし、このアルバムはそのインテリジェンスを出していこうとしたために、
逆にヴォーカルと曲調が一致していません。

つまり彼の持っている才能と、彼の持っているヴォーカルセンスが、
非常に残念なことに一致していないということになってしまいます。

このアルバムを聞いて、彼の才能を最大限に発揮させるなら、
抜群のパフォーマンスを生かしたライブバンドとして頑張るか、
もしくはプロデュース側に回るか、どちらかしかないんじゃないでしょうか。

このブログとしては少し辛辣なことを書いた気もしますが、
せっかくの才能、このまま風化していってほしくないものです。
HR/HM  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Final Countdown : Europe (1984) 

スウェーデンのハードロックバンド、Europeの3rdアルバムを紹介。

The Final CountdownThe Final Countdown
(2001/08/29)
Europe

商品詳細を見る


誰もが聞いたことのある表題作を1曲目に据えた傑作です。
いわゆる北欧メタルの先駆けで、様式美を大切にしたバンドであり、
このアルバムは更にそれにポップさを加えることで、
世界的に大流行しましたね。

おそらく彼らが他のハードロック、へヴィメタルバンドに与えた影響は計り知れませんし、
メロディを大事にした彼らの楽曲は日本人の琴線に響くようです。

ポップさを加えたことで、このアルバムはヘヴィメタル的面白さは半減しましたが、
やはり名作、聞かせてくれます。

もちろん、表題作、誰に聞かせても「聞いたことある!」という反応を楽しんだり(笑)、
05 / Ninjaの歌詞に爆笑したりしてもいいでしょう!

02 / Rock the Nightを聞くと、
なぜかGreat WhiteOnce Bittenに入っている03 / Rock Meを思い出しますね
あちらの大人のハードロックとの比較も面白いです。
HR/HM  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

TOKYO ROAD ベスト・オブ・ボン・ジョヴィ -ロック・トラックス- : Bon Jovi (2001) 

説明無用、アメリカのハードロックバンド、Bon Joviのベストアルバムを紹介。
タイトルの通り、Rockに限定したベスト盤で、全体的にアップテンポの曲がセレクトされている。

TOKYO ROAD ベスト・オブ BON JOVI-ロック・トラックスTOKYO ROAD ベスト・オブ BON JOVI-ロック・トラックス
(2006/01/25)
ボン・ジョヴィ

商品詳細を見る


商業ロックと揶揄されることもありましたが、
1984年にデビューして以来、今の今まで現役のハードロックバンドであり、
まさしくロックな活躍を続けている素晴らしいバンドでしょう。

自分としてはそれこそ幼稚園生くらいのときに、
兄から聞かされたLivin' On A Prayerが忘れられなくて、
大学生のときにこのアルバムを手にしました。

故にBon Joviが何たるかは知らないのですが、
このベスト盤、選曲もよく、
またデビュー時から人気を博した日本に愛着が大きいバンドということで、
日本への感謝も含められたベスト盤らしく、
ハートフルでキャッチーなメロディ溢れたハードロックが堪能できました。

なぜ、いち早く日本で彼らが売れたのかということを考えると、
日本の歌謡曲との関連性もあるのではないかと思っています。

日本人の琴線に引っかかるメロディというものが彼らにはあるのではないかと。

例えば…そうですね、ポルノグラフィティなんかも
「歌謡曲+ロック」という感じがするじゃないですか。
古臭い気もするのに、妙に引っかかる旋律みたいな。

もう少し日本は「歌謡曲」に自信を持っていいと思うのだけどねえ…、
って話がずれてきてしまいましたね。

自分のようにBon Joviを知ってみようとか、代表曲を聞いてみたい、というリスナーには、
是非、お勧めの一枚ですね。シングルもついていて、そちらはLive音源になっています。
HR/HM  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Future World : Pretty Maids (1987) 

デンマークのハードロック/ヘヴィメタルバンド、Pretty Maidsの2ndアルバムを紹介。

Future WorldFuture World
(1998/06/30)
Pretty Maids

商品詳細を見る


デンマークのヘヴィメタルバンドでは一番のビックネーム。
1981年結成で、何と今でも活動中とのことで来年は30周年。素晴らしい!

このアルバムのサウンドはデンマークのバンドということで、
北欧式様式美を織り交ぜたポップなハードロックに仕上がっている。

ヴォーカルのRonnie Atkinsが器用に色んな発声を織り交ぜているので、
それが色々な曲調によく対応していてアルバムを通して飽きがこないものに仕上がっている。

またジャケットの豊かな色彩美は、曲調、もしくは曲のタイプの多さと相まってピッタリ。
もしくはバンドメンバーの当時の格好も時代を感じてなかなか凄い。

良質なハードロック/メロディックパワーメタルアルバム。

Encyclopaedia Metallum - Pretty Maids
タグ: Pretty_Maids  Danmark  個人的良盤  1986-1990 
HR/HM  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

I Get Wet : Andrew W.K. (2001) 

アメリカのパーティーロックバンド、Andrew W.K.の1stアルバムを紹介。

アイ・ゲット・ウェット~パーティー・一直線アイ・ゲット・ウェット~パーティー・一直線
(2002/02/21)
アンドリューW.K.

商品詳細を見る


彼の音楽のルーツはかなり幅広いようで、
このアルバムの曲も一曲一曲そのルーツが垣間見ることができるが、
そのいずれの曲も潔いほどのパーティロックに仕上がっている。

ここまで潔いと気持ちよく聴けるし、彼の狙い通りの良い作品だと思う。

才能あるミュージシャンだったが、
日本でのマーケティングが彼の一面"のみ"を著しく押し出してしまったことから、
今ではJ-Popのカバーアルバムとか出しているらしい。
タグ: Andrew_W.K.  USA  2001-2005 
HR/HM  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top