Jane Doe : Converge (2001) 

アメリカはマサチューセッツのカオティックメタルコアバンド、Convergeの4thアルバムを紹介。
アメリカのEqual Vision Recordsよりリリースされた。

Jane DoeJane Doe
(2001/09/04)
Converge

商品詳細を見る


このバンドを知ったのはBetween the Buried & Meにハマった時で、
順番としては完全に逆じゃねえか!と突っ込まれそうだが、
そのときは最近出てきた"ニューメタル"バンドの中の1つだと思っていた。
まさか1990年に結成していて、このアルバムも2001年に出ていたとは!

その後、このバンドがそのシーンの中での重鎮であることを知っても、
天の邪鬼である自分は素直に耳を傾けることが無かった。
このアルバム褒めておけば"音楽通"的なポジションだろ?って思っていた。

今改めて聞いてみるとハードコアの粗暴さとポストロックの知的さが融合して、
非常にカオティックであるのに一本筋の通った質の高いアルバムだと思う。
#08"Heaven in Her Arms"はあのバンドの由来であろう素晴らしいチューンだ。

しかしやっぱり素直に聴くことができなかった。
このバンド自身というよりどこからか「これすげえだろ?」と幻聴が聞こえるからだ。
ただ単に天の邪鬼なだけだ。
タグ: Converge  USA  BTBAM  HiHA  2001-2005 
Nu/Metal Core  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Silent Circus : Between The Buried and Me (2003) 

アメリカのテクニカル/プログレッシブメタルコアバンド、Between the Buried and Meの2ndアルバムを紹介。
アメリカのVictory Recordsよりリリースされた。

Silent CircusSilent Circus
(2003/10/21)
Between The Buried And Me

商品詳細を見る


1stアルバムから引き続きの作風のプログレメタルコア。
まだメンバーの総意で作品が形成されていないのか散漫な印象を受けるし、
メンバーも2ndアルバムまではアイデンティティに欠けていたと語っている。

しかし逆にいえば若干青臭さの残るハードコア/メタルの香りが、
実は心地よかったりするのも事実であり、
これはこれでアリだったりするんじゃないかなあと思う。

ライブでもよくプレイする"Mordecai"も収録されているし、
ファンなら当然必携の一枚だろう。
ライブに行ったのも懐かしく感じる。
タグ: BTBAM    USA  2001-2005 
Nu/Metal Core  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Cleansing : Suicide Silence (2007) 

アメリカはカリフォルニアのデスコアバンド、Suicide Silenceの1stアルバムを紹介。
Century Mediaよりリリースされた。

Cleansing (Bonus CD)Cleansing (Bonus CD)
(2007/09/18)
Suicide Silence

商品詳細を見る


デスコアのジャンル定義はあまりよくわからないのだが、
今ではこのようなバンドのモダンなエクストリーム音楽のことを指すと思う。
Suffocationのようなブレイクダウンを多用するものの、
そのようなデスメタルとは全く異なるグル―ヴ感を特徴としている。

このグル―ヴ感っていうのは曲者で個人的には全く消化できない。
Twitterで述べたことの繰り返しになるが、
この手の音楽はアメリカのスクールカーストで上位に来そうなものだ。
翻ってデスメタルとかハードコアっていうものはハグレ者が聞く音楽だ。

人気が出るのは大いに理解できる。
それはメジャーに訴えかけるものだからだ。
しかしこの"ブルータリティ"は私には消化できないし、
自分の知るデスメタル、グラインドコアのそれとは全く異なるものに感じる。

Encyclopaedia Metallum には掲載がない…
タグ: Suicide_Silence  Suffocation  USA  2006-2010 
Nu/Metal Core  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Panopticon : ISIS (2004) 

アメリカのポストメタルバンド、ISISの3rdアルバムを紹介。

PanopticonPanopticon
(2004/10/19)
Isis

商品詳細を見る


メタルというよりかはポストロックといったサウンドで、
海外ではAtmospheric Sludgeという位置づけのようだ。
プログレッシブロックのような雰囲気もあり非常に美しい。

コンセプトアルバムのようで曲を進めるごとに情景は変化していく。
ここらへんはもはやここで言葉で説明するより聴いてくれ!と言いたい。
そしてアルバムを通して聴いてほしい。

音の波にたゆたう。
不快な要素がひとつもなく、彼らの言うがままなすがまま。
非常に完成度の高いポストロックである。

Encyclopaedia Metallum - ISIS
タグ: ISIS  USA  2001-2005  個人的良盤 
Nu/Metal Core  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Enduring The Massacre : Dyscarnate (2010) 

イギリスのデスメタル/デスコアバンド、Dyscarnateの1stアルバムを紹介。

Enduring the MassacreEnduring the Massacre
(2010/07/06)
Dyscarnate

商品詳細を見る


デスメタルという触れ込みで手に入れたのだが、どうもデスコアっぽい。
デスコアは全然詳しくないのだが、どうもSuicide Silenceを聴いたときと近い感じ。

確かにアグレッシブでブラスト使いまくりの姿勢には圧倒されるものの、
どうもピンとこないというか性に合わないようだ。
演奏もテクニカルなんだけどカッチリしすぎているのかな。

もう少しデスメタルには人肌のぬくもりが欲しいと思ってしまうのは、
単純に自分が古い人間になりつつあるのかもしれない。

Encyclopaedia Metallum - Dyscarnate
タグ: Dyscarnate  UK  2006-2010 
Nu/Metal Core  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

System Of A Down : System Of A Down (1998) 

アメリカのラップメタル/ミクスチャーバンド、System Of A Downの1stアルバムを紹介。

System of a Down (Clean)System of a Down (Clean)
(2001/07/27)
System of a Down

商品詳細を見る


このジャンルはそんなに詳しくないのだが、基本的にはSlipknotに近い感覚。
こちらの方がよりポップでユニークでファニーな印象。
(そういえばSlipknotは猟奇集団とか呼ばれてたなー)

何がファニーかというと、曲の展開とヴォーカルの七変化が予想より斜めにいっている。
見世物小屋に迷い込んだような感じで、何が出てくるか解らない分、純粋に面白い。

さすがに何度も聴こうとは思わないが、聴いてみてほしい作品でもある。
ちなみにSOADって略されているのはこのバンドであることをさっき知った。
タグ: System_Of_A_Down  USA  1996-2000 
Nu/Metal Core  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Manifesto : Deadlock (2008) 

ドイツのメタルコア/メロデスバンド、Deadlockの4thアルバムを紹介。

ManifestoManifesto
(2008/11/17)
Deadlock

商品詳細を見る


とてもキュートな女性ヴォーカル、Sabineと、
とてもイカつい男性ヴォーカル、Johannesのツインヴォーカルが特徴のバンド。
正直、PVでSabineのキュートな姿を見て興味を抱いたぞ!

そしてこのアルバムを手に入れてみたが、
ちょっと聴いた感じだと結構好感触だったのだが、
どうも何曲か聴いてみると楽曲に二番煎じの盛り合わせ感が否めない。
色々なジャンルを混ぜこぜにしているのだが、どのアイディアも聴いたことがあるような。

一番気に入ったのはJohannesの迫力あるグロウルだったのだが、
残念なことにSabineに押されて出番が少ない。
こうなってくると女性ヴォーカルを前面に出したポップメタルでしかないのが残念。

Encyclopaedia Metallum - Deadlock
タグ: Deadlock  Germany  2006-2010 
Nu/Metal Core  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Between the Buried and Me : Between the Buried and Me (2002) 

アメリカのテクニカル/プログレッシブメタルコアバンド、
Between the Buried and Me(BTBAM)の1stアルバムを紹介。

Between the Buried & Me (Bonus CD)Between the Buried & Me (Bonus CD)
(2004/04/06)
Between the Buried & Me

商品詳細を見る


まだメタルコアというジャンルが明確化されていない頃に生まれたバンドで、
ハードコアにエクストリームメタルを混ぜてカオティックハードコアに仕立てたConvergeが最も近い。
但し、彼らは更にメタルの要素が非常に強く、純粋にメタルバンドとして評価されることが多く、
メタル畑の人でも違和感なく聞けると思う。

彼らが世界的に評価されたのは、よりプログレ志向が高まった3rd以降の作品であったが、
この1stも音質こそ悪いものの、十分に彼らならではの表現でハードコアメタルをプレーしており、
ファンなら必聴の1枚だろう。

逆に彼らのことを知りたいなら3rd以降のアルバムを手に取ると良いと思う。
タグ: BTBAM  USA  2001-2005 
Nu/Metal Core  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

City of Evil : Avenged Sevenfold (2005) 

アメリカのヘヴィメタルバンド、Avenged Sevenfoldの3rdアルバムを紹介。

City of EvilCity of Evil
(2005/06/20)
Avenged Sevenfold

商品詳細を見る


若手急先鋒のヘヴィメタルバンドと言えば、
イギリスのBullet For My Valentineと、
アメリカのこのバンドあたりが自分にとっては解りやすいところだ。

両者ともモダンロックの売れ線的サウンドと、トラディショナルなヘヴィメタルを、
うまいこと化学反応させて"ダサくなる"ギリギリなところで"クール"に仕上げており、
特にこのアルバムはその様相が色濃い。

彼らが聞いて育ったヘヴィメタルの要素を色々放り込んでいるようで、
(もちろんのことだが、特にIron Maidenの影響は凄いものがあるなー)
そこら辺に関しては色々言いたくもなるものだが、
期待の若手ということで大きい目で見守っていこう。
タグ: Avenged_Sevenfold  USA  2001-2005 
Nu/Metal Core  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Colors : Between the Buried and Me (2007) 

アメリカのテクニカル/プログレメタルコアバンド、Between the Buried and Me(BTBAM)の4thアルバムを紹介。

ColorsColors
(2007/09/18)
Between the Buried and Me

商品詳細を見る


完成度の高かった前作3rd『Alaska』を凌駕してしまった傑作。
3rdで見られた「カオティックでありながら整合感」という要素が
大きくレベルアップした印象。

Opethを初めて聴いた時のインテリ体験と、
それからTerrorizerを聴いた時のアグレッション体験が、
一度に体験できて、しかもジャズのような楽曲でもあって、
とにかく様々なジャンルで受けた驚きの体験を一度に味わえる。

ライブでも再現度が高く、スタジオミュージシャンでないことに驚かされる。
もっともっと知名度が上がってほしい。
タグ: BTBAM  USA  個人的名盤  2006-2010 
Nu/Metal Core  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top