Gnosis Stained Khadga - Live in Kuala Lumpur : Orator (2014) 

バングラデッシュのベスチャル・ブラックメタルバンド、Oratorのライブ盤を紹介。
タイのHellhouse 666 Productionsよりテープでリリースされた。

Orator_live.jpg 

 辺境メタルマニアならご存知かもしれない。デビューEP "Dominion of Avyaktam" が辺境地発掘レーベルとして有名なLegion of Death Recordsからリリースされているからである。バングラデッシュのUGメタルシーンは昔からかなりコアなバンドを輩出されているということも聞いたことがあり、特にこのバンドはどうやらかなりのものだという噂を聞いていたため深く興味を持っていた。そんな中でWeird Truth Productionsでこのテープの扱いがあったので購入(現在も扱いあり)。

 音源は2013年にマレーシアのクアラルンプールで行われたライブの時のもので、フランスのManzerも出演しており、そのときにShuxul氏がハンディカムで撮影した時のマテリアルとのことだ。丁度その頃に1stアルバム ”Kapalgnosis" をリリースしていたこともあり、ほとんどの曲はそこからの引用であった(が、当方はそのアルバムを未聴)。

 終始ドカドカドラムが進むまさにベスチャルな楽曲で、音質こそ主に機材の関係でかなり籠っているもののそれも相俟ってローカルな地域のUGなエクストリームメタルを体感できる。なかなか日本にいてバングラデッシュのUGメタルシーンのことまでは触れることが難しい中で貴重な音源だし、またそれが90年代にメタルを弾圧したマレーシアで行われたライブだということも実に興味深い。Orator自体についても噂通りの実力を持っているようで、いずれ「辺境地」という枕詞を投げ飛ばしてくれそうな期待を膨らますに十分なライブ音源である。

Encyclopaedia Metallum - Orator
タグ: Orator  Bangladesh  2014 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Live In Venray : Bestial Summoning (2012) 

オランダのカルト・ブラックメタルレジェンド、Bestial Summoningのライブ音源を紹介。
オランダのNew Era Productionsよりリリースされた。

bxsx_live.jpg 

 音源は1992年6月にオランダのフェンラウのライブハウス"Dingus"で行われたライブのもので、カセットテープで "Official Live Tape 1992" としてセルフリリースしていたものの再発盤である。パーマネントメンバーのSephiroth氏が現行もオランダのBMシーンで活動している(現Legion of the DamnedのVo.)ため実現したものであろう。

 収録曲は名盤1stアルバムからは一曲も引用されていないどころか、他のデモ音源などでも収録されていないレアトラックである。それだけでマニアには大変興味深い楽曲だろう。もっとも本盤自体がコンピレーション盤 "The Dark War Continues" にされているのだが…。

 内容としては思ったよりも(昔のUG音源としては)音質の悪くないものになっており、まさにBestial Summoningという楽曲ではあるものの、1stアルバム収録曲ほどの暴走を見せるところまではいかないところにちょっとした歯がゆさも感じる。もう少しノイズ塗れに暴走してほしかった。もしかしたら観客が少なすぎたとかそういう現場の状況があったのかもしれない(笑)。

 最後にオリジナルテープにこんなことが書いてあった ― 「このライブテープは本当にクソだ…が、そんなことは気にしない。故にいかなる方法でもこれをリリースした」と。

Encyclopaedia Metallum - Bestial Summoning
タグ: Bestial_Summoning  Netherlands  2012 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Procession of Doom : Goatslave (2016) 

フランスのブラックメタルバンド、Goatslaveの1stアルバムを紹介。
フランスのAtavism Recordsよりリリースされた。

Goatslave_1.jpg 

 Goatの冠文字に、Chris Moyenのアートワークという、Archgoatを想像させるような条件がそろっていたため購入したもので、その時点では聞いたこともないレーベルだったので、かなりアンダーグラウンドなサウンドを期待してのものだった。またフランスのバンドであるということも把握していなかった。

 しかし予想のようなローファイなサウンドを持つブラックメタルではなかったし、演奏もなかなかのテクニックを持ち合わせているバンドであった。更に言うと俗にいうフレンチブラックメタルのようなスタイルでもなく、90年代のオールドスクールな北欧ブラックメタルから最もインスピレーションを得ているようなサウンドだ。そこにrotten sound的な要素を取り入れているという意味ではベスチャル・ブラックメタルから遠からずといったところもでもある。

 ただやはり音がソリッドすぎてストイックに感じさせるところに、そのrotten soundの要素との微妙なズレを生んでいて、聞いていても「フォーカスがズレていく」というような印象を持ってしまう。曲、演奏などの要素は認めるところがあっても、楽曲として作品としてのコンセプトにまでそれらを昇華できていないのは惜しい。まあそういうインプレッションは最初に持った期待感によるものであることは否定できないが…。

 ちなみに彼らは元々Dur Dablaというフォーク・ブラックメタルバンドで活動していたとのことで、そちらも聞いてみればピーヒャラ笛が鳴っている感じの牧歌的な内容で、その反動がこのストイックなサウンドに現れているのかもしれないと感じた。更に言うとそのようなところもフォーカスの話と通じていくのかもしれない。

Encyclopaedia Metallum - Goatslave
タグ: Goatslave  France  2016 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Culto de los Venenos : V/A (2016) 

ペルーのベテランベスチャルブラックメタルバンド、Anal Vomitとコスタリカのブラック・デスメタルバンド、Ordo Caperのスプリットテープを紹介。
ドイツのDunkelheit Produktionenよりlim.100でリリースされた。

AxVx_OxC_.jpg 

 美しい深紅のプロテープにそれぞれのロゴが印刷されたピンバッジがついており、しかもBandcamp用DLコードも添付されているという至れり尽くせりな内容。前者はもちろん知っていたものの、後者はこの音源が初めてのスプリットで、こういう分割盤はそのような未知との出会いも貴重なものである。

 Anal Vomitサイドは近年の作品においてベテランとしての落ち着きのようなものが感じ取られているところが若干気になっていたので、1曲目から過去のベスチャルなスタイルが全開で大興奮の坩堝に…と思いきや、その後続く音源はいずれも聞いたことがある。調べてみると実はこのテープは過去音源の編集盤でその1曲目自体、自分が持っていない2002年のEP盤 ”From Peruvian Hell" のものだった。そして他の3曲も1st~3rdアルバムから1曲ずつの引用で、全く同じ音源を使用していたのだ。1曲目で感じた感動を返してほしい…とまでは言わないものの、やはり新曲か、せめて再録にしてほしかった。

 さて気持ちを取り戻してOrdo Caperサイド。そういえばコスタリカのエクストリームメタルシーンのことは何も知らない。今年のDeiphagoの来日に帯同したときに聞いてみればよかった。閑話休題、デュオ編成で黒装束を身にまとった姿にサタニックな印象を持たせたデスメタルスタイルで、かなり渋かっこいい。さらにGoatlordの名曲 "Acid Orgy"のカバーがかなりツボを押さえた良カバーになっていて、彼らのスタイルとピッタリ。さらにGoatpenisの初期デモから"Eht Tsrow Sdrow"のカバーをチョイス。オリジナル音源の音質が最悪なためオリジナルに忠実か判断できないが(笑)、こちらもいい感じ。オリジナル曲がまだ弱い気もするが、この選曲は今後のGoat Metal界隈の注目株になりえる存在だと感じた。

 というわけでAnal Vomitサイドは期待感の反作用によってがっかりさせられたものの、スプリットとしての未知との出会いに関してはまずまずの結果であった。

Encyclopaedia Metallum - Anal Vomit
Encyclopaedia Metallum - Ordo Caper
タグ: Anal_Vomit  Ordo_Caper  Goatlord  Goatpenis  Peru  Costa_Rica  2016 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Legions of the North : Fjorsvartnir (2012) 

デンマークのメロディックブラックメタルバンド、Fjorsvartnirの1stアルバムを紹介。
セルビアのGrom Recordsよりリリースされ、2014年には日本のHidden Marly Production(ZDRの国外バンドリリース部門)より再発された。

Fjorsvartnir_1st.jpg 

 知る人ぞ知るデンマークのPurification Kommando(2012年に解散済)のドラマーだったAzathil氏が2010年に一人で立ち上げたブラックメタルプロジェクト。Purification Kommandoは無慈悲冷酷系ウォーブラック、そしてもう一つ氏が参加しているBlodarvはUG系ペイガンブラックだった。それに対してこのバンドは90年代の北欧ブラックメタルを再現せんとばかりに構築された楽曲群で、どことなくDissectionだったり、Satyriconだったり…、地下感の薄いサウンドが飛び出してくるではないか。

 しかしながら決してそのようなメジャーバンドの猿真似というわけでもなく、どちらかというとその手の有名なバンドに影響を受けて出てきたフォロワー群の集団を思い出させる。様々なバンドがエポックメイキングな北欧ブラックメタルというスタイルを目の当たりにして、その影響を受けながらアイデンティティとオリジナリティの狭間でもがいていた90年代のことだ。

 恐らくあの頃にこのバンドが活動していたとしたら「良質なフォロワー」に留まっていた可能性が高い。しかしこのバンドを語るならまさに現在という時間がフォーカスされる。この時代にこの作品をやることに意味があるのではないだろうか。「オールドスクールなエクストリームメタル」として盛り上がった80年代回帰の流れの次にきているのは90年代回帰であろう。新しいものを産み出すのではなく、難しくこねくり回さないスタイルとしての北欧ブラックメタルに回帰するバンドとしてはなかなか面白い存在である。

Encyclopaedia Metallum - Fjorsvartnir
タグ: Fjorsvartnir  Denmark  2012 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Leere : Kältetod (2005) 

ドイツの独りメロディックブラックメタルバンド、Kältetodの1stアルバムを紹介。
ドイツのWestwallEternity Recordsよりリリースされ、2010年にはEternity RecordsよりデジパックでのCD盤で再発された。本稿もその再発盤より。

kaltetod_1st.jpg kaltetod_1st_re.jpg
(左がオリジナル、右が再発)

 Kältetodは以前に紹介したEternity Recordsのレーベルコンピレーション盤で存在を知ったのだが、とにかくあの収録曲"Ätherwinde"の寒々しくも流麗でありながら疾走感のあるメロディックブラックメタルは素晴らしいものがあった。それが2005年に作られたものの当時の作品に使われなかった未収録曲だったということで、ではこの2005年にリリースされた1stアルバムは如何ほどのモノかと後追いで飛びついたのであった。

 アルバム名はドイツ語で「空虚」を意味し、神秘的なシンセサウンドによるイントロ"Einführung"から、10分超の長尺曲である"Wiederhall Der Leere"は期待していた疾走感のあるメロディックブラックメタルが展開されるが、そのタイトルが「空虚のエコー」ということでデプレッシブ感が強い。更にその後に続く楽曲はミドルテンポの実直なメロディをベースにした内容で想像とは異なるものだったがこれはこれでクオリティの高さが光る。

 再発盤はオリジナルで収録の有った"Hypnos"が削られて、代わりに2曲追加されており、そちらはややデプレ感が薄れているため、デプレッシブブラックが不得意な人にはこの追加曲の方が好みかもしれない。なお、その"Hypnos"とそれから"Ätherwinde"がめでたくBandcampにて公式で公開されており、楽曲コンプができずに困っていた人にはうれしい対応である。

Encyclopaedia Metallum - Kältetod
タグ: Kaltetod  Germany  2001-2005   
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

We Bring the Goat Massacre on the Men's World : Goat Vengeance (2005) 

ブラジルのゴートメタルバンド、Goat VengeanceのEP盤を紹介。
ドイツのNecromancer Recordsより7"盤でリリースされた。

GV_EP.jpg 

 "Goatwatchers United - Satans Goats Tribute"という4wayスプリットをご存じだろうか。Goatが名前についているバンドの企画盤である。そこにGoat Semenが参加したためごく一部のマニアからは有名になった作品である。そしてこのGoat Vengeaceも一曲提供している。その記憶があったためにこのEPを買ってしまった。きっとマニアックな内容であろうと。それは当たっていた。とてつもないマニアックな作品だった。

 かなりのゴミ感がある。リズムを取る気があまりない演奏や、絶妙にやる気が足りないヴォーカル(→ここが重要でただ単に気の抜けたヴォーカルなのではない)、間の抜けたギターリフなどなど脱力系のゴミ感なのだが、どうも謎の魅力を感じる。メロディの使い方に中毒性があるのだ。そうなってくるとそのそのリズムのズレ方にも魅力を感じてきてしまう。いかんぞ、これはいかん。

 こんなものを褒めてはいけない。こんなものを聞いていてもドヤ顔などしてはいけない。そういうものだ。こういう音源は評価されてはいけない類のものだ。たまたまこのアルバムを聞き終わった後、Hades Archerの"Penis Metal"を続けて聞いたのだが、やはりウォー・ベスチャルとしての質の差があまりに歴然としている。でもこういうゴミ音源もたまには楽しみたくなる時もある。

Encyclopaedia Metallum - Goat Vengeance
タグ: Goat_Vengeace  Brazil  Z級  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Blackground : Kalterit (2016) 

フィンランドのブラックメタルバンド、Kalteritのミニアルバムを紹介。
日本のDeathrash Armageddonよりリリースされた。

Kalterit.jpg 

 フィンランドのトレンドスローター軍団ことSadokistに在籍するSadist Stalker氏により独りブラックメタルバンドである。何せ「90年代こそが本当のリアルであり、現在のカセットテープやらアナログレコードにも唾を吐いて、CD媒体をサポートすべき」だと言っている連中だから、独りバンドでもさぞかし…と思って聞いてみるとこれが面白い。

 Sadokistでも展開されているブラック・スピードメタル成分も感じられるが、それよりスラッシュメタルの影響下にありながら邪悪さが飛びぬけて演出面においてもオドロオドロしさが光り、シンセサイザーの使い方も懐かしく、単調なトレモロリフによって強引に推し進められるスラッシーなナンバーは90年代前半のブラックメタルを忠実に再現していると言えよう。特にフィンランドのブラックメタルらしさといえばUrnあたりが思い浮かぶスタイル。

 急にメロディックなリフが挟まったり、イーヴィルなハードコアにも近い楽曲もあったりするなど、とにかくあの頃のサウンドを詰め込んだミニアルバムで、イントロを含めないと4曲20分弱程度の収録時間であるものの、90年代リスペクト全開さが様々なカラーで現れていて素晴らしい。

 どうしても80年代のエクストリームメタルというものがオールドスクールと評されがちではあるが、既に90年代も20年以上前のことであり、今後ますます90年代をリスペクトした若手バンドも地下で増えてきそうだと感じさせる。

Encyclopaedia Metallum - Kalterit
タグ: Kalterit  Sadokist  Urn  FInland  2016 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Sacrilegious Fornication Masscare... Filthy Desekrators! : V/A (2016) 

日本のブラックメタル・ヤクザ、Abigailと韓国のウォー・ブラックメタルバンド、Nocturnal Damnationのスプリット盤を紹介。
ポーランドのPutrid Cultからlim.500でリリースされた。

Abigail_Nocturnal_Damnation.jpg 

 拙著掲載のインタビューにてNocturnal Damnationのメンバーからリリースすると公言されていたスプリット盤で、双方2曲提供の4曲入りとなっている。夏にリリースされた5thアルバムに対してこのスプリット盤は10月末にリリースされたわけだが、何やら凄いらしいと小耳に挟みつつも国内になかなか入ってこなかったために私自身は今年になってようやく手に入れて目をひん剥いた。

 Abigailサイドの1曲目が今までの彼らの作品のどれよりもブルータルなメタルになっている。用いられているリフやブリッジなどは元々の彼らの路線であるが、ドラムの強烈さもあわせて全体の圧が凄い。ひたすら圧倒される。いわゆるウォー・ベスチャルにも肉薄しているようなカオスさも持ち合わせた傑作だ。2曲目の煽情的なブラック・スピードメタルもまた素晴らしい。何しろタイトルが"We are True Evil"である。これら2曲はスプリットにしか収録されないのだとしたらちょっと勿体ないのでは、と思わせるほど。

 Nocturnal Damnationサイドは彼の新境地とも思わせるオールドスクール・デスメタルを思わせるスタイルに踏み込んでいて、当初のBlasphemy~Conquerorの影響とは異なり、もっとスロウに磨り潰しにかかってくる。ヴォーカルスタイルもより重く低いグロウルに変わっているように感じる。そういえば彼はSadistic Intentの影響を受けていると言っていたが、まさにその辺りを突いてきている一方で、それをもっとへヴィにバスブーストで仕上げたという感じだろうか。

 とにかくAbigailサイドの素晴らしさが際立っている一方で、クラシックなサタニック・デスメタルを選択したNocturnal Damnationの方向性も含めて実に興味深いスプリットである。

Encyclopaedia Metallum - Abigail
Encyclopaedia Metallum - Nocturnal Damnation
タグ: Abigail  Nocturnal_Damnation  Japan  Korea  2016 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Final Damnation : Abigail (2016) 

日本のブラックメタル・ヤクザ、Abigailの5thアルバムを紹介。
アメリカのNuclear War Now! Productionsよりリリースされた。

Abigail_6.jpg 

 漆黒をバックにChris Moyen氏のアートワークという出で立ちでAbigailの新譜が発表されてビビッと来た人は多いだろう。ブラックメタルをプレイするAbigailが戻ってきたのではないかと。1stアルバム"Intercourse & Lust"以前のスタイルは、例えば以前紹介したDrakkar Productionsリリースの”The Early Black Years (1992-1995)”で聞くことができるが、2ndアルバム"Forever Street Metal Bitch"から近年までのイーヴルなスラッシュメタルをベースにしたメタルパンク路線より、その源流となるVenom、Bathory、Bulldozerあたりの1st waveブラックメタルスタイルであった。

 この5thアルバムはそのような原点回帰を図ったという話だったが、いやいや聞いてみるとそんなAbigailたるオリジナリティを捨て去るようなことはしていない。確かにルーツのブラックメタル・スタイルはリフやヴォーカルスタイル、ヘヴィネスさに顕著に現れている。しかしそこに2ndアルバム以降のらしさも失われていない。むしろ築き上げたものは健在である。その結果としてイーヴィルかつヘヴィでありながら軽快さ・煽情さも味わえるアルバムに仕上がっている。#06"No Pain! No Limit!"の日本語歌詞も実に熱い。

 また曲中の展開、アルバム全体のバリエーションなどなど国内外のマニアたちを感服させてきた絶妙なバランスはパワーアップしており、今年結成25周年を迎えたバンドとしての気焔を見せつけてくれた快作と言えよう。感服。

Encyclopaedia Metallum - Abigail
タグ: Abigail  Japan  2016  個人的良盤 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top