Wanderer of the Abyssal Plains : Indesiderium (2015) 

アメリカはカリフォルニアのアトモスフェリック・ブラックメタルバンド、Indesideriumの1stアルバムを紹介。
本作品は自主リリースである。

Wanderer_of_the_Abyssal_Plains.jpg 

 アメリカのGravespawnというブラックメタルバンドからスピンアウトして2012年に結成されたツーマンバンドで、元バンドがオーソドックスなUSBMであったのに対して、こちらはファストなブラックメタルスタイルとアトモスフェリックな要素を組み合わせたスタイルである。

 1曲目のインストゥルメンタル "Nocturnal Isolation" が完全にネイチャーな雰囲気で始まるため、いわゆるカスカディアンブラックメタルを想像していたのだが、その後の楽曲が思ったよりもスラッシーでオールドスクールな感覚を持たせつつもファストに畳みかけてくるタイプのスカンディナヴィアンブラックメタルになっていて、そこにところどころでシンミリきかせるアトモスフェリックなメロディを挿入してくるのが巧妙。

 新しさというより90年代後半に見られたような、90年代初頭のブラックメタルの衝撃を真に受けつつもにニヒリズムよりも孤独に引きずり込まれていったプレ・デプレッシブブラックメタルのような印象も持たせる。どうやらバンドメンバー自身が90年代初頭のブラックメタルをリアルタイムで経験しており、初めて手に入れたブラックメタルアルバムはBeheritの "Drawing down the moon" だとか。

 普段の行動範囲ではなかなか手が伸びにくいタイプの音源だったが、たまたま海外のウォーブラックメタル愛好家とのトレードを行った際にオマケでつけてくれたものだった。実際、バンドメンバーはウォーブラックをよく聞くとかで、廻り巡って手に入った音源ではあったがなかなか高品質で満足度の高い音源であった。古き良きメロディックブラックやデプレブラック好きにお勧めしたい。

 Encyclopaedia Metallum - Indesiderium
 Bandcamp
タグ: Indesiderium  USA  2015 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Tahoma : Alda (2011) 

アメリカのフォーク/カスカディアンブラックメタルバンド、Aldaの2ndアルバムを紹介。
アメリカのEternal Warfareよりリリースされ、中国のPest Prod.などから再発あり。
現在ではBandcampでNYP配信されている。

ALDA_2.jpg

バンドサウンドにバウロンやチェロ、マンドリンなども織り交ぜた音色に、
敏腕女性プロデューサーMell Dettmerのマスタリングによって、
自然の雄大さ、温かさ、切なさを思う存分詰め込んだ作品。

初めて聞いた時の感想は初期Agallochにぬくもりを内包させたサウンドだと思ったが、
改めて聞いてみると近年のAlcestのようなシューゲイザー(not BM)アプローチも若干感じられ、
「原風景への憧憬」とも言えるような作風になっていて実に素晴らしい。

メンバーの若さからも鑑みて自らの体験というより「未知の原風景」という感じだ。
というのもこのバンドはアメリカのタコマ出身のバンドであり、
そしてこのアルバムのタイトルは昔の地名である"Tahoma"になっているからである。

去年、3rdアルバムがリリースされたがまだ未聴。
タグ: Alda  USA  2011 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Paradigm Of Decay : Paroxysmal Descent (2009) 

オーストラリアの独りデプレッシブブラックメタルバンド、Paroxysmal Descentの1stアルバムを紹介。
スウェーデンのTotal Holocaust Recordsよりリリースされた。

Paroxysmal_Descent.jpg

海外ディストロから大量買いしたときに混入(サービス)していたもの。
THRからは当時Arkha Svaなんかも音源を出していたので、
もしかしたら比較的有名なバンドかもしれないがDSBMは不得手なので知らなかった。

あくまでブラックメタルとしての基盤を保っているタイプの典型的なDSBMで、
いわばBurzumXasthur由来の影響がバリバリ。
陰鬱かつメロイックなトレモロリフはこのジャンル好きなら美味しく頂けるであろうが
特に他のバンドに比べて際立つ要素も見当たらないのは残念なところ。

音をかなり硬質的に仕上げているのが逆効果だったかもしれない。
もう少しサウンドプロダクションを工夫することで面白い雰囲気は出せたかも。

Encyclopaedia Metallum - Paroxysmal Descent
タグ: Paroxysma_  Descent  Australia  Burzum  Xasthur  2006-2010 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Bak Og Forbi : Hinsidig (2009) 

ノルウェーのデプレッシブブラックメタルバンド、Hinsidigのデビューデモを紹介。
中国のPest Productionsよりlim.1000でリリースされた。

Hinsidig.jpg

いかにもPest Pro.がリリースしそうなDSBM!というだけで記事を終えてしまいそうだが、
よくよく考えてみるとノルウェーの有名なDSBMってあったっけかな、と。
元々Burzumの影響が強いジャンルなのに。
あまり詳しくないからかもしれないけどForgotten Woodsくらいしか思いつかない。

とメンバーを調べてみると中心人物は複数バンドを渡り歩いたWinterheart氏。
なるほどノルウェーのバンドというクレジットだけど彼はドイツ人だ。
その気持で聞いてみるとドイツ系メランコリックブラックメタルっぽい。
みんな大好きColdworldにも近いように思えてくる。

というわけでそこらへんのメランコリック系DSBMが好きな人には
なかなかお勧めなのではなかろうか。
ちなみに今の活動状態はUnknownらしい。

Encyclopaedia Metallum - Hinsidig
タグ: Hinsidig  Norway  2006-2010 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Shelter (Deluxe Edition) : Alcest (2014) 

フランスのシューゲイザー(元ブラックメタル)バンド、Alcestの4thアルバムを紹介。
ドイツのProphecyよりリリースされた。


Shelter (Digisleeve Edition)Shelter (Digisleeve Edition)
(2014/02/18)
Alcest

商品詳細を見る


今回は事前で嫌な予感がしたのでitunesのDL購入で済ませてしまった。

個人的にはAlcestはその持ちうる要素をすべて出し切った1stがほんと名作で、
2ndはビミョー、3rdは持ち直した気がするけど曲単体が弱く、みたいな。
そろそろ4thに至っては完全にブラックメタルの要素を排除しそうだな、と。

ブラックメタルの要素を無くすこと、これ自体は彼らの存在の否定にはならないが、
自分の趣向から外れてくるのと、もう一つは美醜のコントラストが排除されるため、
あまり進んでいってほしくない方向性だと思っていた。

そして彼らはその「進んでいってほしくない方向」を示したのがこのアルバム。
ミュージシャンとしてさらに一皮むけるための第一歩を祝福しつつ、
お別れの作品になったかもしれない淋しさも募る。

ちなみにデラックスverのボートラが一番旧作ファンのツボにハマる気がするので、
今から手に入れるならDL購入が一番よいのではないかと思います。

Encyclopaedia Metallum - Alcest
タグ: Alcest    France  2014 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Apocalypse In Your Heart : Totalselfhatred (2011) 

フィンランドのデプレッシブブラックメタルバンド、Totalselfhatredの2ndアルバムを紹介。
フランスのOsmose Productionsよりリリースされた。


Apocalypse in Your HeartApocalypse in Your Heart
(2011/03/04)
Totalselfhatred

商品詳細を見る


以前、1stを絶賛したTotalselfhatredの2ndというわけだが、
2011年に購入してからかなり長い間記事にかけないでいた。
はっきりいって当初、「がっかりした」のが正直なところだからだ。

事前に膨らんだ期待の大きさは1stの良さに比例したものであり、
決してこの2ndがダメダメであるわけではなかったのだが、
1stの音質面含めたトータルバランスのすばらしさに対して、
どうもこの2ndはまとまりに欠けるきらいがあったのだ。

正直、楽曲センスを顧みると勿体ないとしか言えない作品なのだが、
「We`re excited to announce that our second album "Apocalypse in your heart" will be repressed & completely re-mixed.」
と公式Facebookアカウントに記載が!
これはもしかしたら2ndの楽曲が生まれ変わるチャンスかもしれない。

Encyclopaedia Metallum - Totalselfhatred
タグ: Totalselfhatred    Finland  2011 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Ariettes Oubliees : Les Discrets (2012) 

フランスのシューゲイザー/ポストブラックメタルバンド、Les Discretsの2ndアルバムを紹介。
ドイツのProphecy Prod.よりリリースされた。

Les_Discrets2.jpg

Alcestとスプリットを出して知名度を高めての1stから2年、
メンバー的にもドラマーのWinterhalter、そしてかのAudrey Hadornが在籍しており、
そろそろLes Discretsらしさとやらを明確に打ち出すべき2nd。

しかし当時、「どうせあの時のAlcest以上の物は出せないよ」と、
実はこのアルバムを手に入れた当初はほとんど聞かないまま積んでいたのだが、
いまさらのように耳を傾けてみると美しい創作が広がっていた。

バンドの中心人物であるFursy Teyssierは実はアニメーターらしい。
なるほどこのアーティスティックで非日常的な童話的サウンドはそういうことなのかと。
シューゲイザー/ポストブラックとしてどうかというと若干退屈な音楽性だが、
まるで絵本をめくっていくかのような情景美とその変化という体験としては素晴らしい。
タグ: Les_Discrets  Alcest  France  2012 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Songs to Leave : Forgotten Tomb (2002) 

イタリアのデプレッシブブラック/ゴシックメタルバンド、Forgotten Tombの1stアルバムを紹介。
今はなくスウェーデンのSelbstmord Servicesよりリリースされ、近年所属レーベルのAgoniaより再発もされている。

Songs to LeaveSongs to Leave
(2012/03/13)
Forgotten Tomb

商品詳細を見る


今となってはデプレッシブ/スーサイダルブラックのクラシックな一枚になったアルバム。
ジャケットが全てを表わしているかのように人の内面をディープにえぐる絶望を表現。
完全にメランコリックな作風をブラックメタルナイズドすることで絶望感がでている。

ちゃんと聞いてみると結構ドゥームメタルな要素があったりして、
そこがまたその雰囲気を助長してまあとにかくデプレッシブな作風だが、
Burzumの流れをしっかり踏んでいると実感するのと、
とにかく楽曲の完成度として他の並なデプレブラックとはまるで質が違う。

後に彼らはゴシックブラックの方面に向かっていくわけだが、
既にこの頃から様々な影響や要素をしっかり消化して、
作品として仕上げることに長けているアーティストなんだと感心した。

Encyclopaedia Metallum - Forgotten Tomb
タグ: Forgotten_Tomb  Italy  Burzum  2001-2005 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Roads To Judah : Deafheaven (2011) 

アメリカはサンフランシスコのポスト/ヒップスターブラックメタルバンド、Deafheavenの1stアルバムを紹介。
アメリカのDeathwish Inc.よりリリースされ、日本でもDaymareがリリースした。

Roads to JudahRoads to Judah
(2011/04/26)
Deafheaven

商品詳細を見る


このアルバム、発売当時からかなりの話題になっていて、
自分もとりあえず飛びつき…、通しで聴かないままここまで来てしまった。
去年あたりこのバンドの2ndが大きな風を吹かした時も何もコメントできず。
さすがに消化しなければ先にも進めず後ろにも戻れない気がした。

さて一念発起して再度しっかりと聴いてみたが、
改めて思ったのはケチを付ける要素なんて特にないってこと。
シューゲイザーの要素のあるポストブラックとして非常に優秀。

ではなぜ当時、これが聞けなかったのか、そしてなぜ今も受け付けないか。
一つ言うとすればトゲが皆無なこと。
非常にツルツルしていて握った掌からシュッと抜けてしまう感覚。
近いスタイルでも初期Alcest、Woe、Kralliceなど、いずれもトゲがあったように感じる。

求めている要素の違い、それに尽きる気もする。

Encyclopaedia Metallum - Deafheaven
タグ: Deafheaven  Alcest  Woe  Krallice 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

X : Xevnnizh (2010) 

フランスのダークアンビエント/エクスペリメンタルブラックバンド、Xevnnizhの3rdアルバムを紹介。
自主リリースによるデジタルリリース(Bandcamp)された。

Xevnnizh.jpg

エクスペリメンタルアーティストのSagamoreなる人物の独りプロジェクトで、
当初はBurzumのDunkelheitをカバーするなどブラックメタル寄りのダークアンビエントだったが、
この音源に至ってはダークアンビエント~ノイズに完全に足を踏み入れている。

アルバムジャケットの通り、非常に不吉で不安感をあおるものになっており
自分のようなノイズに対する理解の無いものが聞いていると、
どうも聴いているのが億劫になってくるようなそういうネガティブな音像だ。

今ではSagamoreに改名して現在も活動を続けており、
昨年もBandcampを通じて音源を公開している。
ダークアンビエントに興味があればNYPなので手は出しやすいだろう。
タグ: Xevnnizh  Sagamore  Burzum  France  2006-2010 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top