The Headless Ritual : Autopsy (2013) 

アメリカはオークランドのデスメタルレジェンド、Autopsyの6thアルバムを紹介。
Peaceville Recordsよりリリースされた。

Autopsy6.jpg 

 1987年にex-DeathのChris Reifert氏を中心に結成し4枚の傑作デスメタルアルバムを残して1995年に解散し、パンクメタルバンドAbscessの活動にシフトするも1stアルバム"Severed Survival"20周年を期にAutopsyを再結成、翌年にはAbscessを解散して、もう一度こちらに戻ってきての2枚目に当たる。

 再結成後の彼らの作品はベテランとしての気焔を目いっぱいに見せつける渾身のデスメタル群であって、1st~2ndアルバムのような死臭がこもったデスメタルではなく、3rd~4thアルバムのような聞く人をコンフューズドさせるようなデスメタルでもない。場数を経て明らかに大人になったかのようなデスメタルである。それをつまらないと思う人もいると思う。特にこの6thアルバムはどうも音の軽さがあり、彼らのズルズルサウンドを十二分に引き出す形にはなっていないように感じる。

 しかしそれでもだ。これをAutopsyというバンドがやっていることに意味があると解釈する人もいるだろう。自分もその一人だ。やはり彼らの紡ぐサウンドはAutopsyそのものである。根底にあるベイエリアのスラッシュメタルに血生臭さをまき散らしたようなオールドスクールデスメタルの魅力…それがこのアルバムはもっともわかりやすい形で提示されている。彼らのようなベテランが第一線で活動し続ける意味を考えればそこには進化とか停滞とは別の次元のサウンドが体感できるのではないだろうか。

 最後に一言。何とか来日してもらえないものでしょうか。

Encyclopaedia Metallum - Autopsy
タグ: Autopsy  Abscess  Death  USA  2013 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Necrobestiality Tales (Eternal Damnation) : Necrofucker (2012) 

ペルーのカルト・デスメタルバンド、Necrofuckerの1stアルバムを紹介。
ペルーのPentagram Recordsよりlim.300でリリースされた。

Necrofucker_1.jpg 

 1987年結成で、あのAnal Vomitの前身バンドだと言われている。1989年にデモ"Demencia Precoz"をリリースしたものの1992年からAnal Vomitの活動に切り替えたようだ。初期Anal Vomitはまだゴア趣味のあるUGデスメタル要素が強かったのだが、それはこのバンドの延長線スタイルだったようだ。その後、00年代にAnal Vomitの名前がGoat Semenとのスプリットを通じて台頭していった中、前身バンドのパーマネントメンバーであったWalter Profanador氏によって新たにメンバーが集められ、2009年に「再結成」されて作成に至ったのが本作である。

 ジャケットは部族の首狩りによる儀式が描かれており、酋長らしき人物の羽で飾られた衣装からもアンデス文明のナスカ社会を示したものであろう…といきなり真面目な書き出しから一転、飛び出すサウンドは南米ベスチャルもビックリのズタボロ崩壊カルトデスメタルである。このバンドの場合、ペルー産だからかいわゆるノイズグラインド的な凶悪さではなく、単純にまず演奏がヒドい。リズムが全く取れておらず、即興バンドなのではないかな?とか思ってしまうほど自由な気風に裏打ちされた崩壊さである。

 恐らくこのアルバムに手が伸びた人はAnal Vomit関連だから、という人が多いのではないかと思うが、それだとかなりガッカリする内容で、それよりももっと崩壊デスメタル好きという二ッチもニッチなマニアというかフェチにお勧めしたい内容である。というか個人的にはお勧めという感じではなく、こんな音源もありますよという程度だが…。しかし色々聞こうとしたらたまにこういう作品にも遭遇して、何やらホッコリするみたいなところはある。

 これ300枚しか出回ってないはずなのに当時、それなりの枚数が日本に入ってきていたような気がしていて末恐ろしい限りである。

Encyclopaedia Metallum - Necrofucker
タグ: Necrofucker  Anal_Vomit  Peru  2012 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Corpses...Intense Stench : Impure (2003) 

スペインのブルータルデスメタルバンド、Impureの2ndアルバムを紹介。
アメリカのGoregiastic Recordsよりリリースされた。

impure2.jpg


Carcass~Exhumedラインの延長でゴアグラインドをちょこちょこと聞いていた時、
ゴアグラインドだと聞いて手に入れたものなのだが、
内容としてはゴア要素を感じるブルデスという方が近い印象。

かなりドラムの力量は高いと感じさせる一方で、
どうも曲の問題か他のリズム隊に特別な印象を感じない。
しかしそういうところが逆にちょっとゴアっぽさを醸し出していて、
純粋ブルデスがあまり得意でない自分にも聞ける内容になっている。

まあ探し出して購入を推奨するような作品では全くないが、
その手のジャンル好きであれば楽しめる作品ではあると思う。

Encyclopaedia Metallum - Impure
タグ: Impure  Exhumed  Spain  2001-2005 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Blasphemous Cremation : Incantation (2008) 

アメリカはペンシルバニア州のデスメタルバンド、IncantationのEP盤を紹介。
アメリカのNecroharmonic Prod.より12"LPとCDでそれぞれリリースされた。本稿は後者を扱う。

incantation_08ep.jpg

1stアルバムのプロトタイプにであったデモ音源(1991年録音)のリリース。
元々Amorphisとのスプリットとしてリリースされる予定だったがお蔵入りされ、
17年の歳月を経て世の中に出されたもの。
一部の曲は後のオフィシャルリリースと曲名が異なるものもあったりする。

基本的には1stアルバムのプロト盤ではあるが、
プロト盤がゆえの音質の生々しさがそのズルズルっとした感じと合っていて、
1stアルバムとはまた異なる感触を得ることができる。

Incantationファンならお勧めできるアイテムだが、
これから聞こうと思っている人はまずは普通に1stアルバムを聞いた方がよいとは思うが、
ロウな音質が故の感触はAutopsyファンもググッとくるのでは。

Encyclopaedia Metallum - Incantation
タグ: Incantation  Amorphis  Autopsy  USA  2006-2010 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Live May 16th 1993 Atco, NJ USA : Incantation (2013) 

アメリカはペンシルバニア州のデスメタルバンド、Incantationのコレクターズ盤を紹介。
リリースレーベル未記載のブート音源である。

incantation_lp.jpg

1993年に行われたライブ音源が収録されているブート盤。
どうやら150枚限定のリリースらしいが偶然、奈良のレコード屋で発掘したもの。
日本でもまだ売れ残っている(15'09/30現在)ので、
150枚のうち結構な数が国内に入ってきたのではないかと推測される。

閑話休題、レコード盤は掲載写真通り、Red wax仕様で気合が入っており、
また元々の音源の録音状態が良かったのであろうが、
ブートのライブ盤にしてはかなり高音質で期待(?)を大いに裏切ってくれた。

このライブ前年にリリースされた1stアルバムからほとんど選曲されており、
またVo.のCraig Pillardの咆哮ヴォーカルの迫力、そして邪悪さが生々しく、
初期Incantationのファンアイテムとしてはかなりおススメ。

Encyclopaedia Metallum - Incantation
タグ: Incantation  LP  USA  2013 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Souls Of Morbid Machine : Massground (2009) 

日本は北九州のデスメタルバンド、Massgroundのコンピレーション盤を紹介。
マレーシアのBlastwork Recordsよりリリースされた。

massground.jpg
(DVDトールケース)

このバンドのメンバーの方と一時期仲良くさせてもらっていたことがあって、
この音源は当時音源トレードさせてもらったものである。

90年代より活動されていて2人編成のドラムは打ち込みなのだが、
節操のある打ち込みでありオールドスクールデスメタルの中で浮いていない。
そう、これはオールドスクールなデスメタルであり、
ドゥーミーなパートがところどころに挿入されているのが心地良い。

オールドスクールデスの魅力が国内でここまで再現されているのは希少価値高い。
ああ、こういう緩急のつけ方こそがオールドスクールデスの醍醐味だよと。

連絡を取り合っていた5年前のときは新曲も作られていたようだったが、
今のところ新譜の噂はまだ伝え聞くことができていない。
気長に待たせてもらいましょう。

Encyclopaedia Metallum - Massground
タグ: Massground  Japan  2006-2010 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Orchestrated Kill Maneuver : Invasion (2010) 

アメリカはミシガンのデスメタルバンド、Invasionの3rdアルバムを紹介。
アメリカのRotting Corpse Recordsよりリリースされた。

invasion.jpg

何となく「ウォーブラックかな―」くらいの気持ちでジャケ買いした一枚で、
購入後に1989年より活動しているデスメタルバンドであることを知った。
1989年に1st、2002年に2nd、そして2010年にこの3rdとかなり散発的に活動している。

活動が80年代後期からということで元々はスラッシュ寄りのデスメタルな音だったようだが、
このアルバムにおいてはスラッシュメタルの成分はだいぶ減退していて、
迫力あるグロウルと手数の多いリフで押しまくるタイプのデスメタルをやっている。

たまに「気持ち悪い」タイプのリフを挟んでくるなど一筋縄ではいかない感じだが、
Bolt ThrowerとIncantationあたりを混ぜてしかもヨーロピアンデスメタルがほんのりとな感じの、
クラシックなデスメタルが好きならなかなかお勧めできる。

あまり戦闘機など詳しくないがジャケットはドイツ国防軍のメッサーシュミットか何かであろうか。
特に歌詞にナチ礼賛、レイシズムをテーマにしているものは見られず、
単なる軍事オタクのようである(SEとかもそういうものを多く使っている)

Encyclopaedia Metallum - Invasion
タグ: Invasion  USA  2006-2010 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Sentenced to Life : Black Breath (2012) 

アメリカはシアトルのデスメタル/クラストバンド、Black Breathの2ndを紹介。
アメリカのSouthern Lord Recordingsよりリリースされた。

Sentenced to LifeSentenced to Life
(2012/03/22)
Black Breath

商品詳細を見る


2008年に出したEP盤からとてつもない反響を得ていたという彼らの2nd。
個人的には彼らの作品はこれが初めてだった(来日するということで買った)
ので過去作品との対比はできないが、これはスウェディッシュデスメタルだ。
3rdアルバムあたりのEntombedをモロ想起させる。

人によってはハードコア路線、クラスト路線とも捉えているようだが、
個人的にはAt the Gatesのようなメロデスラッシュ的なアプローチも感じる。
それもEntombedの延長線における一つの過程と捉えればすんなり理解できるのでは。

At the Gatesということでメロディの優れたスラッシーなデスメタルの要素があり、
それはかなり万人受けする音作りになっているということなので、
なるほど各層から支持が厚いのも頷ける内容だ。
上記のバンドが好きなら是非聞いてみたらいかがだろうか。

Encyclopaedia Metallum - Black Breath
タグ: Black_Breath  Entombed  At_the_Gates  USA  2012 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Serpent Saints : Entombed (2007) 

スウェーデンのデスメタルバンド、Entombedの9thアルバムを紹介。
スウェーデンのThreeman Recordingsよりリリースされた。

Serpent SaintsSerpent Saints
(2007/07/31)
Entombed

商品詳細を見る


個人的には2ndアルバム以来の"復帰作"で3rd-8thは聞いていなかったが、
どうやらDeath'n'roll化したということだけは伝え聞いていたので、
Amazonで安く売られていたのを見て久しぶりに購入したもの。

聞いてみれば予想とは打って変わって結構デスメタルをやっていて、
1st,2ndアルバムに近い音も出していたりするんじゃないかと。
またミドル/スローテンポも決して退屈ではなくて重厚な感じでグッド。

巷の評価として"初期作のトリビュート止まり"などと揶揄されていたりするが、
そこまで痛烈に言うほど悪い作品ではないように感じるし、
今も安値で取り扱いがあるので往年のファンは聞いてみてはいかがか。

ちなみにこの記事を書くにあたって現在の活動を調べていたら、
フルレングスはこのアルバムが最後になっていて、
現在のラインナップでは今後、Entombed A.D. という名前で活動するとのこと。
オリジナルメンバーとの間で何かあったようだが不明。

Encyclopaedia Metallum - Entombed
タグ: Entombed  Sweden  2006-2010 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Burial : Extol (1999) 

ノルウェーのテクニカルデスメタルバンド、Extolの1stアルバムを紹介。
スウェーデンのEndtime Productionsよりリリースされた。

BurialBurial
(1998/12/22)
Extol

商品詳細を見る


Atheist、Cynic(と後期Death)あたりの初期テクデス勢の意志を継承しつつ、
それらの音には属していない異なる"テクデス"を披露しているのがこのアルバム。
Meshuggahにはかなり影響を受けたようだがあれともまた違うように感じる。

確かにテクニカルではあるが決してテクニックに頼っておらず、
確かに曲の展開の激しい切り替わりはあれどもパッチワークのようではなく、
ガチャガチャしていないというかすっきりしているのが素晴らしい。

個人的にはいわゆる"テクデス"はどうもすんなり受け止められない性格だが、
このアルバムは非常においしくいただけたのでのは、
恐らくこのアルバムが機械的なものではなく情緒的なものだったからではなかろうか。

Encyclopaedia Metallum - Extol
タグ: Extol  Atheist  Cynic  Death  Meshuggah  Norway  1996-2000 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top