Last CD Before Doomsday : Worship (2004) 

フランス/ドイツのフューネラルドゥームメタルバンド、Worshipのデモ(CD再発ver)を紹介。
オリジナルはLast Tape Before Doomsdayというタイトルで、メンバーがオーナーだったImpaler of Trendies Productionsからカセットでリリースされ、後に日本のWeird TruthよりリリースされたのがこのCD再発盤。
この再発においてはAgathoclesとのスプリットの音源も収録されている。

worship1.jpg

Fucked-up Mad Maxの自殺の件はUnholy Arcangelのコラムでも触れたが、
その彼の遺作でもあるこの作品はまさに彼の怨念が宿っているかのような、
その迫真のドゥームスタイルはまさしく黒い音像として襲いかかってくる。

ギターのリフなどは結構メロいところもあったりゴスなところもあったり、
そういうところの"聞きやすさ"もまたこのバンドの魅力であろうし、
それがなければ恐らく自分のようなタイプには最後までは聞くに聞けなかっただろうし、
逆にいえば最後まで聞けてしまうところに驚かされた作品でもある。

強いていえば自分はこの音源をいつ聞けばいいか解らない。
落ち込んでいるときに聞けば死にたくなりそうだし、
寝る前に聞いたらとても悪い夢を見そうだなあと思う。
それはこのジャンルにおいては褒め言葉なのではなかろうか。

Encyclopaedia Metallum - Worship
タグ: Worship  France  Germany  2001-2005 
Gothic/Doom  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top