Roads To Judah : Deafheaven (2011) 

アメリカはサンフランシスコのポスト/ヒップスターブラックメタルバンド、Deafheavenの1stアルバムを紹介。
アメリカのDeathwish Inc.よりリリースされ、日本でもDaymareがリリースした。

Roads to JudahRoads to Judah
(2011/04/26)
Deafheaven

商品詳細を見る


このアルバム、発売当時からかなりの話題になっていて、
自分もとりあえず飛びつき…、通しで聴かないままここまで来てしまった。
去年あたりこのバンドの2ndが大きな風を吹かした時も何もコメントできず。
さすがに消化しなければ先にも進めず後ろにも戻れない気がした。

さて一念発起して再度しっかりと聴いてみたが、
改めて思ったのはケチを付ける要素なんて特にないってこと。
シューゲイザーの要素のあるポストブラックとして非常に優秀。

ではなぜ当時、これが聞けなかったのか、そしてなぜ今も受け付けないか。
一つ言うとすればトゲが皆無なこと。
非常にツルツルしていて握った掌からシュッと抜けてしまう感覚。
近いスタイルでも初期Alcest、Woe、Kralliceなど、いずれもトゲがあったように感じる。

求めている要素の違い、それに尽きる気もする。

Encyclopaedia Metallum - Deafheaven
タグ: Deafheaven  Alcest  Woe  Krallice 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top