Monolith : Amebix (1987) 

UKのメタル/クラストパンクバンド、Amebixの2ndアルバムを紹介。
UKのHeavy Metal Recordsよりリリースされ、以降相次いで再発された。近年では2016年にDissonance Productionsから。

Amebix2.jpg 

 メタル畑で生きてきた人間にとって、このAmebixというバンドはクラストの重鎮として名前こそ聞いたことあれど決して近い存在だとは思っていなかった。しかしこの数年、様々なウォー・ベスチャル・ブラックメタルバンドなどとのコンタクトを経て80年代のエクストリームなメタルとハードコアの影響が合い混じって現在にUGメタルシーンがあることを実感し、その中でこのバンドの名前も度々目にしたことで恐る恐る手を伸ばしたのがこのアルバムである。

 いわゆる自分の中でクラスト/ハードコアとして直感的に思いつくような一種の「明るさ」はこのアルバムを通して感じさせることはなく、UKの天気とも思わせるような薄暗さが支配している。演奏テクニックや曲展開なども秀でていて、粗暴さとは対極的であることから、「小難しくないVoivod」のようでもあるが、その薄暗さやミドルテンポの導入がそこに拍車をかけてこのアルバムだからこそ聞ける音楽性、そして世界観を構築している。それがブラックメタルにも通じるような作風になっており、結果的にかなり裾の広い支持を受けそうだと感じる。

 同時にこのアルバムは既に完成形であり何か手を加えたり、足し算や引き算も必要のない物であるように感じさせる。バンドとしても後にこのアルバムの存在はバンドの活動のターニングポイントだったと述べられているようだ。80年代を振り返るには既にかなりの年月が回り、単なるルーツとしての探索ではなく、ジャンルの垣根を超えて愛されるべき作品と言える。

Encyclopaedia Metallum - Amebix
タグ: Amebix  UK  1986-1990 
Harc Core  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Passion : Anaal Nathrakh (2011) 

イギリスのブラックメタルバンド、Anaal Nathrakhの6thアルバムを紹介。
イギリスのCandlelight Recordsよりリリースされた。


PassionPassion
(2011/05/23)
Anaal Nathrakh

商品詳細を見る


スリーブケースをとってジャケ写をよくよく見てみると
逆さに吊るされた男の股を鋸で裂いていてヒッ…、
解りにくい絵でパッと見よくわからなくてよかったよかった。

ジャケットがそんな感じとはいえやっていることはいつもと同じで、
さすがにゴアグラインドナイズな内容ではないにしろ、
いつもと同じということはやっぱり烈しくもメロディもしっかり。

5thでこのスタイルを極めた感じもあり、
進歩性に於いては若干物足りなさもあるわけだが、
彼らのスタイルを好む人からしたら絶品の内容だと思われる。
自分はそこまで肌に合わないためこのアルバムを最後に追いかけるのをやめました。
クオリティは認めているだけに後腐れなく。

Encyclopaedia Metallum - Anaal Nathrakh
タグ: Anaal_Nathrakh    UK  2011 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Weather Systems : Anathema (2012) 

イギリスのゴシック/オルタナティブロックバンド、Anathemaの9thアルバムを紹介。
イギリスのKscope MusicとアメリカのThe End Recordsよりリリースされた。

Weather SystemsWeather Systems
(2012/05/07)
Anathema

商品詳細を見る


前作の"美しく空間的なサウンドにつつまれるポストロック"という方向性はそのままに、
どことなく儚さを感じさせるサウンドが聞いている身を包むように展開される。

儚さといっても寂しさとかそういうものではなく、
前作と違うところはすなわち"悟り"なのではないかと思う。
前作のタイトルがデカルト哲学的な自己存在についてであるのに対して、
もう少し超越的な視点からの世界観を謳っているように感じる。

ラストトラックの歌詞に目を向けてみると、
臨死についてJoe Geraciなる人物の言説を引用しつつ、
死別についての哲学が美しく書かれている。

徹頭徹尾、コンセプトを感じさせる作品としてお見事。
このバンドはどこまでいくのだろうか、興味が尽きない
(といいつつ最新作はまだ未聴)

Encyclopaedia Metallum - Anathema
タグ: Anathema  UK  個人的良盤  2012 
Gothic/Doom  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

In The Constellation Of The Black Widow : Anaal Nathrakh (2009) 

イギリスのブラックメタルバンド、Anaal Nathrakhの5thアルバムを紹介。
イギリスのCandlelight Recordsよりリリースされた。

In the Constellation of the Black WidowIn the Constellation of the Black Widow
(2009/06/29)
Anaal Nathrakh

商品詳細を見る


ドラムマシンであることに開き直った「非人道的グラインドブラック」であるのは変わらず。
またそのような点から若干サイバー/インダストリアルブラックな印象を受けるのも同じで、
Anaal Nathrakh好きなら高評価間違いなしだと思う。

4thアルバムは聞いていないが3thと比較するとブラックメタルらしさが戻った印象で
結構メロいリフも途中挟んできたり楽曲として聞きやすい。

自分が聞いたことがある彼らのアルバムの中では一番完成度が高いように感じる。
一方で、個人的に彼らの作品は聞いていると疲れてしまうため、
そこまでのめり込めないのもまた事実。

Encyclopaedia Metallum - Anaal Nathrakh
タグ: Anaal_Nathrakh  UK  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

False Gestures For A Devious Public : The Blood (1983) 

イギリスのOi!パンクバンド、The Bloodの1stアルバムを紹介。
1983年リリースのものにボーナストラックを付けてCaptain Oi!から再発された。

False Gestures for a Devious PublicFalse Gestures for a Devious Public
(2005/03/28)
Blood

商品詳細を見る


以前に書いたNSBMのコラムでも少し取りあげたバンド。
あのコラムを書いてからも海外のOi!パンク勢は全然解らないのだが、
逆にこのアルバムは今でも聞き続けている名盤。

メタリックで哀愁の漂うギタープレイがメタル好きの琴線に触れること間違いなしで、
非常に男臭いヴォーカルとバックコーラスがこれまた熱い。

また4曲目などいきなりサキソフォンまで飛び出す自由な作風、
パンクはこうでなくちゃ、みたいな枠組みをぶち破って、
やりたいようにやっている感じがこれこそパンクってもんなんじゃないんか。
素晴らしい!
タグ: The_Blood  UK  個人的名盤 
Harc Core  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

From Enslavement To Obliteration + Scum : Napalm Death (1990) 

イギリスのグラインドコアの始祖、Napalm Deathの1st,2ndのカップリングを紹介。
このカップリングは日本のToy's Factory からリリースされた。

フロム・エンスレイブメント・トゥ・オブライトレーション+スカムフロム・エンスレイブメント・トゥ・オブライトレーション+スカム
(1990/11/21)
ナパーム・デス

商品詳細を見る


ハードコアからグラインドコアへの生まれ変わりとなった音源であったり、
CathedralのLee DorrianCarcassのBill Steerなどメンバーの豪華さで語られたり、
世界で一番短い曲としてギネスブックに登録されている音源が収録されていたり
日本の伝説的ハードコアバンドSxOxBとの関係など、
ググれば枚挙なくエピソードの絶えない音源。

そこらへんはここで語らないとして、
ここで紹介するのは日本からリリースされたこのカップリング音源で、
ボートラとしてEP盤"Mentally Murdered"から"The Missing Link"が収録されている。

計55曲というグラインド作品らしい収録数で、
結構Toy's Factoryグッジョブという内容なのだが、
昔は日本リリースはカップリング多かったんだよね(テイチクとかから)

Encyclopaedia Metallum - Napalm Death
タグ: Napalm_Death  Cathedral  Carcass  SxOxBx  UK  1986-1990 
Grind Core/Gore  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Codex Necro : Anaal Nathrakh (2001) 

イギリスのブラックメタルバンド、Anaal Nathrakhの1stアルバムを紹介。
イギリスのMordgrimmよりリリースされ、
後にEarache、Feto Recordsよりそれぞれボートラ付きでリイシューされた。

Codex NecroCodex Necro
(2009/12/10)
Anaal Nathrakh

商品詳細を見る


1998年よりMayhemスタイルのブラックメタルでデモを作成し話題を集め、
そしてこのアルバムではインダストリアルな要素を取り入れて、
大きな話題を読んで各種有名雑誌などでも高い評価を得た作品。

当時はサイバーブラックメタルと呼ばれていたような気もするが、
改めて聞いてみるとマシングラインドとプリブラの融合なように感じる。
グラインドコアに近いWar Blackのアプローチとは近くて遠い。

このバンドの特徴はマシングラインドらしい非人道的なサウンドであろうが、
この1stにおいてはまだデモで見られた人間味が若干残っているように感じる。
それがちょうどよいバランスに感じる人もいるだろう。

Encyclopaedia Metallum - Anaal Nathrakh
タグ: Anaal_Nathrakh  UK  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Epoch : Fen (2011) 

イギリスのアトモスフェリック/ポストブラックメタルバンド、Fenの2ndアルバムを紹介。
イタリアのCode666 Recordsよりリリースされた。

fen2

アトモスフェリックなポストブラックとしてAgallochに対するUKからの回答であり、
UKとしてのシューゲイザーらしさを見せているという意味では、
Alcestなどに肉薄する音楽性も見せている。

この2ndアルバムではよりUKらしい決して晴れない陰鬱な音楽性が増し、
その分、ブラックメタルとしての成分は大きく減退して、
もはやこれはブラックメタルの範疇からは完全に離れたような印象を持つ。

この手の音源としてはかなり完成度の高いサウンドを誇っているが、
果たしてメタルファンが受け入れるものかどうかは、
Alcestの1stを受け入れたものでさえ更にもう一越え必要なように感じる。

Encyclopaedia Metallum - Fen
タグ: Fen  UK  Alcest  Agalloch  2011 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Rose Curl, Sea Swirl : Sleeping Peonies (2010) 

イギリスのシューゲイザーブラックメタルバンド、Sleeping Peoniesの1stアルバムを紹介。
KhrysanthoneyよりCD-rフォーマットでlmd.100でリリースされた。

sleepingpeonies

レーベルサイトではネオフォークと位置付けられているが、
あくまでAlcestに端を発したシューゲイザーブラックの類。
そしてその類の中でかなりクオリティが高い音源である。

さすがドリームポップのメッカ、イギリスのバンドだけあって、
ドリームポップ→シューゲイザーのサウンドの変遷をサウンドに載せながら、
そこにデプレッシブブラックの要素を加えている。

といってもブラックメタルの要素はほとんど皆無だと言ってよく、
むしろ彼ら自身が呼んでいる"Blackgaze"という表現がよくあっていて、
Alcestの1stとはまた異なったモノクロームな情景を楽しめる。

レーベルサイトからフリーDLできるので、
手に入りにくい音源だったがこれで安心。

http://www.khrysanthoney.com/downloads.php
タグ: Sleeping_Peonies  UK  2006-2010 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Gothic : Paradise Lost (1991) 

イギリスのゴシックメタルバンド、Paradise Lostの2ndアルバムを紹介。
イギリスのPeaceville Recordsよりリリースされた。

Gothic (W/Dvd) (Spec)Gothic (W/Dvd) (Spec)
(2009/02/24)
Paradise Lost

商品詳細を見る


一介のドゥームデスメタルバンドに過ぎなかったバンドが、
アルバムタイトルをジャンルに使われるに至った歴史的アルバム。

内容としては4th"Icon"のプロトタイプのように感じる。
荘厳でどことなく退廃的な音楽とデスドゥームの名残が混ざり、
そして女性バックコーラスがどことなく背徳な雰囲気を彩っている。

完成度などで言えばやはり後の作品の方が高いし、
だからといってこのバンドを深く知りたい人は既に持っているだろうし、
どういった人にオススメすればいいのか今さら答えに窮する作品でもある。
まずはこのバンドなら私は4thアルバムをお勧めします。

Encyclopaedia Metallum - Paradise Lost
タグ: Paradise_Lost    UK  1991-1995 
Gothic/Doom  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top