Ritual de Obediencia a Lucifer : Goat Messiah (2010) 

スイスのゴートメタルバンド、Goat Messiahのコンピレーション(テープ)を紹介。
エクアドルのBlack Goat Terrorist 666からlim.166でリリースされた。

Goat_Messiah_c.jpg 

 Goat Vengeanceの音源を紹介した際にも言及したが(マニアには)大事なことなのでもう一度触れると、"Goatwatchers United - Satans Goats Tribute"というGoatを冠するバンドのコンピレーション盤はGoat Semenマニアにはよく知られた音源なのだが、そこに参加しているのがこのスイスのGoat Messiahである。そしてどのバンドよりもカルトでおバカなサウンドを仕掛けてきたのもこのバンドである。

 2003年にそのGoatコンピに参加し、以降全ての音源がスプリットでのリリース。結局単独でフルレングスやEPをリリースすることもなく、作成した曲もごくわずかなのになぜかコンピレーションは本テープを含めて2本出ているのも面白い(収録曲もほぼ被っている)。

 そのようにUG中のUGにおいてごく一部マニアックスたちがなぜだかこのバンドを支持しているわけだが、どこにそのカルトさを感じるのだろうか。一つは特徴的なヴォーカルのスタイル。声の裏返りに、巻き舌に、他のジャンルでも有効に使われている手法ではあるが、このバンドの場合は楽曲が楽曲だけにラリっているような、「マトモじゃない」印象を持つ。世間的に「ヤバい奴」という感じだ。そして二つ目は楽曲もどれも似ているようにも感じるけれども、そのヴォーカルも含めてなんとなくクセになってしまう中毒性がある。「怪しげ」であり「危なげ」なところがこのバンドの魅力なのであろう。

 ジョークのようなアティチュードとも取れるし、それが逆に冒涜性に磨きをかけているような気もするし…もしかしたら「マトモ」であることに唾棄するという姿勢に魅力を感じさせられているのかもしれない。まあいずれにしてもド級のマニア音源であることには変わらないのだが。

Goat_Messiah_2.jpg 

Encyclopaedia Metallum - Goat Messiah
タグ: Goat_Messiah  Goat_Vengeance  Goat_Semen  Goat  Swiss  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Darkspace III : Darkspace (2009) 

スイスのノイズアンビエントブラック、Darkspaceの3rdアルバムを紹介。
イタリアのAvantgarde Musicからlim.500でリリースされた。

Darkspace3.jpg

以前紹介した1stアルバムから2nd(未聴)を経ての3rdで、
個人的には2ndはいいやと思っていて放置していたものの、
この3rdは評判がよかったので期待半分で購入したもの。

1stアルバムと対比すると宇宙的なアプローチは若干抑制されて、
同じ空間的な広がりと漆黒の闇を表現しているインスト寄りのブラックだとしても、
どことなく内省的な側面を持っているように感じる。

#1,5,7においては様々な映画から会話のサンプリングを挿入していて、
その映画は私は知らないのだがどうやら宇宙を舞台にしているらしい。
が、やはりこのアルバムは宇宙を舞台にしても人に着目しているように感じ、
1stで聞かれたほどの壮大な世界観は3rdにおいては味わえない。

Encyclopaedia Metallum - Darkspace
タグ: Darkspace  Swiss  2006-2010 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Helvetios : Eluveitie (2012) 

スイスのフォークメタルバンド、Eluveitieの5thアルバムを紹介。
ドイツのNuclear Blastよりリリースされた。

HelvetiosHelvetios
(2012/02/13)
Eluveitie

商品詳細を見る


以前、4thアルバムを取り上げた時に、
何だかんだでやっぱり彼らのサウンドは大好きだ。
でも次はもう少し変化球を望んでしまう。

と書いたが今回も同様の球が飛んできた、という感想だ。

細かい話をするとアコースティックアルバムだった3rdとメタル要素の戻った4thアルバムを
混ぜ合わせたような作風で過去の経験を生かしながらバンドとして進んでいるとは思う。
しかし1st、2ndアルバムほどの手ごたえを感じないのも事実。

来月に待望の来日、東京のチケットはすぐにソールドアウトしたとかで、
ここ日本でも非常に支持の厚いバンドなだけに、
8月に出る6thアルバムは是非ともアッと驚かせてほしいものです。

Encyclopaedia Metallum - Eluveitie
タグ: Eluveitie  Swiss  2012 
Viking/Folk  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Misanthropic Devotion : Hellvetic Frost (2008) 

スイスのプリミティブブラックメタルバンド、Helvetic Frostの1stアルバムを紹介。
Art of Propagandaよりリリースされた。

Helvetic_Frost1

スイスのブラックメタルというと古くはHellhammer、Samaelなど、
ブラックメタル史上、欠かせないバンドを輩出している一方で、
その後のバンドは案外手薄な気がする中で気を吐いているのがこのバンド。

いわゆるDarkthrone直系のプリミティブブラックメタルをプレイしていて、
目新しいことをやっているわけではないのだが、
そのようなバンド群の中ではとりわけ質の良いメロディを持っている。

それは別に聞きやすいとかそういうものではなく、
実直でブラックメタルらしい寒々しいメロディを持ったプリブラだ。
何となくジャーマンブラックらしさも垣間見れてグッド。

Encyclopaedia Metallum - Helvetic Frost
タグ: Helvetic_Frost  Swiss  Darkthrone  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Into the Pandemonium : Celtic Frost (1987) 

スイスはチューリッヒのサタニックスラッシュバンド、Celtic Frostの3rdアルバムを紹介。

Into the PandemoniumInto the Pandemonium
(2008/02/26)
Celtic Frost

商品詳細を見る


2ndのサタニックスラッシュの内容から一変した作品でこちらも名盤。

タイトルが"万魔殿"とある通り、「デーモンの全て」を打ちしだした怪作で、
一曲目の"Mexican Radio"から漂うファニーサウンドにも、
何とも言えない呪術的な恐ろしさが垣間見える。

他にもオーケストラサウンドを取り入れたりしているが、
いずれも色物ではなくこのアルバムのコンセプトに"取り込まれた"ようだ。

いわゆるアバンギャルドサウンドというべきかもしれないが、
そのサウンドも非常にハードでスラッシュメタルとしての良さも残っている。
今でもこのアルバムに近い作品は他では見られないのではないだろうか。

Encyclopaedia Metallum - Celtic Frost
タグ: Celtic_Frost  Swiss  個人的良盤  1986-1990 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Darkspace I : Darkspace (2003) 

スイスのノイズアンビエントブラック、Darkspaceの1stアルバムを紹介。
ドイツのHaunter of the DarkからLmd.500でリリース、
発売当時から話題を呼び、しばらく手に入らない状態が続いていたが、
その後、イタリアのAvantgarde Musicから再発されて今では良く見るアルバムになった。

Darkspace_1.jpg

Cosmic,Spaceという言葉が良く似合う、
漆黒の宇宙に広がる空間音響めいたノイズブラックという感じ。

それだけだとArcturusの3rdと似た形容になるが、
こちらはシンフォニックで大仰な要素はなく、
あくまでダークでスペーシフィックなサウンドになっている。

SEも効果的に使われながら、
そういうものを度外視してブラックメタルとして曲が良い。
当時話題になったのも良くわかる良作。

Encyclopaedia Metallum - Darkspace
タグ: Darkspace  Swiss  個人的良盤  2001-2005   
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

Demon Entrails : Hellhammer (2008) 

スイスのブラックメタルの始祖の一つ、Hellhammerの初期音源をまとめたベスト盤を紹介。

Demon EntrailsDemon Entrails
(2008/02/26)
Hellhammer

商品詳細を見る


初期作品であるDemo盤やEP盤のコンピレーションである。
従来はブート盤でしか聞けなかった作品の数々が公式に蘇った。
それだけで価値があるというものだが、内容も素晴らしく原初ブラックだ。

Moterheadのようなノリと、Venomのイーヴィルさを組み合わせた、
非常に不穏でありながらノリのよいスラッシュメタル、
でありながらパンキッシュなサウンドにも感じる。
中期Sodomを更に不穏で邪悪なサウンドに仕立てたような感じ。

それを1983年にやっていたのだからハンパない。
この後、Celtic Frostを結成するわけだが、
この路線で突き進んでもらっても面白かっただろうなー。

Buried And ForgottenにおけるTom御大の「ウッ」連発も聞きどころ。

Encyclopaedia Metallum - Hellhammer
タグ: Hellhammer  Swiss  Celtic_Frost  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Everything Remains (As It Never Was) : Eluveitie (2010) 

スイスのフォークメタルバンド、Eluveitieの4thアルバムを紹介。

Everything Remains: As It Never WasEverything Remains: As It Never Was
(2010/03/09)
Eluveitie

商品詳細を見る


3rdはアコースティックアルバムという限りなく企画盤に近い形であり、
メンバーの公言通りに1st2ndのフォークメタル路線に戻っている。

2ndアルバムよりDark Tranquillity的なメロデス要素が増していると感じるが、
1st, 2ndのファンなら特別大きな変化がないため安心して聞ける内容だと思う。
但し逆にいえば変化があまりないため、「焼き増し」「マンネリ」と感じる楽曲も多い。

何だかんだでやっぱり彼らのサウンドは大好きだ。
でも次はもう少し変化球を望んでしまう。
タグ: Eluveitie  Swiss  2006-2010 
Viking/Folk  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Evocation I - The Arcane Dominion : Eluveitie (2009) 

スイスのフォークメタルバンド、Eluveitieの3rdアルバムを紹介。

Evocation I: The Arcane DominionEvocation I: The Arcane Dominion
(2009/05/19)
Eluveitie

商品詳細を見る


3rdアルバムにして全編アコースティックアレンジの企画盤となった。
元来、フォーク+メロデスのフォーク部分だけを聞きたいという声も多かったようなので、
その期待に応えたのと、それが許されるだけの商業ベースに到達していることを示した。

ヴォーカルはMeriAnnnaの女性陣がやっていて、
メタル要素のないフォーキッシュなアコースティックアルバムだが、
根底にあるロック志向が、単純な民謡曲ではないものに仕立て上げている。
ヴォーカルがちょっと弱い気もするが、その芋臭さが逆に良いと好意的に解釈しておく。

いずれにしても基本はファンアイテム以上でも以下でもない。
タグ: Eluveitie  Swiss  2006-2010 
Viking/Folk  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Spirit : Eluveitie (2006) 

スイスのフォークメタルバンド、Eluveitieの1stアルバムを紹介。

SpiritSpirit
(2008/08/05)
Eluveitie

商品詳細を見る


Dark Tranquillityにも通じるようなメロディックデスメタルのサウンドに、
大所帯ならではの様々な民族楽器を使いこなし、ケルト音楽を混ぜ合わせたもので、
この手のバンドの中では完成度が相当高い。

アルバムの完成度としては2ndの方が上だと思うが、
この1stの方は「芋臭い」のがポイントであり、
それはフォークメタルにとって長所になりうる。

このバンドはアルバムを出すごとにメジャーサウンドになってきているが、
その分だけこのアルバムのサウンドが貴重なものになってきており、
フォークメタラーにはたまらない一作と言えるだろう。
タグ: Eluveitie  Swiss  個人的良盤  2006-2010 
Viking/Folk  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top