Within : Embraced (2000) 

スウェーデンのメロディックデスメタルバンド、Embracedの2ndアルバムを紹介。
スウェーデンの今は亡きRegain Recordsよりリリースされた。

embraced2.jpg

ちょうどChildren of Bodomの2ndやArch Enemyの3rdなど、
国内でもメロデスが大きく注目されていた時期のアルバムで、
それらと比べると若干好事家に注目されていたのがこのバンド。

確かにこの頃のメロデス勢と比べると落ち着きのあるミドルパートを多用し、
またそこに非常に上手いドラマーがブラストを多用せずテクニックを見せており、
改めて聞いてみると当時の流行りのスタイルより気の利いた作品である。

ツインギターはもちろんのこと、なんとツインキーボードという編成で、
内容としてはシンフォメロデスのカテゴリにも当てはめられがちだが、
実際のところゴシックやプログレの要素も入っており、
一筋縄ではいかないメロデスとして今でも聞ける内容だ。

Encyclopaedia Metallum - Embraced
タグ: Embraced  Sweden  1996-2000 
Merodic Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Under The Sign Of The Black Mark : Bathory (1987) 

ブラックメタルの始祖、Bathoryの3rdアルバムを紹介。
アメリカのNew Renaissance RecordsとイギリスのUnder One Flagで共同リリースされた。


Under the Sign of the Black MarkUnder the Sign of the Black Mark
(2010/09/14)
Bathory

商品詳細を見る


個人的には4thアルバムが初めてBathoryを体験したものだったので
思い入れ含めて贔屓度は4thの方が上なのだが、
このアルバムがブラックメタルの明確な定義を形成したことは間違いない。

1st、2ndと形を変えながらもこのアルバムにおいては
その線形変化を飛び越すような異形な代物で、
サウンドプロダクションなど鑑みても、
当人ですら予測できず生み出されたのではあるまいか。
(現にクオーソンはこの作品はあまり気に入ってなかったみたいな話もある)

ダーティーでありながら低俗でない空気感はお見事というしかない。
ルーツ云々を前に一つの完成形として、
今でも現在進行形で聞くことができる稀有な作品。

Encyclopaedia Metallum - Bathory
タグ: Bathory  Sweden  1986-1990 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Likpsalm : Grifteskymfning (2011) 

スウェーデンのブラックメタルバンド、Grifteskymfningのデモ音源を紹介。
スウェーデンのAncient Recordsよりリリースされ、今年、Darker Than Blackから再発された。

grifteskymfning.jpg

Svartrit、Kaos Sacramentumのメンバーが一部絡んでいるバンドで、
上記のバンドに近いスウェーデンのメロディックブラックメタルの系譜をたどっている。

しかしデモ音源らしく籠ったサウンドプロダクションのためもあってか、
メロディラインとは裏腹にプリミティブで怪しげな雰囲気も醸し出している。
(本当かどうかは知らないがテープレコーダーを森に持っていって録音したとか)

個人的にはメロメロしすぎていない邪悪さが漂っているタイプに惹かれるので、
Svartritより好みだったりする。
問題はこのデモの後にまだフルレングスが出ていないことだが…。

Encyclopaedia Metallum - Grifteskymfning
タグ: Grifteskymfning  Svartrit  Kaos  Sacramentum  Sweden  2011 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Void : Craft (2011) 

スウェーデンのブラックメタルバンド、Craftの4thアルバムを紹介。
スウェーデンのCarnal Recordsよりリリースされた。

craft4.jpg

言わずと知れたDarkthrone崇拝バンドだったCraftであったが、
ジャケットからしていつもの崇拝っぷりは成りを潜めており、
かなりヘヴィで邪悪かつ重厚なブラックメタルをプレイしている。

もちろん時折挟んでくるリフにDarkthroneっぽさは感じるものの、
アルバム自体としてはかなりソリッドにまとめてきている印象があり
結果的にバンドのクオリティを1段階上に持ってくることに成功した感がある。

もちろんスウェディッシュブラックのスタイルではなく、
そもそも第一世代ブラックメタルっぽさの残るミドルパートが光る作品で、
かつサウンドプロダクションなども「ちょうど良い」感じに収められており、
素晴らしい作品である!

Encyclopaedia Metallum - Craft
タグ: Craft  Sweden  個人的良盤  2011 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Only True Believers : Armagedda (2003) 

スウェーデンのブラックメタルバンド、Armageddaの2ndアルバムを紹介。
ポーランドのAgonia Recordsよりリリースされた。

Only True BelieversOnly True Believers
(2005/01/31)
Armagedda

商品詳細を見る


スウェーデンながらDarkthroneフォロワーな感じだった彼らが、
よりDarkthroneへのリスペクトを深めつつ、
曲の質を高めて「自分たちのブラックメタル」を提示したのがこの2ndアルバム。

Darkthroneの4th的なアプローチと似て非なるような、
邪悪さとノリの良さが混合されつつもシリアスさも忘れていないという、
聞きやすくも素晴らしいブラックメタルアルバムに仕上がっている。

決して新しい音ではなくあくまで90年代のブラックメタルからの産物ではあるが、
00年代前半の代表的なアルバムの1枚にはあげて差し支えないだろう。

Encyclopaedia Metallum - Armagedda
タグ: Armagedda  Darkthrone  Sweden  個人的良盤  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

A Glimpse of Glory : Lustre (2010) 

スウェーデンのデプレッシブ/アンビエントブラックメタルバンド、Lustreの2ndアルバムを紹介。
イタリアのDe Tenebrarum Principioよりリリースされた。

Glimpse of GloryGlimpse of Glory
(2010/09/23)
Lustre

商品詳細を見る


Coldworldがツボにはまった時期に同系統で見つけた一枚。
あのバンドに比べるとシンセサイザーによるアンビエントの様相は強いが、
真夜中の雪景色を想像させるような凍てつく寒さと澄んだ空気の味わいは同じ。

こちらの場合はギターリフでも聞かせようとするよりかは
若干ミニマルドローンっぽい曲展開でじわりじわりとくる感じなので、
メランコリックさでガンガンくるタイプを期待すると違う感じ。

たった3曲で40分越えは気の短い自分には長すぎるようにも思えるが、
寝る前に聞くとなかなか良い睡眠導入になる。
最近も音源を精力的に出しているようだ。

Encyclopaedia Metallum - Lustre
タグ: Lustre  Coldworld  Sweden  2006-2010 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Serpent Saints : Entombed (2007) 

スウェーデンのデスメタルバンド、Entombedの9thアルバムを紹介。
スウェーデンのThreeman Recordingsよりリリースされた。

Serpent SaintsSerpent Saints
(2007/07/31)
Entombed

商品詳細を見る


個人的には2ndアルバム以来の"復帰作"で3rd-8thは聞いていなかったが、
どうやらDeath'n'roll化したということだけは伝え聞いていたので、
Amazonで安く売られていたのを見て久しぶりに購入したもの。

聞いてみれば予想とは打って変わって結構デスメタルをやっていて、
1st,2ndアルバムに近い音も出していたりするんじゃないかと。
またミドル/スローテンポも決して退屈ではなくて重厚な感じでグッド。

巷の評価として"初期作のトリビュート止まり"などと揶揄されていたりするが、
そこまで痛烈に言うほど悪い作品ではないように感じるし、
今も安値で取り扱いがあるので往年のファンは聞いてみてはいかがか。

ちなみにこの記事を書くにあたって現在の活動を調べていたら、
フルレングスはこのアルバムが最後になっていて、
現在のラインナップでは今後、Entombed A.D. という名前で活動するとのこと。
オリジナルメンバーとの間で何かあったようだが不明。

Encyclopaedia Metallum - Entombed
タグ: Entombed  Sweden  2006-2010 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Stigmata : Arch Enemy (1998) 

スウェーデンのメロディックデスメタルバンド、Arch Enemyの2ndアルバムを紹介。
ドイツのCentury Media Recordsよりリリースされた。

StigmataStigmata
(2003/02/25)
Arch Enemy

商品詳細を見る


後期Carcassの基本理念を受け継いだ1stに対して、
若干70-80年代の正統派へヴィメタルのリフをより多く導入することで、
"メロデス"の一つの雛型になった作品だと言える。

それが魅力的になるかならないかは個人趣向によるものも多いとは思うが、
1stが若干プロジェクト気味にスタートしたことを考えると
バンドのまとまりとしては完成度を増した内容に聞こえる。

Johan期の最高傑作は次の3rdが挙げられることがほとんどだと思うが、
この過渡期の中で実は瑞々しさと整合性が絡み合っているこの作品も、
結構いい聴きごたえある音源だと思う。

Encyclopaedia Metallum - Arch Enemy
タグ: Arch_Enemy    Sweden  1996-2000 
Merodic Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Reckoning : Arise (2010) 

スウェーデンのメロディックデスラッシュバンド、Ariseの4thアルバムを紹介。
スウェーデンのRegain Recordsよりリリースされた。

ReckoningReckoning
(2009/04/07)
Arise

商品詳細を見る


いつの間にかSpinefarm Recordsから契約外されていて、
メンバーも入れ替わっていたのだが相変わらずAt the Gatesタイプのメロデスラッシュ。

但し2ndのときに聞けたような模倣は模倣なりの良さは薄れて、
楽曲一つ一つの勢いが感じられなくなってしまっている。
ミドルテンポを多用しているものの深みもない。

この手のジャンルならせめて突き抜けてくれないと、
いっぺんに聞きとおすことすら諦めてしまうような内容。
ちなみにいつの間にか公式サイトも消えてしまったようで、
活動が継続しているのか不明である。

Encyclopaedia Metallum - Arise
タグ: Arise  At_the_Gates  Sweden  2006-2010 
Deathrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Ixxi : Ixxi (2007) 

スウェーデンのブラックメタルバンド、Ixxiの1stアルバムを紹介。
スウェーデンのTotal Holocaust Recordsからリリースされた。

ixxi1

スウェーデンのブラックメタルというとどういうものを思い浮かべるだろう?
Marduk、Dissection、Dark Funeral、Naglfar、Svartrit、…
それらからすると完全にスラッシュ寄りのブラックをやっている。

では初期Marduk、Nifelheim、Bestial Mockery
というほどアグレッション豊かなブラッケンスラッシュというわけでもなく、
何ともつかみどころのないところが面白い内容になっている。

不穏な空気が漂うダークなスラッシュというのが一番正しい気がするが、
いきなり飛び出すクリーンボイスとか最後のテクノトラックとか、
こちらにとっては予想外の事もやりだすあたり憎めないバンドである。

Encyclopaedia Metallum - Ixxi
タグ: Ixxi  Sweden  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top