Black, Speed & Evil : Municion (2015) 

アルゼンチンのブラッケンスラッシュメタルバンド、MunicionのEPを紹介。
アルゼンチンのExecracionよりリリースされ、Desaster Productionsよりテープで再発された。
今回紹介するのは後者の方。

municion.jpg

このテープは先日行ってきたInfernal Curseの来日公演(@浅草)の物販で、
彼らがアルゼンチンからもってきたものとして彼らの音源と一緒に陳列されていたもの。
なおまとめ買いするからディスカウントして!と頼んだらオマケでこれを付けてくれたので、
そういう風に受け取ったものはブログで早々に紹介しなければならない。

如何にもSodomが好きな若者がプレイするオールドスクールブラックスラッシュで、
ドタバタな点も含めてよく再現?できているが同時に曲がちょっと弱く感じられ、
よくあるタイプのオールドスクールウォーシッパー止まりという感は否めない。
結局、SodomBlasphemerのカバーが一番耳を惹かれる。

元々はMCDでリリースされたがこのテープ盤はボートラとしてリハ音源が2曲追加されているが、
もし仮に今後彼らが大物になるようなことがあれば貴重なものになるだろう。

Encyclopaedia Metallum - Municion
タグ: Municion  Argentina  Sodom  2015 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Penis Metal : Hades Archer (2008) 

チリのブラックメタルバンド、Hades Archerの1stEP盤を紹介。
チリのKuravilú Productionsよりリリースされ、後に日本のDeathrash Armageddonより追加トラックを含む12"MLPで再発された。本稿は後者の物を紹介する。

hadesarcher_pm.jpg

このバンドを知ったのはファンジン"野蛮ZINE 第五号"にインタビューが掲載されたためで、
知らない人のために注釈しておくとFatal Desolationのじんとく氏のDIYジンである。

そこにある「最も野蛮な本能への退行」「最も狂った名前を必要とした」という文面に、
惹かれながらもアナログ環境を揃えるという厚い壁に悩まされた数年間だった。
結果的にアナログプレイヤーを導入してすぐに購入したわけだが、
そこまでいくと期待が膨らみ続けて「思ったほど…」となりがちだがこの音源は違った。

むしろ期待を上回るほどの衝撃と高揚を受けた。
まずベースとしては1st Wave BMとしての南米ベスチャルブラックの流れを受けつつ、
追加トラックでカバーしているSodomの影響を強烈に感じる内容で、
まさに自分の中でドストライクそのものという作品に仕上がっている。

一つの理想郷にたどり着いたような一枚だった。
ちなみに野蛮zineは続刊でないのかしら。

Encyclopaedia Metallum - Hades Archer
タグ: Hades_Archer  Chile  Sodom  個人的名盤 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Hellbassbeaters : Bassinvaders (2008) 

ドイツのベーシストの集いによるプロジェクト、Bassinvadersの企画音源を紹介。
イタリアのFrontiers Recordsよりリリースされた。


ヘルベースビーターズヘルベースビーターズ
(2008/01/23)
マーカス・グロスコフズ・ベースインヴェイダーズ

商品詳細を見る


HelloweenのMarkus Grosskopfを中心にバーで盛り上がったネタを形にした企画。
つまりベーシストだけでカバーアルバム作っちゃおうze!というやつ。
歌えるベーシストが必要だとしてRageのPeavy、SodomのTom、DestructionのSchirmerを引っ張ってきたのも面白い。

上記4人をメインにいろいろベーシストもゲストに呼んで…とやっていたら、
総勢20人のゲストを迎えてしまい結果的に完成に時間がかかったというエピソードも笑える。
さらに言えば内容も本当に愚直にギターレスのベースのみでベンベンとやっていて、
"Eagle Fly Free"のカバーもかなり笑える。

こういうジョークの塊みたいなバンドだが結構真面目に作りこまれていて、
やはりジョークもまじめにやると素晴らしいなあという。
もちろん笑いながら聞くアルバムだということ前提で。

Encyclopaedia Metallum - Bassinvaders
タグ: Bassinvaders  Helloween  Sodom  Rage  Destruction  Germany  2006-2010 
Power/Speed  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Black Thrash Attack : Aura Noir (1996) 

ノルウェーのブラック/スラッシュメタルバンド、Aura Noirの1stアルバムを紹介。
ドイツのMalicious Recordsよりリリースされ、後にイギリスのPeaceville Recordsからボートラ付きで再発された。


Black Thrash AttackBlack Thrash Attack
(2011/10/31)
Aura Noir

商品詳細を見る


ブラックスラッシュというジャンルの金字塔にしてこのバンドの最高傑作。
この1stアルバムのインパクトが大きすぎてその後の作品がフィーチャーされない程。
このアルバムからMayhemのBlasphemer氏が参加して現在の編成になった。

1つ前の記事で紹介した1年前のEP盤に比べて、
特にギターのサウンドプロダクション、テクニックともに非常にシャープになり、
その結果、カミソリのようなリフを駆使するブラックスラッシュになった。
話によるとDestructionやKreatorの初期音源をヒントにしたという。

このジャンルに重要な"勢い"から編集まで奇跡的な完成度だが、
個人的にはDestrutionよりSodomなので
そうなるとNifelheimの方が好きみたいなポジショニング。

Encyclopaedia Metallum - Aura Noir
タグ: Aura_Noir    Norway  Sodom  Destruction  Kreator  1996-2000 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Dreams Like Deserts : Aura Noir (1995) 

ノルウェーのブラック/スラッシュメタルバンド、Aura NoirのEP盤を紹介。
ノルウェーのHot Recordsよりリリースされ、後にイギリスのPeaceville Recordsからボートラ付きで再発された。


Dreams Like Deserts (Re-issue)Dreams Like Deserts (Re-issue)
(2012/11/19)
Aura Noir

商品詳細を見る


最初期のUlver、Satyriconに属したAggressor氏が一人で始めたバンド。
その後、Apollyon氏も加わりジャケ写の二人構成で本音源も作られてる。
変な構成で6曲中、半分ずつドラムを叩いているのが面白い。

このアルバムの翌年にリリースされたこのジャンルの金字塔である1stアルバムに対して、
この作品はまだかなりモコモコしているというか怪しげなブラック要素が強く、
Sodomの初期作品の影響を強く感じる。
そういえば4曲目のタイトルが"Angel Ripper"である。

再発盤は7曲目以降にレア音源や未発表作を収録されていてお得。
DarkthroneのFenriz氏が参加している音源もある。
ここらへんの当時のヒトとヒトのつながりも面白い。

Encyclopaedia Metallum - Aura Noir
タグ: Aura_Noir  Norway  Sodom  Darkthrone  1991-1995 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Hellbomber : Ausgebombt (2003) 

アメリカはポートランドのクラスティーハードコアバンド、Ausgebombtの1stアルバムを紹介。
アメリカのHardcore Holocaust Records ‎よりリリースされた。

ausgebombt1.jpeg

大阪のタイムボムで投げ売りコーナーに入っていたので、
バンド名見てSodomフォロワーの掘り出し物では!?と鼻息荒く入手。
ちなみにその日のうちに「悪くはないです」とビミョーな評価を先取り。

実際聞いてみればMotorheadっぽさとSlayerが組み合わさったような感じ。
まあMotorheadっぽさということは中期Sodomっぽいということでもあるが、
個人的に期待していたようなSodomフォロワーではなし。

小気味の良いスラッシュ/ハードコアで7曲20分あっという間で、
このジャンルが好きな人なら少なくとも悪く言う要素はないのだが、
特に聞き終わってから何も残らなかったとも言える程度の作品。
タグ: Ausgebombt  Sodom  Motorhead  Slayer  USA  2001-2005 
Harc Core  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Final Separation : Bulldozer (1986) 

イタリアのカルトスラッシュメタルバンド、Bulldozerの2ndアルバムを紹介。
アメリカのRoadrunner Recordsよりリリースされ、最近ではポーランドのMetal Mind ProductionsよりDigi-CDでリリースされている。

Final SeperationFinal Seperation
(2013/01/29)
Bulldozer

商品詳細を見る


Venom、Motorheadの影響を受けたスラッシュメタルをやっているが、
同じような影響で同時期にバンドを始めたSodomとの違いとしては、
このアルバム時点ではかなりMotorhead寄りでおどろおどろしさはない。

但しまずサウンドプロダクションがセルフプロデュースだったらしく非常にロウで、
とはいってもブラックメタルを聞きなれている人なら全然問題ないわけだが、
とにかくこの手の音源としてはモコモコ感と軽さが同居しているような変な感じで、
この違和感がまさにBulldozerらしいカルト感を生んでいると思う。

この次の作品でかなりまともなスラッシュメタルを出してきたのは当時衝撃的だっただろうが、
このアルバムの何ともつかみどころの無さはSodomの初期作品と並んで、
後のブラックメタルに「良い意味で悪影響」を与えたのであった。

Encyclopaedia Metallum - Bulldozer
タグ: Bulldozer  Sodom  Italy  Venom  Motorhead  1986-1990 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Mortal Way Of Live : Sodom (1988) 

ジャーマンスラッシュレジェンド、Sodomのオフィシャルライブ盤を紹介。
ドイツのSteamhammerよりリリースされて、後に国内盤としてテイチクからも再発された。

Mortal Way of LiveMortal Way of Live
(2001/10/09)
Sodom

商品詳細を見る


\ソードム!ソードム!ソードム!ソードム!ソードム!/
「ヘーイ!」

私が初めてこの音源を聴いたのは国内盤のベストであるSodomaniaにい収録されていたもの。
のちにこのライブ音源を聴いたことで改めて何でベストにLive音源収録するのか、
はなはだ疑問に思ったものだが何はともあれこのライブ音源は素晴らしい。

このライブツアーはSodomania Tourと題して1988年に行われたもので、
つまり2ndアルバムの"Persecution Mania"まででプレイされており、
Frank Blackfireがまだギターを弾いている。

これを聴く限り初期の音源からも採用しつつ、
当時ほどのドタバタ演奏から比べるとだいぶ演奏もまとまっていて、
スタジオ録音より出来が良いんじゃないかと思うものもあったりするが、
それでもまだまだ勢いで圧している感じが出ててグッとくる。

Sodomファンならもちろん持っていると思うが良いライブ音源。

Encyclopaedia Metallum - Sodom
タグ: Sodom  Germany  1986-1990 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Nuclear Deaththrash : Assault (2006) 

チリのブラッケンスラッシュメタルバンド、Assaultのコンピ盤を紹介。
アメリカのOld Cemetery Recordsよりリリースされた。

assault.jpg

ジャケットとリリース元からウォーブラックを想像していたのだが、
完全たるブラッケンスラッシュで80年代南米タイムスリップ音源。
更に言えばSodomの初期音源ぽいところもあり曲の輪郭は保たれている。

そういう意味ではSarcófagoSodomを足して2で割ったような感じかもしれない。
何度聞いても「これが00年代に作られたのか…」と思ってしまうが、
それを期待しちゃう好事家にはもってこいのブラッケンスラッシュと言える。

ちなみに2008年には日本のDeathrash Armageddonが未公開デモのコンピをリリースしており
まだ未聴だがいずれ買わないといけないと思っている。
バンド自体は2006年に解散してしまったみたいだ。

Encyclopaedia Metallum - Assault
タグ:   Assault  Sarcófago  Sodom  Chile  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Release from Agony : Destruction (1988) 

ドイツのスラッシュメタルレジェンド、Destructionの3rdアルバムを紹介。
ドイツのSPV/Steamhammerよりリリースされた。

Release from AgonyRelease from Agony
(2001/05/08)
Destruction

商品詳細を見る


出た!幼いころのトラウマジャケット!
まだ5歳とかそのくらいのときに兄の部屋に無造作に置いてあり、
そのジャケットの恐ろしさに泣きわめいてしまった思い出のアルバム。
トラウマレベルでSlayerの2ndを上回っている。

中身を聴いたのは大学生になってからだったが、
トラウマレベルが高かったせいかどうも薄気味悪いスラッシュだと感じた。
KreatorやSodomと比べてつかみどころがないというか、
精神的に歪んでいる倒錯した世界観が伝わってきたのを覚えている。

今となっては素晴らしいと悶絶して聴いているのだが、
やはりこの"危険さ"は随一にして唯一だと思うし、
それはスラッシュメタルではなくDestructionとして聞かせるサウンドで
フォロワーがいそうでいないレジェンドだとも思う。

Encyclopaedia Metallum - Destruction
タグ: Destruction  Sodom  Kreator  Germany  個人的良盤  1986-1990 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top