Esoteric : Skyfire (2009) 

スウェーデンのメロディックデスメタルバンド、Skyfireの4thアルバムを紹介。
アメリカのPivotal Rockordingsよりリリースされた。

EsotericEsoteric
(2009/09/18)
Skyfire

商品詳細を見る


いわゆるChildren of Bodomフォロワー系メロデスの急先鋒に名乗りを挙げた1stアルバムから
8年たっての4thアルバムであるが2nd, 3rdアルバムは残念ながら未聴。
なのでその8年の変化というのは一気にジャンプアップしての評価になるわけだが、
フォロワーではなくて何とか新しいことをやろうとしている感はある。

手法としては「きらきらメロデス」アプローチはそのままにしながら、
あの1stの「これ以上やったらやりすぎて墜落するギリギリライン」を超えずに、
ギターリフなどをモダンにしていて曲風を変えている印象だが、
そうなった結果として、平均的な、よくあるメロデスバンドになってしまった。

今改めて1stアルバムを聴くとやっぱりあっちは良くも悪くも突き抜けていて、
この4thアルバムの保守的な変化には魅力を感じないのであった。

Encyclopaedia Metallum - Skyfire
タグ: Skyfire  Children_of_Bodom  2006-2010 
Merodic Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Follow the Reaper : Children of Bodom (2001) 

フィンランドのメロディックデスメタルバンド、Children of Bodomの3rdアルバムを紹介。
Spinefarm Recordsよりリリースされた。

Follow the ReaperFollow the Reaper
(2008/04/29)
Children of Bodom

商品詳細を見る


今さらこのバンドのことをどうのこうの言ってもしょうがないので昔話を一つ。

自分はこのアルバムを聞いた時はまだこのバンドのことを知らず、
そもそもメロディックデスメタルというジャンルについてあまり知らなかった。
知り合いからお勧めのアルバムとしてCD-Rで大量に貰ったうちの一枚だった。

聞いてみると何とサウンドプロダクションが大げさというか、
シンセサイザーを前面に押し出していてキラキラしていて、
自分の聞いたことのない音楽だと思ったものだ。

これを書くにあたって久しぶりに聞いてみたが、
このキラキラ感は同年のSkyfireの1stと双肩する特徴的なもので、
何だかんだで猿真似じゃないオリジナリティある内容だったのではなかろうか。
でもあまりこのアルバムは好きではないけどね。

Encyclopaedia Metallum - Children of Bodom
タグ: Children_of_Bodom  Skyfire  Finland  2001-2005 
Merodic Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Timeless Departure : Skyfire (2001) 

スウェーデンのメロ(シンフォニック)デスバンド、Skyfireの1stアルバムを紹介。

Timeless DepartureTimeless Departure
(2001/03/12)
Skyfire

商品詳細を見る


Throne of Chaosも凄かったが、彼らもまた凄い。
Children of Bodom+シンフォニックさ=きらきらメロデスを展開している。

これ以上やったら、やりすぎて墜落する、そんなギリギリライン。
そんなギリギリラインなところが魅力的だ。
もちろん、キーボードを前面に押し出ているメタルが嫌いな人は反吐が出るだろうが。

ある種の「ここまできたか…」という極地を、
1stにして、ここまで完成させてきたというのは素晴らしい。
タグ: Skyfire  Children_of_Bodom  Sweden  2001-2005 
Merodic Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top