MCBL Heathen Blood Cult : V/A (2010) 

シンガポールのブラックメタルバンド、Infernal ExecratorとImperial Tyrantsのスプリットを紹介。
アメリカのOld Cemetery Recordsよりlim.1000でリリースされた。

mcbl.jpg

メンバーが結構被ってる2バンドのスプリット。
後者はこのスプリットの後は音源を出していないが、
前者は現在はドイツのDunkelheit Produktionenに所属して勢い甚だしい。

シンガポールらしいスラッシーなベスチャルブラックをプレイしていて、
一本調子ではないところやところどころのメロディの使い方もうまく、
勢い重視型の量産WarBMとは一味違う様相で好感度大。
(勢い重視型も好みです)

曲の強さでいえばやはり前者の楽曲の方が上だと思うし、
それが現在の活動の差異になっていることも考えると、
この一枚が今最もシンガポールで熱いバンドの世界デビューだったのではと思ってしまう。

Encyclopaedia Metallum - Infernal Execrator
Encyclopaedia Metallum - Imperial Tyrants
タグ:   Infernal_Execrator  Imperial_Tyrants  Singapore  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Sadiztik Syonan-To Supremacy : Sadiztik Impaler (2005) 

シンガポールのベスチャル/ウォーブラックメタルバンド、Sadiztik Impalerの1stアルバムを紹介。
ドイツのKetzer Recordsよりリリースされた。

sadiztik_impaler.jpg

シンガポールのベスチャルブラック番長、Impietyの人脈筋のバンドで、
そのスタイルを継承しつつ更に南米スタイルのブラッケンスラッシュの要素を深めたようなサウンド。
つまりその手の人にはたまらない音を出している。

東南アジアのベスチャルブラック界隈の層の厚さは00年代に入って目を見張るものがあり、
このバンドもその中のバンドの一つと言える。
少し前にシンガポールに行った時にはまさかこんな音楽が芽生えそうにないところだったが(笑)

にしても南米に近い香りのする東南アジアのベスチャルブラックは、
Blasphemyの影響を受けているのか受けていないのか、
どっちとも言えないのが魅力な気もする。
スラッシュの要素が強くグラインドの要素が少ない、みたいな。

Encyclopaedia Metallum - Sadiztik Impaler
タグ: Sadiztik_Impaler  Impiety  Singapore  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top