The Return Of Hate : Bustum (2010) 

ポーランドのブラックメタルバンド、Bustumの1stアルバムを紹介。
ドイツのDarker than Black RecordsよりCDで、ポーランドのWerewolf Promotionよりカセットでそれぞれリリースされた。

bustum1.jpg

結成は1992年の古参バンドだが90年代にデモを3本出したきりで、
そのうちの1本は"First Day of the Aryan War"というタイトルで思いっきりNSBMっぽく、
今作品でもゲスト参加にDark FuryのRaborymやSelbstmordのNecroといった元Ohtar勢が並ぶなどそれっぽいメンツである。

内容としては "Temple of Fullmoon"系統といってよいであろう、
ノルウェイジャンブラックに作風としては近いもののフォーキッシュな奏でが挿入され、
若干ミサントロピックな印象が強いサウンドである。

正直、18年越しのフルレングスデビューでメンツも豪華でDarker than Blackから出ると言うことで、
どんなに強烈な音源なのかと思っていたのだが、
聞いてみるとそこまで記憶に強く残るようなインパクトはなかったのも事実。
ちょっとサウンドプロダクションがクリアな分、損しているかもしれない。

Encyclopaedia Metallum - Bustum
タグ: Bustum  Ohtar  Dark_Fury  Selbstmord  Poland  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Spectre Of Hate : Selbstmord (2002) 

ポーランドのブラックメタル/NSBMバンド、Selbstmordの1stアルバムを紹介。
ポーランドのOld Legend Productionsよりテープ/CDでリリースされた。

selbstmord.jpg

OhtarのDiathyrronとNecroのもう一つのプロジェクトで、
特にこのアルバムではGravelandのRob Darkenがサウンドミックスを手掛けており、
ポーリッシュブラックの豪華どころが揃った作品である。

Ohtarに比べてメロウさを撤廃した非常に攻撃的でブルータルな作品。
バンド名はドイツ語で"自殺"を意味するがその手の印象は一切受けない。
バンドの持つテーマも考えると"血""歴史"の衰退(自殺)への憤りを表わしているのでは。

Darkenのミックスもかなり気合が入っているようで、
サウンドプロダクションもこの手のジャンルにしては音がしっかり分離して聞こえる。
ブルータルブラックが好きならお勧めの一枚。

ちなみに同名バンドがヴェトナムにいるらしく気になる。

Encyclopaedia Metallum - Selbstmord
タグ:   Selbstmord  Ohtar  Fullmoon  Poland  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

When I Cut the Throat : Ohtar (2003) 

ポーランドのブラックメタルバンド、Ohtarの1stアルバムを紹介。
アメリカのSupreme Artよりリリースされ、後にポーランドのOld Legend Productionsから再発された。再発盤では2000年のデモ"Wolfschanze"も収録されている。
今回、紹介するのはこの再発盤の方です。

ohtar1 ohtar1_2

FullmoonDiathyrronSelbstmordNecroによるバンドで、
いわばポーランドのアンダーグラウンドの重鎮のコンビ。

Fullmoonのスタイルを更に深化させたようなメロウなブラックメタルで、
非常に優れたメロディラインとプリミティブブラックの粗暴さが、
ガッツリ四の字で戦っている形でバランスをとった傑作である。

リフ一つとってみれば甘いと感じるほどのメロウなリフに関しても、
楽曲1つ、アルバム1枚で取りあげてみると決して"甘口"ではないのが特徴。
このバランス感覚の良さが素晴らしい。

NSBMにおいての名盤として取り上げられるのも納得の1枚。
デモ音源の方も素晴らしいので是非、再発盤をお勧めする。

Encyclopaedia Metallum - Ohtar
タグ: Ohtar  Fullmoon  Selbstmord  Poland  個人的良盤  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top