Prologue : Risingfall (2016) 

日本は東京のへヴィメタルバンド、Risingfallのデモ音源を紹介。
CD-Rの自主製作でリリースされ、2017年にはBandcampでも公開された。

risingfall_demo.jpg 

 SNSなどでこのバンド名を見かけたのはそこそこ前のことだったような気もするが、この音源が公式にはデビュー音源なはず。Dues新宿で行われたウォー・ベスチャル・ブラックメタル・ガイドブック発刊記念イベントにこのバンドのVo.が遊びにいらしたときに御厚意でいただきました(多謝)。あの後もいろいろ公私共々忙しく、ようやくこの場で感想を記すに至り大変遅くなりました。とはいえ、それとこれとは別とばかりに率直な気持ちを述べよう。

 3曲入りのデモはどれも顔付きが異なる仕上がりで今後の方向性を占ううえでデモらしいデモだと言えよう。#01 "Livin' On The Edge"はシケシケのNWOBHMの雰囲気を帯びつつも展開するのはドイツのScannerの1stアルバム辺りを思い出させるB級パワーメタルでなかなかカッコよし。ヴォーカルのハイトーンはまだまだ安定しないところもあるが、それより安易なスタイルに逃げない潔さも好感。#02 "Kill By Wheels”は3曲中、最もスラッシュメタルの要素を感じさせる刻みが入りつつ、ダミ声のスタイルで攻め立てる。バンドの表現力の多彩さ(特に作曲)を感じさせる一方で、このスタイルだとあまりこのバンドの強みにあたる陰陽のコントラストがついておらずボヤけた印象を持った。#03 "Epilogue"は一転クサメロ全開の日本語歌詞がグッとくる昔ながらのジャパメタという感じのスタイル。昔の「鹿鳴館メタル 」みたいな感じ。

 「俺たちのスタイルはこれだ!こんなこともできるぜ!」というまさにデモとしての矜持を全うした音源であり、これからの活躍に期待が持てるものであった…と書いていたら、こんなライブ情報が飛び込んできた。

risingfall_live.jpg 

 凄いメンツ…なんてこったい。彼らはまさに今階段を一歩一歩着実に上っている…!いつかビックネームになってくれたらこのデモ音源を手に「俺はこの時から確信していた」と自慢しちゃおう。

Encyclopaedia Metallum - Risingfall
タグ: Risingfall  Scanner  Japan  2016 
HR/HM  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Hyper Trace : Scanner (1988) 

ドイツのパワーメタル、Scannerの1stアルバムを紹介。
ドイツのNoise Recordsよりリリースされ、2013年にDivebomb Recordsよりリマスター盤がリリースされた。
本稿は後者のリマスター盤を取り上げているがオリジナルとの差異は不明。


Hyper TraceHyper Trace
(1998/09/29)
Scanner

商品詳細を見る


まだ自分が6歳くらいだったと思うが兄の部屋にあった印象的なジャケットシリーズである。
なんとなく頭にこびりついていたものが大阪のロックスタックにあって購入。
その昔、聞いたわけでもなくて思い入れによるジャケ買いという珍しい動機。

ドイツのパワーメタルというとAcceptHelloweenなどいろんな有名バンドがいて
知名度という点でこのバンドはマイナー寄りのB級だと思われるが、
#01の"Warp 7"で脳みそを揺さぶられる猛烈パワーメタルが展開。

若干、アルバム全体通すとコンセプトが定まってない気がして
(近未来的な設定にしてるっぽいが、そうでもない)
なるほどB級らしい側面も見せるが、
そういうところも含めて楽しめる人なら強烈におすすめなアルバム。

ちなみに今年の1/23に新譜を出したそうで驚き。

Encyclopaedia Metallum - Scanner
タグ: Scanner  Helloween  Germany  1986-1990 
Power/Speed  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top