Nuclear Empire Of Apocalypse : Blasphemophagher (2008) 

イタリアのウォーブラックメタルバンド、Blasphemophagherの1stアルバムを紹介。
アメリカのNuclear War Now! Productionsよりリリースされた。

blasphemophagher1.jpg

2ndを紹介したのが3年前というのも驚くが、
この1stはその2ndを紹介して翌年くらいに購入した記憶がある。

2002年に結成後、Bestial RaidsNecroholocaustといった、
ブラック/デスメタルスタイルのバンドとスプリットを出していて、
既にアングラシーンではそこそこ名の通っていたらしい。

この1stでは2ndに比べると、より南米サタニックスラッシュの名残が色濃く残っていて、
どうやらNWN!のオーナーにして「コグメロの継承」みたいなことを言わせたらしい。
確かにSarcófagoっぽいリフが多発するBlasphemyといった印象。
なるほどNWN!が惚れ込むのも解るスタイルだ。

自分の知っているWar Blackスタイルの中でも聞きやすい部類に入り、
この1st以降、作品のナンバリングとともに重厚さを増していくことになるが、
オールドスクールなスタイルが好きならこの1stはお勧めできる。

Encyclopaedia Metallum - Blasphemophagher
タグ:   Blasphemophagher  Sarcófago  Blasphemy  Italy  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Nuclear Deaththrash : Assault (2006) 

チリのブラッケンスラッシュメタルバンド、Assaultのコンピ盤を紹介。
アメリカのOld Cemetery Recordsよりリリースされた。

assault.jpg

ジャケットとリリース元からウォーブラックを想像していたのだが、
完全たるブラッケンスラッシュで80年代南米タイムスリップ音源。
更に言えばSodomの初期音源ぽいところもあり曲の輪郭は保たれている。

そういう意味ではSarcófagoSodomを足して2で割ったような感じかもしれない。
何度聞いても「これが00年代に作られたのか…」と思ってしまうが、
それを期待しちゃう好事家にはもってこいのブラッケンスラッシュと言える。

ちなみに2008年には日本のDeathrash Armageddonが未公開デモのコンピをリリースしており
まだ未聴だがいずれ買わないといけないと思っている。
バンド自体は2006年に解散してしまったみたいだ。

Encyclopaedia Metallum - Assault
タグ:   Assault  Sarcófago  Sodom  Chile  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Regeneration Through Depopulation : Hammergoat (2010) 

ブラジルのウォーブラックメタルバンド、Hammergoatの1stアルバムを紹介。
メンバーがオーナーのHammer of Damnationよりリリースされた。

hammergoat1

ブラジルのEvil、Ravendark's Monarchal Canticleのメンバーで結成したバンド。
それらと比べるとかなりデスメタルよりのベスチャルなゴートサウンドを披露。
いわゆる音質も演奏もヴォーカルもベスチャルで汚らしい感じ。

Blasphemyリスペクトなドカドカウォーブラックに、
戦争を想起させるサイレンSEなどもよく調和されているし、
同時に近年のEvilに近いペイガンブラックも織り交ぜたりして、
ウォーブラック初心者にもやさしい内容ではなかろうか。

最後にSarcófagoのThe Black Vomitをカバーしていて、
ああ、ブラジリアンブラックとしてとても真っ当な終わり方で
とても素晴らしいアルバムである。

Encyclopaedia Metallum - Hammergoat
タグ: Hammergoat  Brazil  Evil  Ravendark's_Monarchal_Canticle  Sarcófago  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top