Satan's Shitfuckers : Bömber (2011) 

チリのブラッケンドスピードメタルパンク、Bömberのコンピレーションアルバムを紹介。
アメリカのOld Cemetery Recordsよりlim.1000でリリースされた。

bomber_c.jpg

日本のプレブラック好きが高じてSabbatAbigailともスプリットを出して、
この日本でも知名度が急上昇したチリのバンドの初期音源集で、
デモ音源と、エクアドルのNSBMバンドLapidaとのスプリットの二枚から引用。
ちなみにそのデモタイトルは"First & Last Demo, FUCK OFF!!"で、
デモを乱発するアングラシーンに警鐘を鳴らしてるんじゃないかっていう反骨さが良い。

デモの方はMotorheadVenomの中間くらいの、
モータードライビングさといかがわしさの同梱的なスピードメタルパンクで、
D-Beatクラストな要素も入っている。

スプリットの方は録音状態が異なっていてかなりプリミティブな仕上がり。
作風的にもデモ音源よりオールディーズな印象を持った。

全体的にジャケットから漂っていた苛烈で地獄なサウンドという期待から外れたが、
スピードメタルパンクとしてなかなか聞かせる内容であった。

Encyclopaedia Metallum - Bömber
タグ: Bömber  Chile  Sabbat  Abigail  2011 
Metal Punk  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Más Allá de la Tumba : Guerra Total (2011) 

コロンビアのブラッケンスラッシュ/スピードメタルバンド、Gurrra Totalの2ndアルバムを紹介。
ドイツのIron Shield Recordsよりlim.1000でリリースされ、後にメキシコのAmerican Line Productionsからもリリースされた。

guerra_total.jpg

コロンビアでバンド名が"Guerra Total"なら、
あのカルトスラッシュバンド、Blasfemiaを思い浮かべることだろうが、
それを半ば期待して再生してみると拍子抜けするくらいストレートなスピードメタルである。

比べるものが比べるものであるせいか演奏も非常にまともに聞こえ、
かのロックスタックさんの『「THIS IS 南米UNHOLY」サウンド!!』という紹介文には眉を顰めてしまう。
が、冷静に考えてみるとアングラな雰囲気のある勢い重視のスピードメタルである。

ジャケットといいホラー映画からインスパイアされていそうな雰囲気もあり、
個人的にそういう楽曲は好みなため大歓迎。

昨年は日本のSabbatとスプリットを出したり、
SabbatやMetaluciferのトリビュートアルバムに参加したり、
結構日本のメタルシーンにも関係しているなど今後の活動にも期待される。

Encyclopaedia Metallum - Gurrra Total
タグ: Gurrra_Total  Blasfemia  Colombia  Sabbat  Metalucifer 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Live] HAMMERSONIC 2012  

少し遅れましたが夏の風物詩、HAMMERSONIC 2012の二日目のライブ感想です。
そういえば1週間経ってたんですね。
逆に思い出しながら書くのも良いもんですね。

午後6時~午前5時というタイムテーブルを2日間行うという強烈なスケジュール。
私は仕事もあって2日目(土曜)のみの参加でした。
先に書いておくとまず2日目通しで、ライブも通しで見られた方はほんとに凄い。
特に1時くらいからかなりシンドく、初めてライブで過酷だ・・・と思いました。

という訳で中抜けも多かったり最後ドロップアウトしてしまったりでしたが、
印象に残ったものについて挙げます。

Sex Messiah
神戸のサタニックスラッシュメタルバンド、最強にかっこいい!
女性ギターのMoe氏と、Terror Squadの宇田川氏に、
サポートでカタプの人ともう一人参加されていた。
まだ一枚もCDを出しておらず全てEP。
聞きたいならアナログを買うしかない!?

Silverback
札幌のベテランHR/HMバンドで1987年から活動されている重鎮。
今回のイベントでは少し浮いていると思うようなまっすぐなメタルサウンドで、
またヴォーカルの方の凄く人の良さそうな柔和な雰囲気で、
会場が盛り上がりつつも温かい雰囲気になっていたのが印象的。
まだまだ精力的に活動されていてほんと凄いなあ。

Sabbat
三重の日本黒金属レジェンド!
国内より国外の方が評価が高いんじゃないのか、というくらい凄い。
あまりにもたくさん音源を出されていて私は1枚しか持っていないので、
知らない曲ばかりでしたがそれでも全部興奮しました。
なんつうかヴォーカルのGezol氏の格好が凄過ぎて、
女の方が激しく写真撮られていたのも妙に印象的。

Abigail
これまた日本黒金属レジェンド!
第一世代ブラックメタルとメタルパンクを混ぜたような、
ノリの良さがいつ聞いても凄く心地いいのがAbigail
彼らもまた音源出しまくりでしたが、
Forever Street Metal Bitchの中からもやってくれたので満足です。

Rossenfeld
ビジュアル系スラッシュメタルで結成は1986年!
恥ずかしながら私はあまり知らないバンドだったんですが、
ビジュアル系っぽい容姿でもサウンドは強烈なスラッシュ!
MCとかで現れるビジュアル系路線には賛否両論ありそうですが、
とりあえず出してる音はカッコいいことこの上なし。

Terror Squad
日本を代表するスラッシュメタルバンド!
勝手に思うけど彼らにはスラッシュと同時に
ハードコアの精神を感じるんです。
ライブパフォーマンスもそんな感じでがんがん客席に降りてくるし、
もうとにかくステージから楽曲まで全てカッコ良し!

本当はもっともっとたくさんのバンドがプレイしてたんですけどね、
ほんま凄いイベントでした。
次は昼から夜までのイベントにしてほしいかなあ・・・。
タグ: Live  Sex_Messiah  Sabbat  Abigail  Terror_Squad 
その他  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Disembody : Sabbat (1993) 

三重のブラッケンスラッシュメタルバンド、Sabbatの3rdアルバムを紹介。

Disembody.jpg

調べてみると出てくるわ出てくるわの彼らの音源の量!
1984年結成で、今でも世界で勝負をしている我らの誇るべきバンド。
現にアンダーグラウンドでは様々なバンドからリスペクトされているようだ。

このアルバムを聴くにVenomなどの"黒いNWOBHM"の影響を強く受けており、
いわゆるブラッケンスラッシュなのだが、
それを日本のバンドならではの和的哀愁漂うアレンジでまとめあげておりお見事!

このイーヴルな雰囲気は日本のブラックメタルバンドならでは、では?
そしてそれが世界中(ごく一部でも)で認められているのは嬉しい限り。

Encyclopaedia Metallum - Sabbat
タグ: Sabbat  Japan  1991-1995 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top