Тенью сквозь Смерть : Raven Throne (2008) 

ベラルーシのペイガンブラックメタルバンド、Raven Throneの2ndアルバムを紹介。
ロシアのGardarika Musikkよりリリースされた。

raventhrone2.jpg

ベラルーシのメタルバンドというと今までこのブログでは
TrunarLitvintrollの2つのバンドを紹介してきた程度で、
今回のRaven Throneも含めて"土地柄"のようなものは見えてこない。
つまりこのアルバムもオリジナリティというよりフォロワー的な作品であるということだ。

特徴としては90年代のノルウェイジャンブラックのサウンドのフォロワーであり、
かつミドルパートにおいてアトモスフェリックで渋い要素を取り入れているところである。
また4曲目はなかなかなブリザードブラックを見せ、なるほどアルバムラストにImmortalのカバーが。

ことメタルに関してはまだまだ辺境の地であるベラルーシにおいて、
その辺境っぷりがサウンドに反映されているとマニア受けしそうだが、
結構まともなフォロワーで面白味は少ないように感じた。
(諸外国から日本のバンドを見ると同じように見られているのかも…)

なおユ○オンに買取見積もり出したら20円だったので、
結局売らずに手元にあったりする。

Encyclopaedia Metallum - Raven Throne
タグ: Raven_Throne  Trunar  Litvintroll  Immortal  Belarus  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top