s/t : Pentagram (2000) 

チリのスラッシュメタルバンド、Pentagramのコンピ盤を紹介。
地元レーベルからlim.66でカセットリリースされた後、
2008年にドイツのCyclone EmpireよりCDで再発された。

pentagram_chile

ドゥームの大御所の同名バンドもいいけどこちらも伝説のバンド。
1985年より活動を開始し、Slayer、Possessed、Venomあたりの影響を強く受けた、
邪悪なスラッシュメタルをプレイしている。
このコンピは1987年のデモ音源やライブテイクが収録されている。

Napalm Deathが彼らの曲をカバーしたことで有名で、
その通りアンダーグラウンドながら初期デスメタルなどにも影響を与えた。
但しさすが南米産、どことなく危険なにおいがプンプンする。

何しろ伝説化していたバンドの初期デモのコンピというだけで価値は高いが、
内容の方ももちろんお墨付きのグレイトな音源。

ちなみになんと2009年に活動を再開して現在も継続中で、
しかも2012年にPentagram Chileに改名したらしい。
昨年は新譜も出しているそうで正直ノーマークでした。欲しい。

Encyclopaedia Metallum - Pentagram Chile
タグ: Pentagram  Chile  Slayer  Possessed  Venom  Napalm_Death  1996-2000 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Beyond the Gates / Eyes of Horror : Possessed (1986-1987) 

ベイサイドの初期サタニックスラッシュバンド、Possessedの2nd+EPのカップリング盤を紹介。

ビヨンド・ザ・ゲーツ+ジ・アイズ・オブ・ホラー(紙ジャケット仕様)ビヨンド・ザ・ゲーツ+ジ・アイズ・オブ・ホラー(紙ジャケット仕様)
(2009/09/09)
ポゼスド

商品詳細を見る


後のデスメタルに多大なる影響を与えたパイオニア、Possessedだが、
その産声はあまりにも生々しく強烈だった。
2ndでも洗練されたサウンドというより異様な雰囲気のまま突き抜けていくサタニックスラッシュ。

相変わらずサウンドプロダクションの質は低いが、それもまた異様な雰囲気を作り出している。
1stよりドラムがうまくなっており、その分楽曲は引き締まっている。
まあそれでもまだまだもたれているが…それもまた良い。

EP盤"Eyes of Horror"は、ギタリスト2人の師であるJoe Satrianiプロデュース。
こちらの方はさすがJoe Satrianiプロデュースだけあって、
かなりギターがフィーチャーされており、かなりテクニカルな内容。

Encyclopaedia Metallum - Possessed
タグ: Possessed  USA  1986-1990  Pioneer 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Seven Churches : Possessed (1985) 

ベイサイドの初期サタニックスラッシュバンド、Possessedのデビューアルバムを紹介。
なお、有名な話だが、このアルバムの時点ではメンバーは全員、高校生だった。

Seven ChurchesSeven Churches
(2008/06/23)
Possessed

商品詳細を見る


ベイサイドスラッシュというと、Exodusなどが代表バンドであろうが、
その中で、確実に異彩を放っていたのがこのPossessed

1曲目に映画「エクソシスト」のイントロを流用して悪魔的、呪術的な印象を与えた後に、
一気に演奏を爆走していくことで、まさにサタニックスラッシュの印象を植え付けた。

演奏自体はギターはなかなかテクニカルなプレイをしているが、
ドラムがかなりもたっていて、お世辞にも上手いとは言えない。
しかし、このもたれぐあいがリズムの不調和をもたらしていて、
逆にアルバムコンセプトにぴったりだったり。

当時はまだなかったデスメタルという概念を発芽させた一因の一枚。
こういうルーツをたどっていくのもメタルの楽しさだと思う。

Encyclopaedia Metallum - Possessed
タグ: Possessed  USA  1981-1985  Pioneer 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top