Mysteries : Black Cilice (2015) 

ポルトガルのノイズ・ロウ・ブラックメタルバンド、Black Ciliceの3rdアルバムを紹介。
ドイツのIron Bonehead ProductionsよりLPリリースされ、後に日本のHidden Marly ProductionよりCD再発された。

Black_Cilice_3.jpg

1st2ndアルバムから引き続き3rdアルバムも紹介。
今回、一気に手持ち音源を紹介してしまおうとラックからCD持ってきたけど、
並べてみると特に2ndとこの3rdアルバムでカバーアートが似すぎていて見分けつかない。

閑話休題、この3rdアルバムはここにきてちょっと路線を変えてきたというか、
ノイズ・ロウ・ブラックメタルとしてはそのままだけどもっとアトモスフェリックBMに寄せてきていて、
そのやり方だと他のバンドのアプローチとも似てきちゃったという印象が強い。
彼らのユニークなサウンドというものが減退してしまったのではという。

確かに2ndアルバムまでの手法を引っ張り続けることの難しさもあるだろうし、
それからこのアルバムのコンセプトが「神秘」ということもある。
Everything has a purpose, everything has a meaning
the MYSTERIES are not to be revealed

という記載がインナーにある。

ちょっと短絡的な思考ではあるがそれを考えながら聞いてみると
僅かに異なる風景も見えてくるのだが、
でもやっぱり1st、2ndアルバムの方が好きかな。
アトモスフェリックBMをノイジーにした作風というフレーズにピンとくればお勧め。

Encyclopaedia Metallum - Black Cilice
タグ: Black_Cilice    Portugal  2015 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Summoning the Night : Black Cilice (2013) 

ポルトガルのノイズ・ロウ・ブラックメタルバンド、Black Ciliceの2ndアルバムを紹介。
ポルトガルのAltare ProductionsよりLPでリリースされ、後に日本のHidden Marly ProductionよりCD再発された。

Black_Cilice_2.jpg

1stアルバムから連続して2ndアルバムも紹介。
1st、2ndアルバム共に当初はアナログリリースのみで品薄状態だったが、
この2ndアルバムは日本のレーベル(Zero Dimensional Records直下)よりCD再発されたため国内でも入手しやすい。

1stアルバムから連続して聞いてみてもそこに大きい変化点はなく、
ノイジーでロウなメロウブラックメタルとして素晴らしい内容を持っている。
あえて違いを言及するならメロウさがより悲壮感あるメロディをベースに表現されていること。
このためヴォーカルの「ヒエーーーーーー」という叫び声も良い感じに調和している。

そういう意味では若干DSBM好きにより推しの強い音源になったとも言えよう。
あと#04"A Throne of Human Remains"のドカドカ疾走感とシックなノイズの調和は素晴らしい。
個人的には1stアルバムの方が好きだけどこの音源も素晴らしいと思う。
もちろんノイジーなメロウブラックメタル好きという人にしか勧められないけれども。

Encyclopaedia Metallum - Black Cilice
タグ: Black_Cilice    Portugal  2013 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

A Corpse, A Temple : Black Cilice (2011) 

ポルトガルのノイズ・ロウ・ブラックメタルバンド、Black Ciliceの1stアルバムを紹介。
ポルトガルのDiscipline ProductionsBubonic Prod.直下)とアメリカのCocainacopiaの共同でLPリリースされ、2013年にアメリカのDungeon TapesよりCD再発された。本稿ではそのCD盤を紹介する。

Black_Cilice_1.jpg

ポルトガルのブラックメタルというとどういう印象をお持ちだろうか。
個人的には超円高時代だった2008-2011年頃にポルトガルのBubonic Prod.によくお世話になっていたため
結構固定観念があってArs DiavoliとかBlack HowlingのようなノイジーなアトモスフェリックBMを想起するのだが、
このBlack Ciliceはそれらとは少々路線が異なっている。

2009年にデモ"Demo 1"はたった33本の限定リリース、その後もごく少数リリースが続き、
当初は私を含めて日本国内はおろか世界中でも知っている人はごくわずかだったと思われる。
いわゆる極少数リリースの神秘性ブームみたいなものはこの時代だいぶ廃れつつあるが、
このバンドの場合はそのようなオブスキュアなスタンスもまた「らしさ」を感じさせる。

スタイルとしては隣国Sentimen Beltzaのメロウブラックを想起させるが、
同時にそのメロウな音楽性を破壊するかのようなノイズ塗れのサウンドプロダクションが特徴的。
このバンドを初めて聞いたときの感覚は「初体験」的なものであったし、
そのオブスキュアなスタンスと合わせてエポックメイキングな手法であったと思う。

聞きにくいけど聞きやすいという二律背反な感触は大昔にメロデスと遭遇した時と似ていて、
それらの要素が喧嘩しあいながらも奇跡的なアンサンブルを醸し出している。
メロウブラック好き、かつカルトアンダーグラウンドな空気感を求める人には好適。

Encyclopaedia Metallum - Black Cilice
タグ: Black_Cilice  Portugal  2011 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Dialectica Transcendental : Forgotten Winter (2009) 

ポルトガルのシンフォニックブラックメタルバンド、Forgotten Darknessのデモ音源を紹介。
ドイツのNordsturm Productionsよりリリースされ、2014年にはSlowDriver Productionsより再発された。

Forgotten_Winter_1.jpg

以前のデモから激変、いきなり宇宙ブラックメタルへと変貌を遂げた。
というか#01に至っては宇宙を連想させるダークアンビエントで8分!
#02では以前のデモと同じシンフォニックなシンセを混ぜているが大分まとまりがある。
いや、まだチープなシンセ音がバンドサウンドに対して浮きすぎているのだが、
今回は宇宙ブラック的な浮遊感が何とか設定として生きてきている。

作品の半分くらいはスペース/ダークアンビエントもどきだが、
前作に比べて「なんじゃこりゃ」感は全くなくなっているし、
ジャリジャリノイジーなギターで疾走するパートがちょっとかっこよくて悔しい。
まああのデモの後で聞いているから反動が大きいせいでもあるが。

どうやら現在もしぶとく活動していてそれどころか
https://slowdriver.bandcamp.com/album/vinda
作風もどんどん変わっていって結構本格的な路線を歩んでいる。
理想と現実のギャップを地道に埋めていったと思うと感慨深さがある。

Encyclopaedia Metallum - Forgotten Winter
タグ: Forgotten_Winter    Portugal 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Cold Mysteries And A Black River Lighted By Candles : Forgotten Winter (2006) 

ポルトガルのシンフォニックブラックメタルバンド、Forgotten Darknessのデモ音源を紹介。
ポルトガルのDungeons RecordsよりCD-Rでリリースした。

Forgotten_Winter_demo2.jpg

全く入手経路を覚えていないが国的にBubonic Prod.から以前爆買いしてたときの
おまけか何かで入手したのだと思う。

シンフォブラックといってもシンセサイザーの音階がわざとかそうでないかズレていて、
結果的に不協和音が気になってしょうがないロウブラックみたいなことになっている。
これが意図的なのか全くわからないがそのギリギリ外してくるのが気になってしまい、
全く本来の音楽として耳に入ってこない作品だ。

もしかしたらものすごくアヴァンギャルドなことをやろうとしているのかもしれないが、
それにしてはチープさが前面に出すぎてしまっていて、
もうこれは残念な作品としか思えない。
どうやら今はBandcampでNYPらしい…。

Encyclopaedia Metallum - Forgotten Winter
タグ: Forgotten_Winter  Portugal 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Demon Attack : Alastor (2011) 

ポルトガルのブラッケンドスラッシュメタルバンド、Alastorの5thアルバムを紹介。
ポルトガルのWar Prod.よりリリースされた。

alastor.jpg

どこで購入したか記憶が定かではないが確か2~3ユーロの捨て値で購入したと思う。
そのためあまり期待しないで聞いてみたのだが思いのほか良いスラッシュメタルだ。

1988年より活動している二人組のバンドで、
片割れのJ.A.氏は他にDecayed、ex)Moonspellで活動しており、
ポルトガルのブラック~ダークメタルの系譜を引き継いでいると言えるが、
このアルバムは完全に80年代のブラッケンドスラッシュそのもので、
しかも微妙にパワーメタル然しているところもあって聴きやすさがある。

おまけに#12-19は1998年リリースのDecayedとのスプリット音源を収録。
収録されているカバーはMötley Crüe、Black Sabbathと遊び心も感じて、
非常に盛り沢山なのがとてもうれしい作品。
ユーロブラッケンドスラッシュが好きならおすすめ。

Encyclopaedia Metallum - Alastor
タグ: Alastor  Decayed  Moonspell  Motley_Crue  Black_Sabbath  Portugal  2011 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Clausura : Ars Diavoli (2010) 

ポルトガルのアトモスフェリックブラックメタルバンド、Ars Diavoliの1stアルバムを紹介。
ポルトガルのBubonic Prod.よりlim.500でリリースされた。

ars_diavoli2.jpg

1stまで在籍したDMPから離れて我らがぶぼにっくちゃんに移籍した作品。
やっていることは1stから変わることなく、
上質なアトモスフェリック/デプレブラックをプレイしている。

基調にあるのはBurzumタイプのプリブラであり、
そこに彼らのメロウさがうまく絡み合っている。
こういう一本筋の通ったデプレブラックは非常に好印象だ。

去年にセルフタイトルのEP盤をリリースしており、
そちらの出来も気になる今日この頃。

Encyclopaedia Metallum - Ars Diavoli
タグ: Ars_Diavoli    Portugal  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

s/t : Inverno Eterno (2011) 

ポルトガルのデプレッシブブラックメタルバンド、Inverno Eternoの2ndアルバムを紹介。
ポルトガルのBubonic Productionsよりリリースされた。

Inverno_Eterno

予備知識無くレーベルオーダーでまとめ買いの中に何となく入れた1枚。
悲痛な叫びをもつヴォーカルとメランコリックなリフが特徴のデプレブラック。
ポルトガル語の歌詞なので内容は解らないがどうやら死と孤独について歌っている模様。

このアコースティックなメランコリックの奏では
どちらかといえばシューゲイザーチックな気もするが、
その手のバンドよりかはブラックメタルであることに重きを置いている。
そこが個人的には心地よい楽曲のバランスを生み出していると思う。

1stアルバムはレーベルソールドアウトしており持っていないが、
国内では結構出回っているので今度買おうかと思っている。

Encyclopaedia Metallum - Inverno Eterno
タグ: Inverno_Eterno  Portugal  2011 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

s/t : Wistful (2010) 

ポルトガルのシューゲイザー/デプレッシブブラックメタルバンド、Wistfulの1stアルバムを紹介。
メキシコのSelf Mutilation Servicesよりlim.500でリリースされた。

wistful

様々なバンドでプレイしてきたIshkur氏の独りバンド。
それらのバンドもポルトガル内のアンダーグラウンドシーンらしく謎が多いが、
どうやらこのバンド以外では真っ当なブラックメタルをやっているらしい。

こちらはポストロックとデプレブラックをミックスした、
いわば一時期大量に出てきたよくある作品である。
全編ポルトガル語なのが一番の特徴である気がするが、
こういう曲調だとあの手の語感があまり活きていない。

この手の音源は如何に「足し算がうまくいっているか」が作品の質を決めると思うが、
残念ながらこのアルバムは要素が散漫、乖離しているように感じ、
あまりクオリティは高いとは言えない。

Encyclopaedia Metallum - Wistful
タグ: Wistful  Portugal  2011 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Claustrophobia : InThyFlesh (2011) 

ポルトガルのブラックメタルバンド、InThyFleshの3rdアルバムを紹介。
ギリシャのNykta Recordsよりリリースされた。

InThyFresh3

歌詞が全編ポルトガル語なので何を歌っているか解らないが、
ヒステリックなヴォーカルから悲壮感が伝わってくる。
このヴォーカルがこのバンドの最も大きなファクタだと思われる。

ギターリフはシューゲイザーブラックにも使われそうなトレモロで、
このバンドに良く使われる"エモーショナル"という形容がぴったり。
輪郭のはっきりしたメロディーが聞きやすい。

サウンドプロダクションはわざと落としていて
プリブラ的作り込みも見られる。
この手のジャンルの中ではレベルは高い方だと思う。

Encyclopaedia Metallum - InThyFlesh
タグ: InThyFlesh  Portugal  2011 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top