Show No Mercy : Slayer (1983) 

アメリカのスラッシュメタルの帝王、Slayerの1stアルバムを紹介。

Show No MercyShow No Mercy
(1994/01/14)
Slayer

商品詳細を見る


順番としては2nd-3rd-4th-1stの順にSlayerをたどったのでちょっとびっくり。
かなりNWOBHMの影響を強く受けたサウンドでおそらくVenomらの影響もあるだろう。

今となってはSlayerもこんなノーマルなサウンドだったの?と反応しそうだが、
1983年という当時にしてはとんでもなく速くて過激な音像だったんだろう。
歌詞を見てもサタニック、アンチキリストを主題にしている。

今のエクストリームミュージックに絶大な影響を与えた一枚だと思われる。
ちなみにTom Arayaの一部ハイトーンヴォーカルはなかなかびっくりする。

Encyclopaedia Metallum - Slayer
タグ: Slayer  Pioneer  USA  1981-1985 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Beyond the Gates / Eyes of Horror : Possessed (1986-1987) 

ベイサイドの初期サタニックスラッシュバンド、Possessedの2nd+EPのカップリング盤を紹介。

ビヨンド・ザ・ゲーツ+ジ・アイズ・オブ・ホラー(紙ジャケット仕様)ビヨンド・ザ・ゲーツ+ジ・アイズ・オブ・ホラー(紙ジャケット仕様)
(2009/09/09)
ポゼスド

商品詳細を見る


後のデスメタルに多大なる影響を与えたパイオニア、Possessedだが、
その産声はあまりにも生々しく強烈だった。
2ndでも洗練されたサウンドというより異様な雰囲気のまま突き抜けていくサタニックスラッシュ。

相変わらずサウンドプロダクションの質は低いが、それもまた異様な雰囲気を作り出している。
1stよりドラムがうまくなっており、その分楽曲は引き締まっている。
まあそれでもまだまだもたれているが…それもまた良い。

EP盤"Eyes of Horror"は、ギタリスト2人の師であるJoe Satrianiプロデュース。
こちらの方はさすがJoe Satrianiプロデュースだけあって、
かなりギターがフィーチャーされており、かなりテクニカルな内容。

Encyclopaedia Metallum - Possessed
タグ: Possessed  USA  1986-1990  Pioneer 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Magus : Sadistik Exekution (1991) 

オーストラリアのカルトブラック/スラッシュメタルバンド、Sadistik Exekutionの1stアルバムを紹介。

MagusMagus
(2008/06/24)
Sadistik Exekution

商品詳細を見る


1985年に結成され、1986年にレコーディングされた作品。
結果的にCDリリースは1991年までずれ込んだようだが、
80年代でここまでぶっ飛んだブラックスラッシュをプレイしていたことに脱帽。

そして当然のことながらアンダーグラウンドで広がりを見せ、
あのMayhemBeheritにもリスペクトされた作品。
ブラックファッキングスラッシュメタルのパイオニアの1つであり、
今でも活動を継続しているファッキングレジェンド。

後にWar Blackに変化したであろうサウンドで、
Blasphemy、Beherit、Black Witchryあたりが好きな人には特にお勧め。

Encyclopaedia Metallum - Sadistik Exekution
タグ: Sadistik_Exekution  Australia  Pioneer  1991-1995 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Ultimo Mondo Cannibale : Impetigo (1990) 

アメリカはイリノイのスプラッターゴアグラインドバンド、Impetigoの1stアルバムを紹介。

Ultimo Mondo CannibaleUltimo Mondo Cannibale
(1999/08/24)
Impetigo

商品詳細を見る


Ultimo_Mondo_Cannibale_Impetigo.jpg

自分が持っているのは2006年リリース盤。
当時、横浜のディスクユニオンでその趣味の悪いジャケットにそそられてジャケ買い。
ニューリリースの棚にあったのだが、まさか1990年にリリースされていたとは知らなんだ。

聞いてみればNapalm DeathやらTerrorizerのような初期グラインドコアの影響を強く受けつつも、
そこにB級スプラッターゴアやらモンド映画といった悪趣味の塊を融合させて、
Carcassとは異なる形でゴアグラインドを作り上げたアルバム。

初めて聞いた時はB級臭漂うバカサウンドだと思ったが、
今さら聞いてみると後々のゴアグラインドバンドたちに
(悪)影響を与えまくった伝説のバンドであることがわかる。

取りあえず、最初の印象も、現在の印象も両方正しいことは間違いない。
ゴアグラインドの歴史探訪には欠かせないアルバム。

Encyclopaedia Metallum - Impetigo
タグ: Impetigo  USA  Pioneer  1986-1990 
Grind Core/Gore  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Anno Domini : Tormentor (1988) 

ハンガリーの原初ブラックメタルバンド、Tormentorの1stアルバムを紹介。

Anno_Domini.jpg

Mayhemのヴォーカル、Attilaの出身バンドであり、
当初はハンガリーの政治的システムによりリリースされずにデモテープで出回った音源らしいが、
Bathoryらと共にVenomから派生した初期ブラックメタルの最重要バンドの一つである。

特にこのアルバムはブラックメタルの軌跡を辿るならば避けて通れない一枚で、
このアルバムはサタニックスラッシュに、Attilaの特徴的なヴォーカルが乗り、
更に実験的にキーボードを導入しているのが当時としてはチャレンジブルであった。
それらがDarkthroneDissection、もしくはMayhemにも大きな影響を与えたという。

今、聞いてみても、単にパイオニア、資料的価値というだけではなく、
アンホーリーでスラッシーなサウンドに魅力を感じる一枚。

Encyclopaedia Metallum - Tormentor
タグ: Tormentor  Hungary  Darkthrone  Dissection  Mayhem  Pioneer  1986-1990 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Leprosy : Death (1988) 

アメリカはフロリダのデスメタルバンド、Deathの2ndアルバムを紹介。

リプロシー(紙ジャケット仕様)リプロシー(紙ジャケット仕様)
(2009/09/09)
Deathデス

商品詳細を見る


スラッシュメタルからデスメタルへの過渡期で生み出された作品で、
現在の観点ではむしろスラッシュメタルにカテゴライズされそうなアルバム。
但し、Deathの歴代アルバムを俯瞰すれば最もデスメタルに影響を与えたと言える。

しかしながら今聞いても、全然古臭くない。
演奏にフロリダのデスメタル特有の生々しさと、演奏の硬質さが合わさって、
面白い化学反応を起こしていてスリリングだ。

単なる過渡期の一枚ではなくて、重要な作品。
4th『Human』以降のテクニカルデスとなった後期Deathしか知らない人は、
是非、この作品も聞いてみてほしい。
タグ: Death  USA  モリサウンド  Pioneer  1986-1990 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Hammerheart : Bathory (1989) 

スウェーデンのブラック/ヴァイキングメタルのパイオニア、Bathoryの5thアルバムを紹介。

HammerheartHammerheart
(1995/10/17)
Bathory

商品詳細を見る


Venomの影響を大きく受けたブラックスラッシュに始まり、
前作3rdからエピックな楽曲を作り始めていたのだが、それが大きく開花した。
つまりヴァイキングメタルというジャンルの誕生を高らかに告げた瞬間だ。

このアルバムで、Bathoryに見切りをつけた初期ファンも多く、
いわゆる「問題作」だが、単なるヴァイキングメタルのパイオニアと片付けられない、
不思議な魅力を持ったアルバムであり、大いなる叙事詩の前に平伏すしかないのであった。
タグ: Bathory  Sweden  Pioneer  1986-1990 
Viking/Folk  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Bathory : Bathory (1984) 

(カルト)ブラックメタルの始祖にして、一人バンドのBathoryの1stアルバムを紹介。

BATHORY(直輸入盤・帯・ライナー付き)BATHORY(直輸入盤・帯・ライナー付き)
(2009/02/14)
BATHORY

商品詳細を見る


ブラックメタルというジャンルのネーミングは間違えなく、
VenomBlack Metalというアルバムから来ていますよね。
音楽的にもサタニックイーヴルな歌詞とノイジーなサウンドという、
サタニックスラッシュメタル?ブラックメタルを誕生させるに至った重要なアルバムです。

しかしながらVenom自体はサタニックイーヴルをファッションとして用いていました。
彼らはイギリスのバンドですし、ロックをファッションとして標榜しやすいお国柄。
過激を売りにしたいがための「手法」であったと考えます。
だからこそVenomには背徳、暗黒といったものがなかったのです。

しかし、このブラックメタルというものが北欧に渡ったとき、
北欧の「彼ら」はファッションに解釈を求めませんでした。
そこに真の暗黒を見たのでした。
強いて言えば「ジョークを本気にしてしまった」とでもいいましょうか・・・。

Bathoryは「本気」にしてしまった第一人者であり、
真のブラックメタルの種を蒔いた張本人です。
ゆえにブラックメタルの始祖はこのBathoryだと思うのです。

このアルバムはそのBathoryVenom解釈です。
2年前に出たVenomBlack Metalと聞き比べてください。
確かにBathoryのこのアルバムはVenomそのままです。
しかしこの邪悪さ、暗黒…Venomにはないものがここにあるのです。

今、聞きなおしていますが、やはり最高に邪悪ですね。
ワルではなく悪です。

これこそイーヴル。

SodomIn The Sign of Evilも同じ年にリリースされています。
こちらもまたVenomの解釈でしたね。
タグ: Bathory  Sweden  好きなジャケット  Pioneer  1981-1985 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Seven Churches : Possessed (1985) 

ベイサイドの初期サタニックスラッシュバンド、Possessedのデビューアルバムを紹介。
なお、有名な話だが、このアルバムの時点ではメンバーは全員、高校生だった。

Seven ChurchesSeven Churches
(2008/06/23)
Possessed

商品詳細を見る


ベイサイドスラッシュというと、Exodusなどが代表バンドであろうが、
その中で、確実に異彩を放っていたのがこのPossessed

1曲目に映画「エクソシスト」のイントロを流用して悪魔的、呪術的な印象を与えた後に、
一気に演奏を爆走していくことで、まさにサタニックスラッシュの印象を植え付けた。

演奏自体はギターはなかなかテクニカルなプレイをしているが、
ドラムがかなりもたっていて、お世辞にも上手いとは言えない。
しかし、このもたれぐあいがリズムの不調和をもたらしていて、
逆にアルバムコンセプトにぴったりだったり。

当時はまだなかったデスメタルという概念を発芽させた一因の一枚。
こういうルーツをたどっていくのもメタルの楽しさだと思う。

Encyclopaedia Metallum - Possessed
タグ: Possessed  USA  1981-1985  Pioneer 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

World Downfall : Terrorizer (1989) 

アメリカのグラインドコアバンド、Terrorizerの1stアルバムを紹介。
彼らはこのアルバムをリリースした後、解散している。

World DownfallWorld Downfall
(2008/01/13)
Terrorizer

商品詳細を見る


このアルバムは2つの「凄さ」を持っている。

1つはブラストビートなど、現在のグラインドコアとデスメタルの「標準」を作り上げたことだ。
現にメンバーはその後、Napalm DeathMorbid Angelに加入しており、
それらのバンドで各々のジャンルの進化に大きく貢献している。

2つ目は、現在でも脳みそ飛び出る激烈サウンドだということだ。
とかくむちゃくちゃなサウンドなのに、整合感が味わえるのが素晴らしい。
もちろん、楽曲中の起伏もしっかり用意されており、
ハードコアに敬遠している人もしっかり楽しめる。

一時期、まったく手に入らなかったらしいが、最近は再販されている。
(自分が持っているのはDisc Union経由のEARACHE製)

デスメタル、グラインドコアのパイオニア云々というより、
現在でも確実に通用するエクストリームサウンドである。
聞け!悶絶しろ!
タグ: Terrorizer  USA  個人的良盤  Pioneer  1986-1990 
Grind Core/Gore  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top