スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Gnosis Stained Khadga - Live in Kuala Lumpur : Orator (2014) 

バングラデッシュのベスチャル・ブラックメタルバンド、Oratorのライブ盤を紹介。
タイのHellhouse 666 Productionsよりテープでリリースされた。

Orator_live.jpg 

 辺境メタルマニアならご存知かもしれない。デビューEP "Dominion of Avyaktam" が辺境地発掘レーベルとして有名なLegion of Death Recordsからリリースされているからである。バングラデッシュのUGメタルシーンは昔からかなりコアなバンドを輩出されているということも聞いたことがあり、特にこのバンドはどうやらかなりのものだという噂を聞いていたため深く興味を持っていた。そんな中でWeird Truth Productionsでこのテープの扱いがあったので購入(現在も扱いあり)。

 音源は2013年にマレーシアのクアラルンプールで行われたライブの時のもので、フランスのManzerも出演しており、そのときにShuxul氏がハンディカムで撮影した時のマテリアルとのことだ。丁度その頃に1stアルバム ”Kapalgnosis" をリリースしていたこともあり、ほとんどの曲はそこからの引用であった(が、当方はそのアルバムを未聴)。

 終始ドカドカドラムが進むまさにベスチャルな楽曲で、音質こそ主に機材の関係でかなり籠っているもののそれも相俟ってローカルな地域のUGなエクストリームメタルを体感できる。なかなか日本にいてバングラデッシュのUGメタルシーンのことまでは触れることが難しい中で貴重な音源だし、またそれが90年代にメタルを弾圧したマレーシアで行われたライブだということも実に興味深い。Orator自体についても噂通りの実力を持っているようで、いずれ「辺境地」という枕詞を投げ飛ばしてくれそうな期待を膨らますに十分なライブ音源である。

Encyclopaedia Metallum - Orator
スポンサーサイト
タグ: Orator  Bangladesh  2014 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。