Pantheon : Crow Black Sky (2010) 

南アフリカのブラックメタルバンド、Crow Black Skyの1stアルバムを紹介。
当時はFacebookでフリーダウンロードできたが、現在は公式サイトでできる。

crowblackskys.jpg

このバンドは純粋にはブラックメタルではなく"Blackend Metal"らしい。
多分、サタニズムなどの思想表現ではないということと、
もう一つはブラックメタル影響下のエクストリームメタルということが言いたいのだろう。

バンド側はAmon Amarth、Opeth、Behemothを混ぜた独自性のあるアルバムと言っているが、
混ぜたと言うより曲ごとにそれらの影響をバラバラに感じるだけのような気がする。
しかしなかなかテクニックのあるギターを聴かせてくれる。

南アフリカでブラックメタルということでいったいどんなサウンドなのかと思いきや、
少し意表を突かれたような内容ではあった。
現在でもフリーでDLできるようなので興味があればどうぞ。
タグ: Crow_Black_Sky  Amon_Amarth  Opeth  Behemoth  South_Africa  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Blackwater Park : Opeth (2001) 

スウェーデンのプログレッシブデスメタルバンド、Opethの5thアルバムを紹介。
イギリスのMusic for Nationsよりリリースされた。

Blackwater ParkBlackwater Park
(2001/03/13)
Opeth

商品詳細を見る


このブログの"Progressive"カテゴリーを見てもらえれば解る通り、
基本、私はProg-Metalに対して理解があまりないのだが、
それでもこのアルバムは素晴らしいと思う…、
というよりきっとプログレ要素でない部分に対して評価しているのだろう。

前作と比べるとますますデスメタル要素以外の部分のクオリティが増しているが、
プログレ的複雑難解な音楽というより、
むしろ叙情的でメロウなサウンドに酔わされているのではなかろうか。

"Prog-Metal"の知的さというのは二つパターンがあって、
一つは「雑学の押し付け」的な知識のボリュームによる知的さ、
もう一つは本当の知識の深さを指す知的さ。
このアルバムの感じる知的さとはもちろん後者を指す。

Encyclopaedia Metallum - Opeth
タグ: Opeth  Sweden  個人的良盤  2001-2005 
Progressive  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Monolith : In Mourning (2010) 

スウェーデンのプログレッシブメロディックデスメタルバンド、In Mourningの2ndアルバムを紹介。

MonolithMonolith
(2010/02/02)
In Mourning

商品詳細を見る


同郷のOpethからの影響が大きいと言われるバンド。
確かに技巧的でプログレ思考なリズム陣などそう感じなくもないが、
そこまでプログレッシブな雰囲気を感じず、
むしろメランコリックなゴシックメタルというように感じた。

そのメランコリックさとか、見え隠れするモダンヘヴィネスへのアプローチなど、
何となくあざとさを感じてしまうためのとオリジナリティにかける気も。

Barren Earthが好きな人などは美味しく頂けるとは思うが、
こういうジャンルに精通している人は食傷気味になるかもしれない。

Encyclopaedia Metallum - In Mourning
タグ: In_Mourning  Sweden  Opeth  Barren_Earth  2006-2010 
Progressive  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Still Life : Opeth (1999) 

スウェーデンのプログレッシブデスメタルバンド、Opethの4thアルバムを紹介。

Still Life (W/Book) (Spec) (Dig)Still Life (W/Book) (Spec) (Dig)
(2008/04/15)
Opeth

商品詳細を見る


当時、Opeth初体験のアルバム。
初めて聞いたときにあまりの素晴らしさに脱帽したとともに敷居の高さを感じた良作。
しっかりと聴かないといかん、と逆にしばらく聴けなかったのを覚えている。

内容としては70年代プログレロックナイズなデスメタル。
古き良きプログレとデスメタルを分子分解して再構築したとでも言おうか。
単なる70年代プログレの猿真似ではないことを強調したい。

猿真似と本物の違いは、表面だけではなく、深部まで消化しているのだ、
ということを教えてくれる素晴らしいアルバムだ。
もちろんデスメタルの側面から見ても凄いよ、これは。

Encyclopaedia Metallum - Opeth
タグ: Opeth  Sweden  個人的良盤  1996-2000 
Progressive  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Skyforger : Amorphis (2009) 

フィンランドのプログレッシブ/メランコリックメタルバンド、Amorphisの9thアルバムを紹介。

SkyforgerSkyforger
(2009/06/16)
Amorphis

商品詳細を見る


フィンランドの民族叙事詩「カレワラ」を元にした作品で、
なるほど「カレワラ」をひも解くと単なるエピックファンタジーではなく、
フィンランドの土着的信仰とそれをめぐる歌謡が根底にあるものであり、
このアルバムを聴きながらにして想像を働かせることができる。

そのようなエピックヴァイキング/フォークとは全く異なる民族音楽と70年代プログレが、
高い次元で融合して、しかも非常に聴きやすい好盤。
時折入るデスヴォイスが良い意味で楽曲をタイトにしている。

ちょっと冗長とも思える展開もある意味Amorphisらしさかな。
"Opeth + Sentenced"のようなアルバムでどちらも好物の自分には非常に良かった。

Encyclopaedia Metallum - Amorphis
タグ: Amorphis  Finland  Opeth  Sentenced  2006-2010 
Progressive  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Damnation : Opeth (2003) 

スウェーデンのプログレッシブデスメタルバンド、Opethの7thアルバムを紹介。

ダムネイションダムネイション
(2008/09/24)
オーペス

商品詳細を見る


Opethといえばプログレデスの大御所だが、このアルバムはアコースティックアルバムであり、
デスの要素を排除したプログレロックになっている。
(実は何の前知識もなくこのアルバムを聞いたので、全編クリーンパートで驚愕した)

元来のプログレデスというジャンルから鑑みて、
暴虐性と静寂性の二律背反な要素を絡めたセンスのある音楽をやっていて、
デスパートがないとはいえアンニュイとカタルシスが混じり合ったような感覚に陥る。

このバンドの実力派計り知れず、演奏のテクニックも凄いし、楽曲センスも飛びぬけているし、
実は今世紀のメタル界の中でも頭ひとつ抜けているバンドなんじゃないだろうか。
タグ: Opeth  Sweden  2001-2005 
Progressive  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top