Sacrilegious Fornication Masscare... Filthy Desekrators! : V/A (2016) 

日本のブラックメタル・ヤクザ、Abigailと韓国のウォー・ブラックメタルバンド、Nocturnal Damnationのスプリット盤を紹介。
ポーランドのPutrid Cultからlim.500でリリースされた。

Abigail_Nocturnal_Damnation.jpg 

 拙著掲載のインタビューにてNocturnal Damnationのメンバーからリリースすると公言されていたスプリット盤で、双方2曲提供の4曲入りとなっている。夏にリリースされた5thアルバムに対してこのスプリット盤は10月末にリリースされたわけだが、何やら凄いらしいと小耳に挟みつつも国内になかなか入ってこなかったために私自身は今年になってようやく手に入れて目をひん剥いた。

 Abigailサイドの1曲目が今までの彼らの作品のどれよりもブルータルなメタルになっている。用いられているリフやブリッジなどは元々の彼らの路線であるが、ドラムの強烈さもあわせて全体の圧が凄い。ひたすら圧倒される。いわゆるウォー・ベスチャルにも肉薄しているようなカオスさも持ち合わせた傑作だ。2曲目の煽情的なブラック・スピードメタルもまた素晴らしい。何しろタイトルが"We are True Evil"である。これら2曲はスプリットにしか収録されないのだとしたらちょっと勿体ないのでは、と思わせるほど。

 Nocturnal Damnationサイドは彼の新境地とも思わせるオールドスクール・デスメタルを思わせるスタイルに踏み込んでいて、当初のBlasphemy~Conquerorの影響とは異なり、もっとスロウに磨り潰しにかかってくる。ヴォーカルスタイルもより重く低いグロウルに変わっているように感じる。そういえば彼はSadistic Intentの影響を受けていると言っていたが、まさにその辺りを突いてきている一方で、それをもっとへヴィにバスブーストで仕上げたという感じだろうか。

 とにかくAbigailサイドの素晴らしさが際立っている一方で、クラシックなサタニック・デスメタルを選択したNocturnal Damnationの方向性も含めて実に興味深いスプリットである。

Encyclopaedia Metallum - Abigail
Encyclopaedia Metallum - Nocturnal Damnation
タグ: Abigail  Nocturnal_Damnation  Japan  Korea  2016 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Sadogoat Warmageddon Command : Nocturnal Damnation (2011) 

韓国のウォーブラックコマンダー、Nocturnal Damnationのデモを紹介。
タイのAltar of the Tyrant Spirit Productionsよりlim.200でテープリリースされ、後にエルサルバドルのBestial Desecration Recordsからlim.100でテープ再発された。

NocturnalDamnation_demo.jpg

初めてこのテープを見かけたのは某ウェブオークションで偶然発見したもので、
そのときはSadogoatの音源を探していたので、
落札して家に届いたとき音源のタイトルの方から勘違いしてしまったことに気付いたのである。
そしてこのバンドがまさかの韓国産だということに驚かされた。

というのもスタイルとしては完全にBlasphemy、Conquerorライクのウォーブラックで、
日本はおろか東アジアではなかなか聴くことができないタイプのものだったからである。

演奏といいヴォーカルといいとにかく荒々しくロウでダーティーで、
先駆者たちのリスペクトを最大限表現しているように感じたし、
これはテープで聞けて良かったとしみじみと感じた次第である。

なお、1stフルもカセットテープでリリースされているのだが
リイシューとしてドイツのDunkelheitからもCDでリリースされており、
そちらにはボートラとしてこのデモも収録されている。

Encyclopaedia Metallum - Nocturnal Damnation
タグ: Nocturnal_Damnation  South-Korea  2011 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top