Satanic Kultus - Unholy Desecration : Zygoatsis (2011) 

タイのウォーブラックメタルバンド、Zygoatsisの1stアルバムを紹介。
日本のDeathrash ArmageddonからCDで、ドイツのNecromancer RecordsからLPでリリースされた。
各々、ボーナストラックが異なる。

Zygoatsis
(写真はCD ver)

タイのベテランブラック、Surrender of Divinityのメンバーも参加しているウォーブラック。
こちらは完全に全員挽き殺しにきているウォーブラックをプレイしている。
そのサウンドからはシンガポールのImpietyのリスペクトが垣間見れる。

その上で個人的にはよりこちらの方が好みなウォーサウンドである。
ジャケットから連想させるBestial Warlust感はサウンドもその通り。
とにかく戦車で挽き殺し、すりつぶしてくるような豪快ウォーブラックであり、
この手のウォーブラック好きならマストだろう…東南アジアは本当に熱い。

最近はカナダのNekroholocaustとツアーに回っていたらしく、
そこいらの人脈とのスプリット音源なども大いに期待できるだろう。
今後の活動…そして出来れば来日も期待したいバンドだ。

Encyclopaedia Metallum - Zygoatsis
タグ: Zygoatsis  Thailand  Surrender_of_Divinity  Bestial_Warlust  Nekroholocaust  2011  個人的良盤 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

In Memories Of Fire : Nekroholocaust (2005) 

アメリカのNSBM/WWII礼賛ウォーブラックメタル、Nekroholocaustのコンピ盤を紹介。
アメリカのMercenary Musikよりリリースされた。

nekroholocaust

Encyclopaedia Metallumなどでは情報は開示されていないが、
どうやらVinterriketBattle Dagorathで有名なChristoph Ziegler氏の音源で確定の様だ。
となると公称のアメリカのバンドではなくドイツのバンドということになる。

さらに、この音源は1988-89年に録音されたとされているのだが、
それも年齢など加味すると事実と齟齬がある可能性がある。

アルバムのテーマも考えてみるとこの不謹慎極まりないアルバムは、
ドイツ国内ではとてもじゃないけど公言してリリースできず、
周り巡ってこのようなアンノウンな形でリリースされたのではなかろうか。

内容としてはBlasphemyタイプのウォーブラックで、
これが本当に88-89年に録音されたのであれば結構感心するのだがどうなんだろうね。
このアルバムがリリースされた頃で考えたら可もなく不可もなくなのだが。

Encyclopaedia Metallum - Nekroholocaust
タグ: Nekroholocaust  Vinterriket  Battle_Dagorath  Blasphemy  USA  Germany  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top