スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Die Fucking Bastard : Necropsia (2005) 

チリのブラッケンスラッシュメタルバンド、Necropsiaの1stアルバムを紹介。
カセットでlim.666でリリースされた後、タイのWitchhammer Productionsよりlim.1000でリリースされた。

necropsia

確か大阪のキングコングでブラック/デスかと思ってジャケ買いしたもの。
きいてみたら結構まともなブラッケンスラッシュで、
しかもたまにメロいトレモロリフを入れてきたりする節操のなさもあり、
またどことなくデスメタルっぽい音の使い回しもしているなどフォーカスがあってない。

以前はAutopsyDeathなどのカバーもやっていたらしく、
さらにこのアルバムではImpaled Nazareneの"The Horny and the Horned"をカバー。
なるほど、確かにそんな感じだ。
でも原曲に対してどうもテンションが低い。

たまにオッとなる音の使い回しをしていたり決して侮れないが、
作品としてのまとまりに欠けるアルバムであり、
あまり通して聞こうとは思わないレベルの音源だった。

Encyclopaedia Metallum - Necropsia
スポンサーサイト
タグ:   Necropsia  Chile  Death  Autopsy  Impaled_Nazarene  2001-2005 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。