【column】 Polish Black Metal Scene - II 

【前回】 Polish Black Metal Scene - I

■ The Temple of Fullmoon

 ブラックメタルのことに興味がある方であれば恐らく一度は耳にするであろう"The Temple of Fullmoon"とは、これはノルウェーの悪名名高き"Inner Circle"に触発されて、ポーランドで90年代初頭に結成されたサークルである。"Inner Circle"に触発されただけに、彼らは2nd-wave Black Metalであるノルウェイジャンブラックの流れを汲んだブラックメタルをやるようになり、そのサタニズム信奉においてはトレンディー音楽と目されたデスメタルを"偽物"だとして完全否定し、憎しみの対象とした。それが先述したPandemoniumなどのバンドである。

 "The Temple of Fullmoon"に属していたバンドの特徴としてはノルウェイジャンブラックの影響を大きく受けつつも、

 1. ケルト音楽由来のフォーキッシュなメロディが含まれる
 2. 政治的な主張(NS)とリンクしている
 3. バンド間でメンバーの重複が多い

といった特徴がみられ、それらのうち1.は現在のポーリッシュブラックメタルシーンの作品にも受け継がれている。

 また諸外国のブラックメタルマニアにおいてはノルウェイジャンブラックが90年代初頭のうちに没落していった中で、その情報のなさからその活動が神秘的に映ったようだ。そのため "the Next Norway" とも称されたという。実際、"Temple of Fullmoon" そのものに関する文献は昨今、ウェブ上でもあまり見ることができない。それはまずフランスのLLNで見られたような、彼ら自身が発行した身内向けのZineすらなかったためだと思われる。またポーランド人は英語が公用語ではないことも理由の一つであろう。サークルのメンバーとしては、記載がある限り、Mysteries、Inferum、Fullmoon、Graveland、Veles、Legionといったバンドだと思われる。

nsbm_pol.jpg
メンバー全員で撮影した写真。ハーケンクロイツを掲げている。


 また、当時はフランスのLLNのメンバーとも交流があったようだ(LLNのコラム参照)。面白いのはLLNの舞台もカトリック教会の力が強い地域だったことである。ただしこのポーランドという地域ではその影響力が段違いに大きかった。LLNは教会を焼かなかったのに対して、ポーランドではそれが起きたのはその点も加味する必要がある。このあたりはGravelandのDarkenがインタビューで答えている内容が興味深い。

with Darken (Graveland)

西欧とは違いポーランドは熱狂なカトリック国で、教会の政治的影響力は生活にまで及んでいる。ポーランドのブラックメタルアンダーグラウンドにおいて見られる強烈なキリスト教への嫌悪はそのカトリック社会への嫌気から来ている。教会は我々を捻じ曲げ、精神を犯してくる。それは家族を通じて辿りつくのだ。これはとても難しい問題だよ。

今日、ポーランドにおいても大きな都市においてはカトリック教会の役割は弱まっている。しかし小さい町にはまだ多くの若いブラックメタルミュージシャンたちとリスナーがいるよ。それは教会の役割がまだ大きいからだ。反キリスト教という考えはまだ生きているし、ポーランドでは根強いんだ。

若者が権力に抗うと言う行為は実に自然なことだが、ことポーランドにおいては家族から強く糾弾されることになる。家族は教会に強く依存しているのだからな。家族に多くのルールを強制される。例えば毎週日曜は教会に行くとかだ。それを守らなければ家族から精神的な迫害を受けることになるのさ。やがてその若者は圧力に屈し、教会にとって"善い"方向に引き戻されてしまう。これは私自身の経験から良く知っているのさ。家族は私を怨んだ。私はカトリック教会が欺瞞の塊であり、尊敬に足らないことをそこで理解したのだ。


 本コラムのPart.1ですでに書いた通り、ポーランドという国の成り立ちはカトリック信仰と密接であり、また歴史的過程を経て多民族国家でもある。そのような中でポーランドの若者はカトリック信仰への否定をしたときに、それに代わるアイデンティティがその混血が故に確固たるペイガニズムとして紡げなかったことが、このThe Temple of Fullmoonの存在理由に繋がっていると思われる。だからこそこのサークルの活動はアンチクライストとNS思想を根本とするのだ。これは以前のNSBMのコラムで書いた通り、ネオナチ活動においてそのすそ野を広げるためにスラブ系などの民族もアーリア民族に見做すようになってきたためであろう。

nsbm_pol2.jpg


 The Temple of Fullmoonの影響を受けて、サークル外においてもLord of Evil/War88、Gontyna Kry、Kataxu、Thunderboltといったバンドもシーンに登場してきた。いずれも先ほどのような特徴を持っており、ポーランドはNSBMの大きなシーンと目され始めた。トピックとしては元Gravelandのドラマー、CapricornusがドイツのNSBMバンドであるAbsurdのデモ"Thuringian Pagan Madness"をポーランドにてリリースしている。Absurdのメンバーが殺害した少年の墓をジャケットに使用し、ナチスのステイトメントをモチーフにして獄中で作成した曰くつきのデモであった。

 しかしながら、このようなサタニズムとNS思想のダブルスタンダードは歪を含有していた。やがてそれらの思想は徐々にかい離し始めた。

with Darken (Graveland)

初期のGravelandはサタニズムとペイガニズムを組み合わせていた。私はペイガニズムについて表現したかったから、区別するためにGravelandは一人でやることにしたのさ。

やっている音楽はNSBMではない。そう思われるのは私の持つ政治的姿勢によるものである。しかし私にとっては神秘主義と古代ペイガンがもっとも重要であり、政治的思想はプライオリティが低い。Gravelandはバンドであり、何より音楽であることが最も重要だ。NSBMとは違うと考えている。


with Paimon (Thunderbolt)

俺たちがポーリッシュブラックシーンに加わったころは、Graveland、Fullmoon、Infernum、Velesが唯一のシーンだった。93年のことだ。だからNSBMに同一視された。しかし98年頃にはそこから抜け出した。俺たちには全くそんなポリシーがないからだ。だって俺は個人主義を信奉しているし、宗教もポリシーもいらない。白人だろうが黒人だろうが何だろうが、すべての人間には同様に価値がない。

NSBMという存在理由はとても複雑な問題ではあるが、私個人としては数年前に人間や人種についての興味を失ったよ。時々、古代文明の書物に目を通したりはするけれどもね。俺の主張としては、ブラックメタルと社会問題を政治的にミックスしていることは間違えだったということさ。ポリシーっていうのは飼いならされた羊のように、人をコントロールするものだ。

もちろん俺はアンチクリスチャンだが、そのイデオロギーにキリスト教は一切関係がないし、スラヴィッシュとかそういう人種の類とも関係ない。俺を超える神などいないのさ。ブラックメタルにおけるペイガニズム、ヒーゼニズムの類はお間抜けだ。ブラックメタルは悪魔主義(個人主義のことだ)に限るべきだ。


 このようにしてThe Temple of Fullmoonは思想・信条の乖離から解散していったようであるが、中枢にいた人物たちは各々の信条を持ってバンドを各自続けていったし、その過程でThe Temple of FullmoonのChildrenと言えるバンドも現れてきた。


■ おわりに

 Part.1ではポーランドという国の説明とポーリッシュブラックメタルの成り立ちを紹介し、Part.2ではこの国のブラックメタルにおける中枢とも言うべき、The Temple of Fullmoonについて紹介することで、なぜこの国のブラックメタルにおいてサタニズムとNS思想がクロスオーバーしたかについて、インタビューにおけるコメントなどを挟みつつ説明した。本当はもっとこのサークル自体について、様々な記事を取り上げることも考えたが今回はあえて割愛した。

 次回はThe Temple of Fullmoon外の90年代初頭のポーリッシュブラックメタルシーンについて紹介し、続いて90年代後半から現在にかけてのポーリッシュブラックメタルシーンの状況、最近の活躍しているバンドについて紹介していく。

Next → 【column】 Polish Black Metal Scene - III
タグ: Column    Poland  Graveland  Veles  Fullmoon  Infernum  Thunderbolt 
その他  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

【column】 NSBMとは一体何か? - VI 

■ 前回

【column】 NSBMとは一体何か? - V
http://staymetal.blog8.fc2.com/blog-entry-575.html

■ 続き

 前回に引き続き、NSBMの重要と思われるバンドを紹介していく。今回は従来のプリミティブブラックメタルを踏襲した作風のバンドを国別に紹介する。前回同様、このジャンルを知らない人向けなので、詳しい方向けの記事ではない。

■ ドイツ

 ドイツは法律による抑止力もあいまって、表立ってNS思想を公表するバンドは少なく感じる。また"Absurdの生まれた国"だけあって、従来のプリブラを踏襲した作風のNSBMは思ったより少ない。

 Totenburg (1998-)

totenburg2 バンド名はヒトラーが戦勝後に立てるはずだった兵士の慰霊モニュメント名から引用されている。1stアルバム"Weltmacht Oder Niedergang"でBurzumとAbsurdの両方のカバーを行っているが、そのどちらに似ているわけでもなく、淡々と曲が進行していくコールドブラックをプレイしている。その分だけ彼らの思想に単なる熱病的なものではない重みを感じ、必ずしも激することが初期衝動ではないことを示している。


 Bilskirnir (1996-)

Bilskirnir このバンドもTotenburgと同様にBurzumのカバーをしており、こちらはかなりBurzumのサウンドに影響されたようなサウンドになっており、その後はディプレッシブブラックメタルに作風を推移させていった。全体的に地味な作風のため聞く人を選ぶ。ブラジルのEvilにもゲスト参加したことがあるとか(未聴)。近年、Darker than Black Records(Absurdの元メンバーが運営)に移籍し、1stアルバムなども再発されて手に入れやすくなった。

 Faagrim (2009-)

 最近のバンドとしてこのバンドも取り上げておく。彼ら自身はポリティカルな姿勢ではないことを表明しており、どちらかというとルーツと誇りがテーマであるペイガンブラックなようだ。スタイルはプリミティブかつメロウなスタイルで同郷のNargarothやOdalといったブラックにも近く、その手のバンドが好きならお勧めだ。

 他にそこそこ有名どころでいえばWehrhammerなども上げられるが、筆者が未聴なため今回はリストアップしなかった。その他にはBlutkultや5:45あたりも比較的有名だが、同様にリストアップしていない。
 
■ ポーランド

 重鎮Gravelandについてはペイガニズムの項で既に触れたが、先述したFullmoonと共にポーランドブラックに大きな基盤を形成しており、従来のブラックメタルスタイルのNSBMバンドが非常に多い国である。この国のNSBMシーンは人脈が入り混じっており、どのバンドも何らかの相互関係を持っている狭い世界である。そのために双方の音楽性による影響も大きく、それらを辿っていくのも面白い。

 Ohtar (1996-2012)

ohtar FullmoonのDiathyrronが在籍していたバンドで、従来のプリミティブなブラックメタルスタイルと、そのFullmoonを更に深化させたようなメロウなスタイルをドラマチックに扱うことで強烈な音源を残した。彼らの音源はデモ~1stが強烈過ぎて、2nd以降の作品の印象は薄い。逆に言えば特に1stアルバム"When I Cut the Throat"は必聴盤である。まさにFullmoonの深化といって過言ではない。歌詞はミサントロピックな内容が多く、憤りよりも絶望を感じるような内容だが、ときおりにじみ出るNS思想に危うさをヒシヒシと感じる。今年に入ってOhtar自体は解散してしまったのだが、新しく"Boudlessness"というプロジェクトバンドを結成したとのことで、今後の活躍も期待される。また、Fukkmoon人脈としては他にDark Fury、Tho's Hammer、SelbstmordといったバンドもまたNSBMとしてカテゴライズされるので、Ohtarが気に入った人はそちらの方も掘ってみるのも面白い。但しOhtarのようなレベルを求めるのは厳しい。特にDark Furyはミサントロピックなサウンドすぎてかなり人を選ぶ。

 Infernum (1992-2005)

Taur_Nu_Fuin 今度はGravelandの分家的な存在であるバンド。ほとんど当時のメンバーが被っていてサイドプロジェクト的な感じだったが、1st"...Taur-Nu-Fuin..."がGravelandには持たざるメランコリックかつダークでありながら芯の強さを感じるメロディを持つプリミティブブラックメタルの名盤に仕上がっており、かつその溢れるNS思想からポーランド政府当局からも目を付けられていた内容である。このとき既にメンバーのKarcharothは精神疾患を患っており、いわば"常識的な右翼思想"を持つDarkenと確執が発生して、バンドとしては空中分解してしまった。その後、Karcharothは2002年に同名バンドを結成して、当時は2つの"Infernum"が存在していた。しかし彼の病状は治らないまま、2004年にワルシャワのタワーから飛び降り自殺してしまっている。そちらのInfernumは今でも活動しているはずだが、オリジナルのものではないので注意する必要がある。その後、オリジナルメンバーのDarkenとCapricornusは彼の追悼のために正式なInfernum名義で2nd"Farewell"をリリースした。因みにCapricornusは先述したTho's Hammerのメンバーでもあり、更にCapricorusとしてもNSBMをプレイしていたが、彼は重度の薬物依存症を患っており、2005年に現役ドラマーとしてのキャリアから降りている。

 Thunderbolt (1993-2007??) / Kataxu (1994-)

thunderbolt_kataxu ポーランドのNSBMとしてはArkona (1993-)が有名であるのだが、Arkonaに関してはバンド側は「ペイガンブラックであり、一切の政治的主張を持たない」と表明している。しかし関連バンドであるVeles (1994-)、Thunderbolt (1993-2007?)はそれぞれNSBMにジャンル分けされており、特にThunderboltはKataxu (1994-)と共にリリースしたスプリット"Black Clouds Over Dark Majesty / Roots Thunder"がNSBMにおける超重要名盤として位置づけられている、元々は両方のバンドのデモ音源を1枚のスプリットにしただけのものなのだが、どちらの音源もドラマチックな展開とプリミティブブラックらしい展開が程よく混ざり合い、一気に感情的になれる素晴らしい作品である。Thunderboltはその後、ファストブラックへと重きを置き、そのデモ音源以上の作品は残せなかった。また、Kataxuの関連バンドであるGontyna KryもNSBMとして評価の高いバンドでこちらも要チェック。

■ ギリシャ

 ギリシャのNSBMとなれば何はともあれLegion of Doom(1990-)だろう。初期音源はオーソドックスなプリミティブブラックだったが、その後思想の発露と共に音楽性も劇的に変化していて唯一無比の存在となった。このバンドに関しては今回のファンジンで詳しく触れられているので割愛するが、関連バンドとしてStutthofやAcherontasもチェックすることをお勧めする。但し双方ともNSBMでは無い。

 The Shadow Order (1998-)

The_Shadow_Order そのLoDにもゲスト参加したAithirが在籍しているのがこのバンドである。NSBMという枠組を超えてブラックメタル史上においても重要な名曲"End of Journey"を残しただけでも素晴らしい。メロウな旋律から曲の展開に至るまで、一つの究極を示した名曲だ。この曲が収録されている1st"Raise the Banners"はCD-Rでリリースされたが、その後にAutistiartili Recordsからジャケット変更、2曲追加されてCD盤で再発されている。しかしその後にNykta Recordsに移籍してリリースした2ndアルバム"Untold"がどうしてまたあんな作風になってしまったのだろうか、非常に残念だ。まだ活動はしているようなので、是非ともまた名曲を作り出してほしい。

 Der Sturmer (1998-)

Der_Strumer The Shadow Orderの関連バンドであるが、思想面においてはよりNS色の強いバンドだ。バンド名は英語名で"The Striker"。これは大戦中のドイツに実際に存在した反ユダヤ新聞の名称であり、かなり強烈な主張を行っていることがわかる。歌詞も非常に直接的なもので、Totenkopf Propagandaから昨年リリースされた3rdアルバムでもそのスタイルは全く変わることが無い。というのもバンドメンバーは全員Golden Dawnというギリシャの極右政治組織に所属している。Golden Dawnといえばギリシャのベテランブラックメタルバンド、Naer Mataronのメンバーも所属していたと思うが、最近の世界不況の中心であるギリシャでは民衆の支持を集め始めているとか。

 他にはAbsurdタイプで言及したGauntlet's SwordとWolfnachtを含めてシーンとしてはかなり骨太なものになっている。これに関してはやはり国の内情に因ると思われ、このジャンルに関しては今後も注目が必須である。

■ フランス

 既に触れたKristallnachtの関連バンドとしてはDesolation Triumphalis、Seigneur Voland、Osculum Infame、Blessed in Sinなどが挙げられるがいずれもNSBMではない。但しKristallnachtが好きならば聞いてみるべきバンドたちだ。このようにフランスではどうもNSBMシーンに向かない土壌なようだ。恐らくフランス人の気質が影響しているのではないだろうか。

 Bekhira (1995-)

bekhira_demo そんな中でこのバンドはあのThe Night and the Fogにも参加しており、作風としてもポーランドNSBMに近いサウンドを発している。最近はデモ音源がやはりDarker than Black Recordsから再発されるなど、今でも評価の高いバンドである。但しNSコンピに参加した割にどの音源についてもあまりそのような思想が現れることも無く、更に1stアルバムにはシークレットトラックとしてIron Maidenのカバーを収録したり、なかなかお茶目なバンドだったりするのかもしれない。

■ まとめ

 従来のプリミティブブラックスタイルのNSBMについて国別に紹介してきたが少々長くなってきたので、一度この辺りで切ることにして、次回はロシア、フィンランド、南米、北米のNSBMバンドについても紹介していく。
タグ: Totenburg  Bilskirnir  Faagrim  Ohtar  Infernum  Thunderbolt  Kataxu  The_Shadow_Order  Der_Sturmer  Bekhira 
その他  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top