Sombre Iconoclasm : Hurusoma (2006) 

日本のブラックメタルバンド、Hurusomaのコンピレーション盤を紹介。
日本のSabbathid Recordsよりリリースされた。

hurusoma.jpg

90年代の日本のブラックメタルシーンの特に関西のアングラシーンを支えたWood氏のバンドで、
おもにGorugothのKojima氏などと親交があった。
彼は他にGnomeHuman Soulで独りバンドをやっており、
2012年にはそれら2バンドの音源がスプリットとしてZDRよりリリースされている。

閑話休題、関東のブラックメタルシーンに比べると特に90年代は謎のベールに包まれていた故、
この音源は資料的価値も高い作品である。

内容としてはスラッシュメタルをベースとした神秘ブラックという感じだが、
バンド名の「古杣(ふるそま)」が高知の妖怪でありそのエピソードを見れば、
なるほど郷土的なジャパニーズペイガンブラックとも言える作品であろう。

幸いなことにこの手の音源にしては未だに手に入りやすい(Discogsでも安価)ので、
欲しい人は早めに買ってしまおう。

Encyclopaedia Metallum - Hurusoma
タグ: Hurusoma  Japan  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

s/t : Gorugoth (2011) 

日本は徳島の独りブラックメタルバンド、Gorugothのコンピレーションを紹介。
日本のZero Dimensional Recordsよりリリースされ、限定盤もlim.199でリリースされた。

gorugoth

90年代初頭から活動していた日本の独りブラックメタルバンドで、
レーベルリリース含めて全てカセットだったために、
一部のマニア以外には存在を知られていなかったバンドである。

HurusomaやGnomeで有名なWood氏との親交もあり、
彼のレーベルであるCosmic Gardenからも音源をリリースしたこともあるなど、
当時のブラックメタルシーン関係者にはかなり知られた存在であったという。
Infernal Necromancyとのスプリットもそこからのリリースされた。

その音源も含まれているこのコンピレーションがCDという形で10年の歳月を経てリリース。
これにはもちろん資料的価値もあるわけなのだが、
当時の活動における神秘的な存在感はサウンドにも存分反映されており、
このバンドの持つ独特の楽曲展開も手伝って、今聞いても古さを感じない。

Encyclopaedia Metallum - Gorugoth
タグ: Gorugoth  Hurusoma  Gnome  Infernal_Necromancy  Japan  2011 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top