Hellbassbeaters : Bassinvaders (2008) 

ドイツのベーシストの集いによるプロジェクト、Bassinvadersの企画音源を紹介。
イタリアのFrontiers Recordsよりリリースされた。


ヘルベースビーターズヘルベースビーターズ
(2008/01/23)
マーカス・グロスコフズ・ベースインヴェイダーズ

商品詳細を見る


HelloweenのMarkus Grosskopfを中心にバーで盛り上がったネタを形にした企画。
つまりベーシストだけでカバーアルバム作っちゃおうze!というやつ。
歌えるベーシストが必要だとしてRageのPeavy、SodomのTom、DestructionのSchirmerを引っ張ってきたのも面白い。

上記4人をメインにいろいろベーシストもゲストに呼んで…とやっていたら、
総勢20人のゲストを迎えてしまい結果的に完成に時間がかかったというエピソードも笑える。
さらに言えば内容も本当に愚直にギターレスのベースのみでベンベンとやっていて、
"Eagle Fly Free"のカバーもかなり笑える。

こういうジョークの塊みたいなバンドだが結構真面目に作りこまれていて、
やはりジョークもまじめにやると素晴らしいなあという。
もちろん笑いながら聞くアルバムだということ前提で。

Encyclopaedia Metallum - Bassinvaders
タグ: Bassinvaders  Helloween  Sodom  Rage  Destruction  Germany  2006-2010 
Power/Speed  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Hyper Trace : Scanner (1988) 

ドイツのパワーメタル、Scannerの1stアルバムを紹介。
ドイツのNoise Recordsよりリリースされ、2013年にDivebomb Recordsよりリマスター盤がリリースされた。
本稿は後者のリマスター盤を取り上げているがオリジナルとの差異は不明。


Hyper TraceHyper Trace
(1998/09/29)
Scanner

商品詳細を見る


まだ自分が6歳くらいだったと思うが兄の部屋にあった印象的なジャケットシリーズである。
なんとなく頭にこびりついていたものが大阪のロックスタックにあって購入。
その昔、聞いたわけでもなくて思い入れによるジャケ買いという珍しい動機。

ドイツのパワーメタルというとAcceptHelloweenなどいろんな有名バンドがいて
知名度という点でこのバンドはマイナー寄りのB級だと思われるが、
#01の"Warp 7"で脳みそを揺さぶられる猛烈パワーメタルが展開。

若干、アルバム全体通すとコンセプトが定まってない気がして
(近未来的な設定にしてるっぽいが、そうでもない)
なるほどB級らしい側面も見せるが、
そういうところも含めて楽しめる人なら強烈におすすめなアルバム。

ちなみに今年の1/23に新譜を出したそうで驚き。

Encyclopaedia Metallum - Scanner
タグ: Scanner  Helloween  Germany  1986-1990 
Power/Speed  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Keeper of the Seven Keys ~ The Legacy : Helloween (2005) 

ジャーマンメタルバンド、Helloweenの11thアルバムを紹介。
ドイツのSteamhammerよりリリースされた。

守護神伝-新章-守護神伝-新章-
(2005/10/31)
ハロウィン、キャンディス・ナイト 他

商品詳細を見る


日本語タイトルでは"新章"だが実際は過去の名盤の"遺産"と名付けられているアルバム。
わざわざKeeperの名を冠してどういう意図があるのかと思ったが、
内容としては幾分、楽曲のシリアス度は増しているが、
決して前作10thの内容から大きくそれることはない作風になっている。

それでも随所に見られるとトレースは楽曲そのものではなく、
長尺曲を2枚組の1枚ずつに1曲ずつ取り入れていること(HalloweenとKeeper)、
そもそも2枚組である点に見られる。
(なぜあの作品がPart1, 2と分かれてしまったかは有名なので割愛する)

つまり外形をコピーしつつ中身はあくまでDeris期のHelloweenであり、
決して焼き増しではなくむしろ"遺産は遺産でしかない"と言いたかったのでは。
Occasion Avenueに過去の名曲のサンプリングが入っているのもそういう演出かな。

ちなみに自分は日本盤を購入したがそちらはボートラが追加されている。
が、まあそれは可もなく不可もなくな1曲なので輸入盤でも十分かな。

Encyclopaedia Metallum - Helloween
タグ: Helloween    Germany  2001-2005 
Power/Speed  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Rabbit Don't Come Easy : Helloween (2003) 

ジャーマンメタルバンド、Helloweenの10thアルバムを紹介。
Nuclear Blastよりリリースされた。

ラビット・ドント・カム・イージーラビット・ドント・カム・イージー
(2003/05/17)
ハロウィン

商品詳細を見る


お家芸の内紛を経ての10thアルバム。
Roland GrapowとUli Kuschが脱退しての作品だったため、
前者はともかくUliの不在がどう影響するか考えていたが、
新加入のSascha Gerstnerが良曲を提供して一定のクオリティを保っている。

ドラマーはかなりドタバタしたらしくほとんどの曲をMotörheadのMikkey Deeが叩いており、
賛否はあるとは思うが個人的には良い影響を与えたと思う。
というかそういう人脈あるんだな、と。

でも実際、前作に比べてメンバーを一新しての効果という意味では、
前作の方がクオリティは高かったかな。
久しぶりに聞いてみると良曲はあるもののあまり記憶に残らないアルバム。

Encyclopaedia Metallum - Helloween
タグ: Helloween  Germany  Motor_Head  2001-2005 
Power/Speed  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Dark Ride : Helloween (2000) 

ジャーマンメタルバンド、Helloweenの9thアルバムを紹介。

ダーク・ライドダーク・ライド
(2000/10/21)
ハロウィン

商品詳細を見る


8th"Better Than Raw"で新旧スタイルの融合を成功させた彼らだが、
この作品でまたもや北米進出を狙うやいなやお家芸の内紛が勃発。

しかし腐りかけはうまいとはよく言ったもので、
ダークでへヴィな作風と、内側でのドロドロ感が程良くマッチしたのか、
意外や意外、結構聞きごたえのある一枚となった。

買った当初は期待していた作風でなかったためあまり聞かなかったが、
後から見なおしたアルバムである。

Encyclopaedia Metallum - Helloween
タグ: Helloween  Germany  1996-2000 
Power/Speed  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Better Than Raw : Helloween (1998) 

ジャーマンメタルバンド、Helloweenの8thアルバムを紹介。

Better Than Raw (Exp)Better Than Raw (Exp)
(2006/05/16)
Helloween

商品詳細を見る


7th"The Time of the Oath"は当時、彼らが持ち得るパフォーマンスを出し切っていた。
より高みを目指すために殻を打ち破ろうとしたのがこのアルバム。

オーケストラ(生ではない)で始まる壮大なインストから、
Derisのデスヴォイスではないハイトーンのスクリームヴォイスで疾走する1-2.、
Uliのドラマーならではのアイディアがつまった6.など、
モダンヘヴィネスに近寄る結果となったものの、当時はビックリしたものだ。

明るい曲調の8.、Weikathならではの12.など昔ながらのHelloweenも用意されており、
ヴァラエティ溢れたアルバムになっている。

彼らの中で最もヘヴィなアルバムに仕上がっているため、それを是とするか非とするかだが、
個人的には良い作品だと思うし、何より当時受けた衝撃は未だに胸に刻まれている。
タグ: Helloween  Germany  1996-2000 
Power/Speed  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The time of the oath : Helloween (1996) 

日本でもっとも有名なジャーマンメタルバンド、Helloweenの7thアルバムを紹介。

The Time of the OathThe Time of the Oath
(2006/04/03)
Helloween

商品詳細を見る


確か、自分で金を出して買った音楽アルバムとしてこれが3枚目だった。
齢、14歳。
復活したHelloweenに興奮して歌詞カードを読みまくっていたのを思い出す。

このアルバムは、前作よりヘヴィなものはへヴィに、スラッシーなものはスラッシーに。
メロっているものはよりメロディを強調している。
各メンバーが協調性を持って楽曲を持ち寄っていたことが解る。

メンバー変動の激しいこのバンドでこれほど整合性のとれたアルバムというと、
実はKeeper of the Seven Keysか、このアルバムではなかろうか。
正直、Helloweenにはヘヴィすぎる、疾走しすぎる曲は要らない。

バランスのとれた一枚。
でもちょっと冗長かな?もう少しコンパクトでもよかった。
タグ: Helloween  Germany  1996-2000 
Power/Speed  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Follow the Blind : Blind Guardian (1989) 

ジャーマンメタルの雄、Blind Guardianの2ndアルバムを紹介。

Follow the BlindFollow the Blind
(2007/05/15)
Blind Guardian

商品詳細を見る


このアルバムはKai HansenHelloweenを脱退した後に、
初めてゲストという形でシーンに現れたアルバムなので、そちらの縁も深い。

自分は収録曲の02 / Banish From Sanctuaryが幼稚園?小学生くらいの時にツボだった。
他の曲も、バンドの若さと勢いがあるのが聞いていて伝わってくるし、
HelloweenWalls of JerichoKeeper of the seven keysの、ちょうど中間程度の音楽性を持っている。

現在でも活動していたともうが、今ではどんなサウンドを出しているのだろうか?
ちょっぴり気になる今日この頃。
タグ: Blind_Guardian  Helloween  Germany  1986-1990 
Power/Speed  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Walls of Jericho (1985) / Helloween (1985) : Helloween 

ジャーマンメタルの雄、Helloweenの記念すべき1st+EPを紹介。

Walls of JerichoWalls of Jericho
(2006/04/25)
Helloween

商品詳細を見る


幼少期に見たせいもあるのだが、個人的に大好きなジャケット。
当時はまさかこの怪物がカボチャのお化けだとは思っていなかったが、
この絶望感っぷりが最高!

ドイツを東と西に隔てたベルリンの壁を、エリコの壁に扮して描かれており、
当時のドイツの世相を考えると考えさせられる。

そんなジャケットの持つパワーに負けることなく、アルバムの中身も素晴らしい。
スラッシュメタルとは似て非なるサウンドだが、非常にアグレッシブ。
この後の名作を生み出す予感も漂うメロディの豊富さと、
それでいて若さとその時のトレンドによる荒削りで過激な音、
そして音質とKai HansenのVo.の凄さ(笑)、

それらが合わさって絶妙な作品に仕上がっていると思う。
おそらく足しても引いても駄目な絶妙さ。
この作品はKai Hansenが歌ってこそだ。

初期Helloweenももっと評価されてほしい。
タグ: Helloween  Germany  個人的良盤  好きなジャケット  1981-1985 
Power/Speed  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Keeper of the Seven Keys, Pt. 2 : Helloween (1988) 

ジャーマンメタルといえば、なHelloweenの大出世3rdアルバムを紹介。

Keeper of the Seven Keys, Pt. 2Keeper of the Seven Keys, Pt. 2
(2006/08/08)
Helloween

商品詳細を見る


自分が幼稚園に通っていた時代、兄から聞かされた最初のヘヴィメタルアルバムであった。
何の違和感もなく聞いていたことから、幼児にも通用するキャッチーなメロディラインであった。

いま聞いてもやっぱりカッコ良いし、当時のVo,であるMichael Kiskeも安定している。
また、このアルバムを最後にバンドを去ったKai Hansenの存在も、
このアルバムの出来に大きく貢献していたであろう。

未だにメロスピというジャンルで、この作品を総合的に超えているものがないのは、
このアルバムがあくまでヘヴィメタルとして完成度が高くて、
かつ叙情的旋律を高いレベルで融合させており、両者のバランスが高い次元にあったから。
この後のこの手のジャンルはどうしてもどちらかに偏りがちなのが問題なのでは…。
タグ: Helloween  Germany  個人的名盤  1986-1990 
Power/Speed  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top