FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Koozar / Bangi Vanz Abdul : Koozar (2014) 

日本のブラックメタルバンド、Koozarの1stアルバムを紹介。
日本のZero Dimensional Recordsよりリリースされ、限定版(lim.50)はデモ音源のCD-Rも付属でついている。本稿もその限定版について書している。

koozar_1.jpg 

 このアルバムの記事をまだ書いていなかったとは…これは失態。『2014年を振り返って』という記事でも取り上げた通り、あの年でも有数のリリースだったと今振り返っても思える作品。

 Koozarは徳島のアンダーグラウンドブラックメタル伝説、GorugothのKojima氏が新たに進めたプロジェクト(今年は黒狂というプロジェクトも起こしている)。そしてBangi Vanz Abdulとは現代魔術実践家の磐樹炙弦 / バンギ・アブドゥル氏の名前であり、その二名のコラボレーションによる作品がこのアルバムであり、特に公にはされていないもののそのようなコラボの実現に際して、このアルバムがそのようなオカルトなテーマを主題としたコンセプチャルな作品であることが伺える。曲名もインストの"Kaotaoatoak"と楽曲の"Zznz Kz Chaos"によって構成されている。

 残念ながら筆者は現代魔術に関する知識は皆無であるからして、その文字列ないしサウンドから何かを見つけ出すことはできていないのだが(もし知っている人がいればお寄せいただきたい)、それでもGorugoth時代から既にみられていたミニマルなハーシュノイズとブラックメタルの融合は、そのコンセプチャルなテーマによって更に昇華された様な印象を受けた。

 ミニマルなブラックメタルといえば誰でもVONを思い浮かべるだろうし、もしくはノイジーさで言えばIldjarnGorugothはそれらのバンドを好む人には大いに気に入るだろうと思われるが、さてこのKoozarはもう一歩闇に深く足を踏み入れたようなそんなサウンドだ。全く邪悪さは感じず、悪意や憎悪のようなものもなく、探求に徹したようなストイックさがアルバムを通して表現されている。そのストイックな探求には理解不能に陥ったリスナーの多くをふるい落していくであろう。

 Demo 2014に関してもほぼ同様の感触は得たものの、更に無機質さが強くブリザードブラックのような印象も持つこちらの方が何となく理解はしやすい作風。理解はしやすいと言いながらも本当に理解できているかは謎。

 ブラックメタルというものがあくまで「異質」であり続けることこそが本質であれば、この音源はその本質を抑えていると言える。個人的には日本のブラックメタルシーンを支えるZero Dimensional Recordsの一番の快挙はGorugothの再発、そしてKoogar/黒狂による復活だったんじゃないかなあと思っている。

 Encyclopaedia Metallum - Koozar
スポンサーサイト
タグ: Koozar  Gorugoth  黒狂  Japan  2014 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Beginning : Gorugoth (2011) 

日本は徳島の独りブラックメタルバンド、Gorugothのコンピレーションを紹介。
日本のZero Dimensional Recordsよりlim.99でリリースされた。

gorugoth_begin

先ほど紹介したコンピレーションの1ヶ月後かそこらの連続リリースだった記憶があるが、
こちらはより初期音源で活動初期の1993年に出したデモ2作品のコンピである。
1~5曲目が"Disastrous"の音源で、6~9曲目が"Immortal"の音源。

前者はまだブラックだかデスだか境界が曖昧なスタイルで、
音質も劣悪ではあるが意図的ではなさそうな感じ。
まだスタイルの模索をしているかのようだ。

後者は一気に音質が意図的な曇りがかったプロダクションになって
楽曲も以降の音源に近いスタイルになっている。

先に後期のコンピレーションが出てから、
こちらが少量限定でリリースされたことからも、
この音源リリースの持つ意味も理解できることだろう。

Encyclopaedia Metallum - Gorugoth
タグ: Gorugoth  Japan  2011 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

s/t : Gorugoth (2011) 

日本は徳島の独りブラックメタルバンド、Gorugothのコンピレーションを紹介。
日本のZero Dimensional Recordsよりリリースされ、限定盤もlim.199でリリースされた。

gorugoth

90年代初頭から活動していた日本の独りブラックメタルバンドで、
レーベルリリース含めて全てカセットだったために、
一部のマニア以外には存在を知られていなかったバンドである。

HurusomaやGnomeで有名なWood氏との親交もあり、
彼のレーベルであるCosmic Gardenからも音源をリリースしたこともあるなど、
当時のブラックメタルシーン関係者にはかなり知られた存在であったという。
Infernal Necromancyとのスプリットもそこからのリリースされた。

その音源も含まれているこのコンピレーションがCDという形で10年の歳月を経てリリース。
これにはもちろん資料的価値もあるわけなのだが、
当時の活動における神秘的な存在感はサウンドにも存分反映されており、
このバンドの持つ独特の楽曲展開も手伝って、今聞いても古さを感じない。

Encyclopaedia Metallum - Gorugoth
タグ: Gorugoth  Hurusoma  Gnome  Infernal_Necromancy  Japan  2011 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。