Procession of Doom : Goatslave (2016) 

フランスのブラックメタルバンド、Goatslaveの1stアルバムを紹介。
フランスのAtavism Recordsよりリリースされた。

Goatslave_1.jpg 

 Goatの冠文字に、Chris Moyenのアートワークという、Archgoatを想像させるような条件がそろっていたため購入したもので、その時点では聞いたこともないレーベルだったので、かなりアンダーグラウンドなサウンドを期待してのものだった。またフランスのバンドであるということも把握していなかった。

 しかし予想のようなローファイなサウンドを持つブラックメタルではなかったし、演奏もなかなかのテクニックを持ち合わせているバンドであった。更に言うと俗にいうフレンチブラックメタルのようなスタイルでもなく、90年代のオールドスクールな北欧ブラックメタルから最もインスピレーションを得ているようなサウンドだ。そこにrotten sound的な要素を取り入れているという意味ではベスチャル・ブラックメタルから遠からずといったところもでもある。

 ただやはり音がソリッドすぎてストイックに感じさせるところに、そのrotten soundの要素との微妙なズレを生んでいて、聞いていても「フォーカスがズレていく」というような印象を持ってしまう。曲、演奏などの要素は認めるところがあっても、楽曲として作品としてのコンセプトにまでそれらを昇華できていないのは惜しい。まあそういうインプレッションは最初に持った期待感によるものであることは否定できないが…。

 ちなみに彼らは元々Dur Dablaというフォーク・ブラックメタルバンドで活動していたとのことで、そちらも聞いてみればピーヒャラ笛が鳴っている感じの牧歌的な内容で、その反動がこのストイックなサウンドに現れているのかもしれないと感じた。更に言うとそのようなところもフォーカスの話と通じていくのかもしれない。

Encyclopaedia Metallum - Goatslave
タグ: Goatslave  France  2016 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top