Split : Azazel / Goatmoon (2011) 

[Goat Worship 特集]

フィンランドのプリミティブブラックメタルバンド、AzazelGoatmoonのスプリットを紹介。
フィンランドのWerewolf Recordsよりリリースされた。

azazel_goatmoon.jpg

Goatmoon目当てで買った人が結構な確率で貶めているアルバム。
まあ聞いてみればなんとなくわからないでもない。

Azazelは92年から活動しているバンドなのだが、
パーマネントメンバーは一人のみで他はCharnel Windsのメンバーが参加している。
非常にアングラな音を出しているが故に色気もないというか、
言ってしまえばあまり面白くないような気がする…。

Goatmoonは1stアルバムの再録がほとんど。
だが作風が変わったというかメロディアスなアプローチが増していて、
ますますSatanic Warmasterチックになった。
ファンなら満足できるだろうが、再録に過ぎないとも言える。

ということでGoatmoonファンなら買って損なし。
だが、手に入りやすいからと言ってフィニッシュブラックの足掛かりにする内容でもない。

Encyclopaedia Metallum - Azazel
Encyclopaedia Metallum - Goatmoon
タグ: Azazel  Goatmoon  Satanic_Warmaster  Finland  2011 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Death Before Dishonour : Goatmoon (2004) 

[Goat Worship 特集]

フィンランドのNSBM/プリミティブブラックメタルバンド、Goatmoonの1stアルバムを紹介。
フィンランドのWerewolf Recordsよりリリースされ、2010年にも別ジャケで再発された。

goatmoon1.jpg

2002年に活動を始めてからアングラでデモを数枚リリースしていた後、
Satanic Tyrant Werwolf氏のWerewolf Recordsから鳴り物入りでリリースされた。
当時は自分も全くこのバンドの存在を知らなかったが、
どうやら日本国内でもあまり話題には上がっていなかったようで、
後にネットを通じたプリブラ/NSBMブーム(?)によって一気に過熱したと思われる。

内容としては初期Satanic Warmasterを思わせるメロウブラックに、
NSBMを思わせる民族調メロディと灰汁の強さの融合が図られている。
特にシンバルの鳴らし方が尋常ではなく忙しない。

というわけでその手のメロウブラックが好きならおすすめなアルバムだが、
この音源、再発も少数リリースだったため入手困難になっている。
Discogsを見ても結構高値で推移しているようだが、
個人的には高値で無理をして買うほどの内容では無いと思っている。

Encyclopaedia Metallum - Goatmoon
タグ: Goatmoon  Satanic_Warmaster  Finland  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top