スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Ritual de Obediencia a Lucifer : Goat Messiah (2010) 

スイスのゴートメタルバンド、Goat Messiahのコンピレーション(テープ)を紹介。
エクアドルのBlack Goat Terrorist 666からlim.166でリリースされた。

Goat_Messiah_c.jpg 

 Goat Vengeanceの音源を紹介した際にも言及したが(マニアには)大事なことなのでもう一度触れると、"Goatwatchers United - Satans Goats Tribute"というGoatを冠するバンドのコンピレーション盤はGoat Semenマニアにはよく知られた音源なのだが、そこに参加しているのがこのスイスのGoat Messiahである。そしてどのバンドよりもカルトでおバカなサウンドを仕掛けてきたのもこのバンドである。

 2003年にそのGoatコンピに参加し、以降全ての音源がスプリットでのリリース。結局単独でフルレングスやEPをリリースすることもなく、作成した曲もごくわずかなのになぜかコンピレーションは本テープを含めて2本出ているのも面白い(収録曲もほぼ被っている)。

 そのようにUG中のUGにおいてごく一部マニアックスたちがなぜだかこのバンドを支持しているわけだが、どこにそのカルトさを感じるのだろうか。一つは特徴的なヴォーカルのスタイル。声の裏返りに、巻き舌に、他のジャンルでも有効に使われている手法ではあるが、このバンドの場合は楽曲が楽曲だけにラリっているような、「マトモじゃない」印象を持つ。世間的に「ヤバい奴」という感じだ。そして二つ目は楽曲もどれも似ているようにも感じるけれども、そのヴォーカルも含めてなんとなくクセになってしまう中毒性がある。「怪しげ」であり「危なげ」なところがこのバンドの魅力なのであろう。

 ジョークのようなアティチュードとも取れるし、それが逆に冒涜性に磨きをかけているような気もするし…もしかしたら「マトモ」であることに唾棄するという姿勢に魅力を感じさせられているのかもしれない。まあいずれにしてもド級のマニア音源であることには変わらないのだが。

Goat_Messiah_2.jpg 

Encyclopaedia Metallum - Goat Messiah
スポンサーサイト
タグ: Goat_Messiah  Goat_Vengeance  Goat_Semen  Goat  Swiss  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

En Vivo En Lima Hell : Goat Semen (2007) 

ペルーのブラッケンドデスメタルの至宝、Goat Semenのライブ音源を紹介。
オランダのFrom Beyond Productionsよりリリースされた。

goatsemenlive.jpg

2000年に結成して15年、ようやく今月に1stフルを発売する彼ら。
今までほとんど単独音源をリリースしていなくて(スプリットばかり)、
数少ない単独リリースの一枚がこのライブ音源である。

ライブテイク自体は2003年にペルー国内で行われたものらしい。
南米、しかもペルーで、しかもこの音楽性でとても恐ろしい音源である。
当然ながら音質は結構ロウだけどそこそこ聞ける程度には維持。
さすがにブートではないだけある。

なお同時期にDEATHRASH ARMAGEDDONから異なるライブ音源も出ている。
テープ関係は国内に入ってきてもダイハード過ぎて瞬殺だが
そちらはまだ在庫があるようなのぜひ手に入れるべきです!

Encyclopaedia Metallum - Goat Semen
タグ: Goat_Semen  Peru  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Devotos Del Diablo : V/A (2004) 

ペルーのベスティアルウォーブラック、Goat SemenAnal Vomitとスプリットを紹介。
コロンビアのWarhymns Recordsからlmd.666でリリース。
今回紹介するのは2007年にOsmose Prod.から6曲ボートラ追加のlmd.500リリースの方。

Devotos Del DiabloDevotos Del Diablo
(2007/02/20)
Goat Semenanal Vomit

商品詳細を見る


こ、こ、こ、こいつは素晴らしいベスティアルでロウな素晴らしいブラッケンデス!
両バンドとも南米らしい荒々しく冒涜の限りをつくした真っ黒い内容。
ベスティアルとかウォーとかロウブラックにピクリとくれば是非是非な内容。

Anal Vomitの方は最近のものよりは幾分グラインドの様相が強く、
これはこれで素晴らしくカッコいい。
テクニックじゃない魂みたいなものを感じる。

またGoat SemenはGoatの名前通りの素晴らしいGoat soundを展開。
自分はGoatという単語に弱いがその中でもお気に入りのバンドになった作品。
(他にはArchgoatとかMighty Goat ObscenityとかGoatpenisあたりなど)

Encyclopaedia Metallum - Goat Semen
Encyclopaedia Metallum - Anal Vomit
タグ: Goat_Semen  Anal_Vomit  Peru  個人的良盤  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。