Ritual de Obediencia a Lucifer : Goat Messiah (2010) 

スイスのゴートメタルバンド、Goat Messiahのコンピレーション(テープ)を紹介。
エクアドルのBlack Goat Terrorist 666からlim.166でリリースされた。

Goat_Messiah_c.jpg 

 Goat Vengeanceの音源を紹介した際にも言及したが(マニアには)大事なことなのでもう一度触れると、"Goatwatchers United - Satans Goats Tribute"というGoatを冠するバンドのコンピレーション盤はGoat Semenマニアにはよく知られた音源なのだが、そこに参加しているのがこのスイスのGoat Messiahである。そしてどのバンドよりもカルトでおバカなサウンドを仕掛けてきたのもこのバンドである。

 2003年にそのGoatコンピに参加し、以降全ての音源がスプリットでのリリース。結局単独でフルレングスやEPをリリースすることもなく、作成した曲もごくわずかなのになぜかコンピレーションは本テープを含めて2本出ているのも面白い(収録曲もほぼ被っている)。

 そのようにUG中のUGにおいてごく一部マニアックスたちがなぜだかこのバンドを支持しているわけだが、どこにそのカルトさを感じるのだろうか。一つは特徴的なヴォーカルのスタイル。声の裏返りに、巻き舌に、他のジャンルでも有効に使われている手法ではあるが、このバンドの場合は楽曲が楽曲だけにラリっているような、「マトモじゃない」印象を持つ。世間的に「ヤバい奴」という感じだ。そして二つ目は楽曲もどれも似ているようにも感じるけれども、そのヴォーカルも含めてなんとなくクセになってしまう中毒性がある。「怪しげ」であり「危なげ」なところがこのバンドの魅力なのであろう。

 ジョークのようなアティチュードとも取れるし、それが逆に冒涜性に磨きをかけているような気もするし…もしかしたら「マトモ」であることに唾棄するという姿勢に魅力を感じさせられているのかもしれない。まあいずれにしてもド級のマニア音源であることには変わらないのだが。

Goat_Messiah_2.jpg 

Encyclopaedia Metallum - Goat Messiah
タグ: Goat_Messiah  Goat_Vengeance  Goat_Semen  Goat  Swiss  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top