スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Procession of Doom : Goatslave (2016) 

フランスのブラックメタルバンド、Goatslaveの1stアルバムを紹介。
フランスのAtavism Recordsよりリリースされた。

Goatslave_1.jpg 

 Goatの冠文字に、Chris Moyenのアートワークという、Archgoatを想像させるような条件がそろっていたため購入したもので、その時点では聞いたこともないレーベルだったので、かなりアンダーグラウンドなサウンドを期待してのものだった。またフランスのバンドであるということも把握していなかった。

 しかし予想のようなローファイなサウンドを持つブラックメタルではなかったし、演奏もなかなかのテクニックを持ち合わせているバンドであった。更に言うと俗にいうフレンチブラックメタルのようなスタイルでもなく、90年代のオールドスクールな北欧ブラックメタルから最もインスピレーションを得ているようなサウンドだ。そこにrotten sound的な要素を取り入れているという意味ではベスチャル・ブラックメタルから遠からずといったところもでもある。

 ただやはり音がソリッドすぎてストイックに感じさせるところに、そのrotten soundの要素との微妙なズレを生んでいて、聞いていても「フォーカスがズレていく」というような印象を持ってしまう。曲、演奏などの要素は認めるところがあっても、楽曲として作品としてのコンセプトにまでそれらを昇華できていないのは惜しい。まあそういうインプレッションは最初に持った期待感によるものであることは否定できないが…。

 ちなみに彼らは元々Dur Dablaというフォーク・ブラックメタルバンドで活動していたとのことで、そちらも聞いてみればピーヒャラ笛が鳴っている感じの牧歌的な内容で、その反動がこのストイックなサウンドに現れているのかもしれないと感じた。更に言うとそのようなところもフォーカスの話と通じていくのかもしれない。

Encyclopaedia Metallum - Goatslave
スポンサーサイト
タグ: Goatslave  France  2016 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

S.I.D.A. (Sédition. Isolement. Déliquescence. Autarcie) : Autarcie (2009) 

フランスのブラックメタルバンド、Autarcieの1stアルバムを紹介。
フランスのDernier Bastionよりリリースされた。

autarcie1.jpg

いわゆるPeste Noireフォロワーのフレンチブラックだが、
あのバンド特有のカビ臭さやキチガイさをフレンチな叙情的メロディに置換していて、
聞きやすさという点で個人的にはPeste Noireより好きだったりする。

逆に言えばPeste Noireのそれを期待して聞くと、
思ったより普通やんけ!と裏切られた気持ちになるかもしれないが、
そういう曲も一部収録されているので安心。
急にパンキッシュなメロディを導入して来たり自由な気風も同様。

最近の作品はアナログでしか出してなかったりして
アナログ導入を控えている身からしたら残念な限り。

Encyclopaedia Metallum - Autarcie
タグ: Autarcie  Peste_Noire  France  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Shelter (Deluxe Edition) : Alcest (2014) 

フランスのシューゲイザー(元ブラックメタル)バンド、Alcestの4thアルバムを紹介。
ドイツのProphecyよりリリースされた。


Shelter (Digisleeve Edition)Shelter (Digisleeve Edition)
(2014/02/18)
Alcest

商品詳細を見る


今回は事前で嫌な予感がしたのでitunesのDL購入で済ませてしまった。

個人的にはAlcestはその持ちうる要素をすべて出し切った1stがほんと名作で、
2ndはビミョー、3rdは持ち直した気がするけど曲単体が弱く、みたいな。
そろそろ4thに至っては完全にブラックメタルの要素を排除しそうだな、と。

ブラックメタルの要素を無くすこと、これ自体は彼らの存在の否定にはならないが、
自分の趣向から外れてくるのと、もう一つは美醜のコントラストが排除されるため、
あまり進んでいってほしくない方向性だと思っていた。

そして彼らはその「進んでいってほしくない方向」を示したのがこのアルバム。
ミュージシャンとしてさらに一皮むけるための第一歩を祝福しつつ、
お別れの作品になったかもしれない淋しさも募る。

ちなみにデラックスverのボートラが一番旧作ファンのツボにハマる気がするので、
今から手に入れるならDL購入が一番よいのではないかと思います。

Encyclopaedia Metallum - Alcest
タグ: Alcest    France  2014 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Ariettes Oubliees : Les Discrets (2012) 

フランスのシューゲイザー/ポストブラックメタルバンド、Les Discretsの2ndアルバムを紹介。
ドイツのProphecy Prod.よりリリースされた。

Les_Discrets2.jpg

Alcestとスプリットを出して知名度を高めての1stから2年、
メンバー的にもドラマーのWinterhalter、そしてかのAudrey Hadornが在籍しており、
そろそろLes Discretsらしさとやらを明確に打ち出すべき2nd。

しかし当時、「どうせあの時のAlcest以上の物は出せないよ」と、
実はこのアルバムを手に入れた当初はほとんど聞かないまま積んでいたのだが、
いまさらのように耳を傾けてみると美しい創作が広がっていた。

バンドの中心人物であるFursy Teyssierは実はアニメーターらしい。
なるほどこのアーティスティックで非日常的な童話的サウンドはそういうことなのかと。
シューゲイザー/ポストブラックとしてどうかというと若干退屈な音楽性だが、
まるで絵本をめくっていくかのような情景美とその変化という体験としては素晴らしい。
タグ: Les_Discrets  Alcest  France  2012 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

X : Xevnnizh (2010) 

フランスのダークアンビエント/エクスペリメンタルブラックバンド、Xevnnizhの3rdアルバムを紹介。
自主リリースによるデジタルリリース(Bandcamp)された。

Xevnnizh.jpg

エクスペリメンタルアーティストのSagamoreなる人物の独りプロジェクトで、
当初はBurzumのDunkelheitをカバーするなどブラックメタル寄りのダークアンビエントだったが、
この音源に至ってはダークアンビエント~ノイズに完全に足を踏み入れている。

アルバムジャケットの通り、非常に不吉で不安感をあおるものになっており
自分のようなノイズに対する理解の無いものが聞いていると、
どうも聴いているのが億劫になってくるようなそういうネガティブな音像だ。

今ではSagamoreに改名して現在も活動を続けており、
昨年もBandcampを通じて音源を公開している。
ダークアンビエントに興味があればNYPなので手は出しやすいだろう。
タグ: Xevnnizh  Sagamore  Burzum  France  2006-2010 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Last Empire : Pagan Blood (2009) 

フランスのペイガンメタルバンド、Pagan Bloodの1stアルバムを紹介。
ドイツのEwiges Eis Recordsよりリリースされた。

paganblood.jpg

以前、このブログでも紹介したHeathen Dawnのメンバーの一人がやっているバンド。
あの時の「誇りと土着さを兼ね揃えたような芋っぽくも勇ましい」ところは同じだが、
その後の「メロディックなサウンド」となるとかなり落ちてしまう。

アルバム全体通してかなりの部分がミドルパートになっていて、
その芋っぽさが地味さに変換されてしまっているのが、
アルバムを通して聞いていると辛く感じてしまう。

たまにブラストで走る曲があるがとにかくあの頃のメロディに欠けていて、
求めているものと違うなぁというのが正直なところ。
一つ加えるだけでかなり美味しいバンドになりそうなのだが。

Encyclopaedia Metallum - Pagan Blood
タグ: Pagan_Blood  France  Heathen_Dawn  2006-2010 
Viking/Folk  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Cut Your Flesh And Worship Satan : Antaeus (2000) 

フランスのファストブラックメタルバンド、Antaeusの1stアルバムを紹介。
アメリカのBaphomet Recordsよりリリースされ、後にOsmose Prod.から再発された。

antaeus.jpg

Aosoth、Eternal Majestyあたりのメンバーが関わっているファストブラック。
とにかくアグレッシブ至上主義な感じでどの曲もファストに突撃している。
特にドラムのギリギリ感がロウブラックっぽくてソソる。

あまりフレンチブラックらしい耽美的なメロディ要素はないが、
ダークな世界観を導入するようなSEや不気味なリフを混ぜており、
単調なファストブラックという印象もない。

Mardukとかもそうだがファストブラックは好みが分かれるところで、
このアルバムも評価は二分されているようだが、
ファストブラック好きならピンポイントな作品ではなかろうか。

Encyclopaedia Metallum - Antaeus
タグ: Antaeus  Aosoth  Eternal_Majesty  France  1996-2000 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Last CD Before Doomsday : Worship (2004) 

フランス/ドイツのフューネラルドゥームメタルバンド、Worshipのデモ(CD再発ver)を紹介。
オリジナルはLast Tape Before Doomsdayというタイトルで、メンバーがオーナーだったImpaler of Trendies Productionsからカセットでリリースされ、後に日本のWeird TruthよりリリースされたのがこのCD再発盤。
この再発においてはAgathoclesとのスプリットの音源も収録されている。

worship1.jpg

Fucked-up Mad Maxの自殺の件はUnholy Arcangelのコラムでも触れたが、
その彼の遺作でもあるこの作品はまさに彼の怨念が宿っているかのような、
その迫真のドゥームスタイルはまさしく黒い音像として襲いかかってくる。

ギターのリフなどは結構メロいところもあったりゴスなところもあったり、
そういうところの"聞きやすさ"もまたこのバンドの魅力であろうし、
それがなければ恐らく自分のようなタイプには最後までは聞くに聞けなかっただろうし、
逆にいえば最後まで聞けてしまうところに驚かされた作品でもある。

強いていえば自分はこの音源をいつ聞けばいいか解らない。
落ち込んでいるときに聞けば死にたくなりそうだし、
寝る前に聞いたらとても悪い夢を見そうだなあと思う。
それはこのジャンルにおいては褒め言葉なのではなかろうか。

Encyclopaedia Metallum - Worship
タグ: Worship  France  Germany  2001-2005 
Gothic/Doom  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Les Voyages De L'Âme : Alcest (2012) 

フランスのシューゲイザーブラックメタルバンド、Alcestの3rdアルバムを紹介。
ドイツのProphecy Productionsよりリリースされた。

Les Voyages De L'ameLes Voyages De L'ame
(2012/01/16)
Alcest

商品詳細を見る


昨年の来日がまだ記憶に鮮明なものだが第三作目。
実は2ndがあまりピンとこなかったので来日公演のインストアライブの際に、
その店(大阪のタイムボム)でそのタイミングで購入したのが、
その期待感のなさからか中々どうして、良かった。

1stのメルヘンチックともいえるメランコリックな世界観と、
2ndの若干リアルに歩み寄ったようなサウンドに対して、
この3rdはそれらをうまく歩み寄らせている印象。

とはいえエモーショナルかつ静かに確実に畳みかけてくるような楽曲は少なく、
サビのトレモロが美しすぎて涙腺が崩壊しそうな、
#06"Faiseurs De Mondes"ばかり聞いてしまうのだが、
この曲は個人的には彼らの作品で3本の指に入る名曲だ。



Encyclopaedia Metallum - Alcest
タグ: Alcest  France  2012 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Écailles De Lune : Alcest (2010) 

フランスのシューゲイザーブラックメタルバンド、Alcestの2ndアルバムを紹介。
ドイツのProphecy Productionsよりリリースされた。

Ecailles De LuneEcailles De Lune
(2010/03/26)
Alcest

商品詳細を見る


このバンドは初期EPか1stアルバムかどちらが好みか聴かれることが多い。
私は1stアルバムの方が好きなのだが、
それはこのバンドにブラックメタルらしさを求めていないが故である。

この2ndにおいてはAmesoeursの1stの音楽性が合流したという印象で、
1stで見られた一種のメルヘンな寓話の様相に対して、
若干アーバンでリアルに感じる耳触りがどうも肌に合わなかった。
当時、Amesoeursの1stはむしろ好みだったわけで、
となると何でこれをAlcestでやるんだ?っていうところに違和感があったのだろう。

とはいえこの収録曲を実際生で聞いた時は感動してしまったため、
自分の耳なんて、脳みそなんて、ああ当てにならないものだなあ。

Encyclopaedia Metallum - Alcest
タグ: Alcest  France  2006-2010 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。