Myod : Beer Beer (2010) 

ロシアの酔いどれ熊さんフォークメタルバンド、Beer Bearの1stアルバムを紹介。

beer_bear.jpg

フィドル奏者とヴィオラ奏者が在籍するフォークメタルバンド。
昼間からビール飲んで踊りあかしているような陽気で楽しいサウンド。
陰気臭さを吹き飛ばしたいときには丁度良い陽気さ。

バンドのクオリティというか、テクニック的なものは置いといて、
この手のジャンルを楽しめる人にはぴったりではなかろうか。

酔いどれメタルという意味でFinntrollとも親和性があると思ったら、
しっかりTrollhammarenのカバーが収録されている。
これまたSEなどちょっとお間抜けで気が抜けているのが純粋に楽しい。

bear.jpg

Encyclopaedia Metallum - Beer Bear
タグ: Beer_Bear  Finntroll  Russia  2006-2010 
Viking/Folk  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Midnattens Widunder : Finntroll (1999) 

フィンランドのヴァイキング/ポルカメタルバンド、Finntrollの1stアルバムを紹介。

Midnattens WidunderMidnattens Widunder
(2008/11/17)
Finntroll

商品詳細を見る


「踊れるブラックメタル」として注目されたポルカメタル創始者の1st。
名盤2ndに比べてシンフォニックサウンドが強い印象はあるが、
1stからこのバンドのサウンドがしっかりしていたことを証明する一枚。

特に03/ Rivfaderは2nd?3rdあたりに入っていても
全く違和感が無い(その中でも印象が強くなるであろう)サウンド。

もちろん2nd以降の方が完成度は高く、初めて聴くなら2ndか3rd。
しかしファンならこの1stも必携だと思う。
今は亡きSomniumの作曲が聴けるのも貴重。
タグ: Finntroll  Finland  1996-2000 
Viking/Folk  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Nifelvind : Finntroll (2010) 

フィンランドのポルカメタルバンド、Finntrollの5thアルバムを紹介。

NifelvindNifelvind
(2010/03/09)
Finntroll

商品詳細を見る


前作4thアルバムではヘヴィでシリアスな一面を見せ、新境地を開拓した彼らの現時点での新作。
2nd、3rdの彼らを期待していた人からしたら4thは拍子抜けだった可能性があるが、
この5thでは2nd、3rdの雰囲気も取り戻しつつ、4thで身に付けた表現力も受け継いでいる。

また今までより更にフォーキッシュな旋律を多く多用しているのも特徴。

と書くと「まさしく傑作だ」と結論付けるかと思いきやそうでもないのが実際のところ。
どうやら「Finntrollらしさ」という固定意識がリスナー、バンド共に持ち過ぎてしまったのでは。
ちょっとした迷いが見え隠れするため、どっちつかずの中途半端な印象を受けた。

とはいえ、楽しいポルカメタルは今作も健在しており、
キラーチューンこそ存在しないがアルバム通して十分楽しめる一枚。

Encyclopaedia Metallum - Finntroll
タグ: Finntroll  Finland  2006-2010 
Viking/Folk  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Nattfodd : Finntroll (2004) 

フィンランドのポルカメタルバンド、Finntrollの3rdアルバムを紹介。

NattfoddNattfodd
(2004)
Finntroll

商品詳細を見る


2nd後、Katla(Vo)が咽喉にウィルス性の腫瘍を患ってリタイア、
さらにSomnium(Gt)が酒に酔った勢いで橋から転落死したという、
このバンドに殉じたともいえる出来事を経ての一作。

オリジナルメンバーである二人がいなくなっての作品であったが
見事に2ndサウンドを引き継いでの名作をたたきつけてきた。

それでいて、曲によってはかなりノイジーなギターを前面に押し出していたりと
バックボーンがブラックメタルであることを覗かせてきたり、
もしくはミドルテンポな曲調を使いこなしてきたり、
全体的にヴァリエーションが増している。

勿論、2ndでも楽しめた、狂って踊れるチューンを用意しているのが素晴らしい。
いやはや、あっという間に終わってしまう35分間をお楽しみください。
タグ: Finntroll  個人的良盤  Finland  2001-2005 
Viking/Folk  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Jaktens Tid : Finntroll (2001) 

フィンランドのヴァイキング/ポルカメタルバンド、Finntrollの2ndアルバムを紹介。

Jaktens TidJaktens Tid
(2001/09/18)
Finntroll

商品詳細を見る


ブラックメタルバンド、Thy Serpentに在籍していたSomnium(Gt)が、
友人のKarta(Vo)と酔い潰れた後に、
何となく民族調メロディをキーボードで奏でたのが、このバンドの始まりだという。

彼らはフォークロアとブラックメタルをミックスした曲作りを楽しみ、
面白がって内輪で音作りに励んでいた折、
そのThy Serpentのリーダー、Sami(Gt)が雑誌に取り上げたことで、レーベル契約に至った。

一部では色物バンドのような扱いをされていることもあるが、
歌詞の中身はさすがブラックメタルがルーツだけに案外物騒で、
03 / Slaget vid Blodsalv (=The Battle of the Bloodliver)
という曲の中身は「トロール集団が十字軍を殲滅し川を血で染める」という内容。

また、
05 / Jaktens Tid
は、北欧の原住民であるサーミ人のYoikを使用している。
Yoikとはサーミ人が精霊と交信する際に歌われた音楽で、
アニミズムだとしてキリスト教文化に弾圧されたものである。

これらを知ると、単なる色物バンドではないことが解る。
もちろん、酒をくらって踊れるブラックメタルという面白さにしても素晴らしい。
タグ: Finntroll  Finland  個人的名盤  2001-2005 
Viking/Folk  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top