The Essential : Tinner (2008) 

フィンランドのクラスト/ハードコアバンド、Tinnerのコンピレーション盤を紹介。
日本のReset Not Equal Zero RecordsよりCD-Rでリリースされた。

tinner.jpg 

 この音源の出会いは惜しまれながらも今年閉店された京都のAVISであった。私自身、生まれて初めて身寄りの全くない関西での独り暮らしが始まり、自分の居場所を模索している中でお世話になった店である。そして小さいフロアの真ん中にカゴか何かに入っていたと思うが「よくわからないCD-R」たちがあった。当時の自分は今よりもジャケ買いをしており、興味本位に数枚レジに持っていったのが馴れ初めというやつだ。

 その頃の自分はクラストというものが何か良く解らず、かつ今のようにネットを通して音楽の情報収集をしていなかったので「Motörheadのような感じかな」と勝手にジャンル分けしていたものだ。しかし何故か当時の自分にはこの音が実に心地良く、その理由がいまいち分からなかった。

 今となっては良く解る。演奏が決してうまくないのだ。この整合感のなさは自分の畑で話すなら初期Sodomにも近いように感じる。いや演奏などは初期だけど音楽性はやや中期みたいな感じかな。それが実に自分の性に遭っていたのだと。この頃既にDischargeだのなんだのとクラストの重鎮を聞いていればまた違っていたのだろうけれども、音楽とは出会いであり、自分にとってクラストの初体験はこのTinnerだったので、自分にとってはこの音源は非常に重要で思い出深い一枚なのだ。BeheritBlasphemyの境界を乗り越えたのは間違いなくこの頃の音源履歴に依るものであった。つまり「混沌」の入り口だったということか。

BeheritにドハマリしてもBlasphemyが乗り越えられない時期があったんです)
タグ: Tinner  Motörhead  Discharge  Finland  2006-2010 
Harc Core  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top

Der Teufelsbund : Charnel Winds (2011) 

フィンランドのブラックメタルバンド、Charnel Windsの1stアルバムを紹介。
フィンランドのWerewolf Recordsよりリリースされた。

C_W_1.jpg 

 メンバーはAzazel、Blood Red Fog、Vergeといったフィンランドのブラックメタルバンドの人脈で構成されており、いわゆるフィニッシュブラックメタルを想定して聞いてみると、解りやすいメロディや疾走感といったキーワードとは無縁なブラックメタルサウンドで驚かせる。オカルティックな雰囲気を蔓延させつつもプログレッシブに聞かせるパートまで飛び出すなど、かなりテクニカルで奥深いサウンドを披露している。

 当初、フィニッシュブラックメタルの流れを想定して聞いてしまうと、そのメロディの地味さによるギャップが大きいため、この奥深さを見誤りそうな作品ではある。若干そのあたりが勿体ない。(といってもメンバーに何の非もなく、単なる先入観である)

 エキゾチックなパートは若干Orphaned Landの名盤1stのようにも聞こえるなど、彼らの引き出しはかなりのモノがあるように感じる。クリーンボイスもこの作風なら問題なく受け入れられる有効な使い方をしている。オーソドックスなブラックメタルとして聞くというより、もっとプログレッシブな作風を好む人に受けそうな作品だし、また繰り返し聞くことでそのディテールも楽しむことができるアルバムだ。

 これを聞きながらバンドの最新情報を追っていたら、何と今年の6月に6年ぶりにして2ndフルアルバム"Verschränkung"がフィンランドのFeuer Publicationsよりリリースされていた。視聴してみる限り、1stアルバムの方向性を保っているようであり、1stアルバムが気に入った人なら2ndアルバムも要チェックである。

Encyclopaedia Metallum - Charnel Winds
タグ: Charnel_Winds  Azazel  Finland  2011 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Wisdom & Hate : Baptism (2004) 

フィンランドのブラックメタルバンド、BaptismのEPを紹介。
フィンランドのNorthern Heritage Recordsよりリリースされ、2014年に再発もされた。

baptism.jpg

HornaSatanic Warmasterにも参加経験のあるLord Sargofagian氏のバンド。
このブログを前から見ている人はわかる通り、
自分があまり得意でない"フィニッシュブラック"の路線であるメロウブラック。

上記バンドに比べても同等のクオリティは感じるしなるほど人気があるのは頷ける。
但しやはりメロディ含めて"まとまっている"感が強く、
時にあざとさまで感じてしまうほどのメロウなトレモロにどうしても食傷気味に。

そのあたりはSargeistが奇跡的なバランスを保っていたのに対して、
これらのバンドはどうしてもなかなか受け入れづらいというのが本音。
何年も聞いてたらいずれ慣れるかと思っていたが。。。

Encyclopaedia Metallum - Baptism
タグ: Baptism  Finland  Satanic_Warmaster  Horna  Sargeist  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Celebrate the Dead : Beherit (2012) 

フィンランドのブラックメタルレジェンド、BeheritのEP(12")を紹介。
フィンランドのKvltよりlim.1100でリリース、うち100枚は特殊カラー盤。

beherit_2012ep.jpg

先日、記事にした「迂闊にもアナログ沼にはまってしまった」の原因の一枚。
それなりに当ブログやSNSでBeheritのファンを自負している自分が、
アナログリリースのみという理由でこのEPを持っていないのがずっと心残りだった。
そのため環境を揃えたらすぐにこのLPも手に入れたというわけ。

内容はA面とB面で1曲ずつ、両曲とも10分以上の大作である。
しかし2曲でコンセプト、制作経緯は異なるようで
A面の"Demon Advance"は5th"Engram"のラストに収録されているもののデモver.。
B面のCelebrate the Deadは2007年に作成したダークアンビエント寄りの楽曲。

前者は後のアルバム収録の物に対してヴォーカルのエフェクトが抑えられていて、
またドラムもサンプリングだったようであるが本人は気に入っていたのでリリースを許可したとか。
後者は時期的にハードコアテクノからバンドサウンドに戻ろうとしていた当時の、
過渡期的な作品でとても興味深いダークなアンビエントブラックになっている。

とても人に薦めるような作品ではないがファンならやはり抑えておきたいし、
個人的には入手してよかったと思える内容であった。

Encyclopaedia Metallum - Beherit
タグ: Beherit  LP  Finland  2012 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Split : Azazel / Goatmoon (2011) 

[Goat Worship 特集]

フィンランドのプリミティブブラックメタルバンド、AzazelGoatmoonのスプリットを紹介。
フィンランドのWerewolf Recordsよりリリースされた。

azazel_goatmoon.jpg

Goatmoon目当てで買った人が結構な確率で貶めているアルバム。
まあ聞いてみればなんとなくわからないでもない。

Azazelは92年から活動しているバンドなのだが、
パーマネントメンバーは一人のみで他はCharnel Windsのメンバーが参加している。
非常にアングラな音を出しているが故に色気もないというか、
言ってしまえばあまり面白くないような気がする…。

Goatmoonは1stアルバムの再録がほとんど。
だが作風が変わったというかメロディアスなアプローチが増していて、
ますますSatanic Warmasterチックになった。
ファンなら満足できるだろうが、再録に過ぎないとも言える。

ということでGoatmoonファンなら買って損なし。
だが、手に入りやすいからと言ってフィニッシュブラックの足掛かりにする内容でもない。

Encyclopaedia Metallum - Azazel
Encyclopaedia Metallum - Goatmoon
タグ: Azazel  Goatmoon  Satanic_Warmaster  Finland  2011 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Death Before Dishonour : Goatmoon (2004) 

[Goat Worship 特集]

フィンランドのNSBM/プリミティブブラックメタルバンド、Goatmoonの1stアルバムを紹介。
フィンランドのWerewolf Recordsよりリリースされ、2010年にも別ジャケで再発された。

goatmoon1.jpg

2002年に活動を始めてからアングラでデモを数枚リリースしていた後、
Satanic Tyrant Werwolf氏のWerewolf Recordsから鳴り物入りでリリースされた。
当時は自分も全くこのバンドの存在を知らなかったが、
どうやら日本国内でもあまり話題には上がっていなかったようで、
後にネットを通じたプリブラ/NSBMブーム(?)によって一気に過熱したと思われる。

内容としては初期Satanic Warmasterを思わせるメロウブラックに、
NSBMを思わせる民族調メロディと灰汁の強さの融合が図られている。
特にシンバルの鳴らし方が尋常ではなく忙しない。

というわけでその手のメロウブラックが好きならおすすめなアルバムだが、
この音源、再発も少数リリースだったため入手困難になっている。
Discogsを見ても結構高値で推移しているようだが、
個人的には高値で無理をして買うほどの内容では無いと思っている。

Encyclopaedia Metallum - Goatmoon
タグ: Goatmoon  Satanic_Warmaster  Finland  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Heavenly Vulva (Christ's Last Rites) : Archgoat (2011) 

フィンランドのブラックメタルレジェンド、ArchgoatのEP盤を紹介。
フランスのDebemur Morti Productionsよりリリースされた。

archgoatep.jpg

まだ3rdアルバムがAmazonさんから届かない…。

閑話休題、これは2ndアルバム後に出したミニアルバムで、
作品的にもほぼ同様の路線の音を出している。

強いて言えば2ndと比べると若干音の重さを和らげていて、
楽曲の外形にコントラストつけているので初心者にも聞きやすい内容だといえる。
Satanic WarmasterのWerwolf氏が一部参加しているからかもしれない。

デスメタル的な楽曲ディテールにより近づいた印象もあり、
今までで一番整合性ある音かもしれない。
とはいえ凶悪、邪悪、神秘的であることに何の揺らぎもない。

Encyclopaedia Metallum - Archgoat
タグ: Archgoat    Finland  2011 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Light-Devouring Darkness : Archgoat (2009) 

フィンランドのブラックメタルレジェンド、Archgoatの2ndアルバムを紹介。
Blasphemous Underground ProductionsMoribund Recordsによる共同リリース。
現在の所属レーベルであるDebemur Morti ProductionsからもLP再発された。


Light-Devouring DarknessLight-Devouring Darkness
(2009/04/21)
Archgoat

商品詳細を見る


3rdアルバムのリリースまであと1週間と少しになりましたが準備はお済ですか!?

というわけで説明不要のレジェンドの2ndアルバムで、
1stに比べるとリーチャルで重い作風になっているが、
すべてArchgoatの範疇、1989年以来なにも変わっていない。

アルバムのコンセプトは「ロウで黒き光による滅亡の予言」で、
グラインドの強いミニマリズムさが"白き光"を浸食していくような印象を持たせる。
そして全く編集なしのサウンドプロダクションで神秘性を醸し出していて、
本当にすごいバンドは小細工なしに空気が作り出せるのだと圧倒される。

これぞトゥルーなブラックメタルであろう。

Encyclopaedia Metallum - Archgoat
タグ: Archgoat  個人的傑作  Finland  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Apocalypse In Your Heart : Totalselfhatred (2011) 

フィンランドのデプレッシブブラックメタルバンド、Totalselfhatredの2ndアルバムを紹介。
フランスのOsmose Productionsよりリリースされた。


Apocalypse in Your HeartApocalypse in Your Heart
(2011/03/04)
Totalselfhatred

商品詳細を見る


以前、1stを絶賛したTotalselfhatredの2ndというわけだが、
2011年に購入してからかなり長い間記事にかけないでいた。
はっきりいって当初、「がっかりした」のが正直なところだからだ。

事前に膨らんだ期待の大きさは1stの良さに比例したものであり、
決してこの2ndがダメダメであるわけではなかったのだが、
1stの音質面含めたトータルバランスのすばらしさに対して、
どうもこの2ndはまとまりに欠けるきらいがあったのだ。

正直、楽曲センスを顧みると勿体ないとしか言えない作品なのだが、
「We`re excited to announce that our second album "Apocalypse in your heart" will be repressed & completely re-mixed.」
と公式Facebookアカウントに記載が!
これはもしかしたら2ndの楽曲が生まれ変わるチャンスかもしれない。

Encyclopaedia Metallum - Totalselfhatred
タグ: Totalselfhatred    Finland  2011 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Carelian Satanist Madness : Satanic Warmaster (2005) 

フィンランドのブラックメタルバンド、Satanic Warmasterの3rdアルバムを紹介。
ドイツのNo Colours Recordsよりリリースされ、その後も複数回リイシューされている。

satanicwarmaster3.jpg

このブログでもたびたび申し上げている通りフィンランドのトゥルーなブラックとは、
BeheritArchgoatのようなレジェンドバンドの繰り出す音であり、
Hornaを端に発する第二世代フィンランドブラックのそれとは異なると思っているゆえ、
私はこのバンドをどうしても穿った見方で見てしまう。

それでもここまでのビッグネームの来日に対して見向きもしないわけにもいかず、
改めてこのバンドについて見直す時期が来たと思ったのだ。
(この項を書いているとき、既に公演1日目が終わっている)

さてこの3rdアルバムは世間的にも名盤と捉えられているであろう一枚だが、
聴いてみるとやはりDarkthroneの4thアルバムあたりの影響を感じるし、
またその他ノルウェイジャンブラックのメロディックな面を踏襲していると思う。
但しそれらが全て違和感なく取り込まれていることに大きな才能を感じるし、
彼がミュージシャンとしての才覚を持っていることの証左であろう。

歌詞やジャケット、ブックレットなど彼の作品にはナチをモチーフにしている事も多い一方で、
インタビューでは再三、NSBMではないと主張しているが、
恐らく個人的な見解としては彼は何らかの演出にナチを使っているだけだと思われる。
つまり彼にとってはテーマは自分のやりたい音楽の副産物にすぎないのではないか。

こんな風に書くと「トゥルーではないエセブラックメタルだ!」と言いたいのかということになるが、
そういうつもりでもなくてブラックメタル"ミュージシャン"としての一つのスタンスであろう。
そういう意味ではライブパフォーマンスなどは逆にとても楽しみであり、
さてはて私は明後日11/2の大阪公演に行く予定である。

Encyclopaedia Metallum - Satanic Warmaster
タグ: Satanic_Warmaster  Finland  Horna  Archgoat  Beherit  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top