Idu Na Wy! : Dub Buk (2002) 

ウクライナのペイガンブラックメタルバンド、Dub Bukの1stアルバムを紹介。

Dub_buk1.jpg

ウークライーニ↑ \スラーヴァー/
の掛け声で有名な#2などスラヴ民族の誇りと哀愁を高らかに歌った楽曲がずらり。
非常にエピックな展開ながら、どことなく哀愁も感じる素晴らしいペイガニズム。

非常にアグレッシブな演奏で、ドラミングも激しく、
それでいて最高にメロっているキーボードが華を添え、
ヴァイキングメタルとは少々異なるアプローチでエピックを表現。
ヴォーカルのスタイルも見事、楽曲とマッチしている。

ペイガンブラックの名盤であり、シンフォニックなブラックとしても名盤。
一家に一枚とはこのこと!
オリジナルをリリースしたEastsideは昨年もlmd.500でリイシュー盤をリリース。
まだ方々で売っているので持っていない人は早めに買いましょう。
Eastsideでも今のところ€9で売ってます。

Encyclopaedia Metallum - Dub Buk
タグ: Dub_Buk  Ukraine  個人的名盤  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

1 Litre Of Blood : Ungern (2006) 

ウクライナのNSBM/アンチコマーシャリズムブラックメタルバンド、Ungernの1stアルバムを紹介。

ungern.jpg

Stuza Productionからlm.500でリリースされたテープ音源で、
今回紹介するのは2007年にBattlelord Productionsからlm.1000で再発されたCD音源。

メンバーはDub BukI.Z.V.E.R.G.
こちらではDer Trommler名義だが、Dub Buk関連ということで大きな期待で購入したものの、
想定していた内容とは大きく異なり派手にずっこけた作品。

曲進行は調理次第でそこそこカッコよくもなりそうだが、
何とも地味なサウンドプロダクションでヘイトフルなサウンドだ。
これがアンチコマーシャリズムなんだろうけど何とも勿体ない。
まあ本人たちからしたら思想を表現する場であり称賛される音楽を作るつもりもないのかな。

Encyclopaedia Metallum - Ungern
タグ: Ungern  Dub_Buk  Ukraine  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top